« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月の記事

2005/04/30

ニホンサクラソウ

ニホンサクラソウ(日本桜草)の栽培種です。毎年咲きますが、ちょっと気難しいお嬢さんのようです。地植ですが、年によって株が増えたり減ったりします。地面一面に広がって咲いた翌年は、株が少なくなるようです。昨年は、一面に咲きましたが、今年は株数が減りました。

hana-50429a-aa-n-sakura-0000-2
2005年4月29日撮影
...................................................................................................................................
hana-50427-aa-n-sakura-0020-2hana-50430a-aa-n-sakura-0001-2
...........................................................................................................................................................
綺麗に輪をつくりながら咲きます(左:2005.4.27撮影 、 右:2005.4.30撮影)
-------------------------
メモ ニホンサクラソウ:サクラソウ科多年草。日本に古くから自生し、江戸時代には愛好家により品種改良が進んだ。関東では荒川沿岸の田島ケ原、浮間ケ原などに自生しているが、最近では環境悪化により絶滅が懸念されている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/29

オオアマナ

白い星型をした清楚な花です。ヨーロッパでは、キリストの生誕を知らせた「ベツレヘムの星」と呼ばれることもあります。
hana-50429a-abc-oamana-0010
hana-50429a-abc-oamana-0020
.........................................................................................
メモ:ユリ科宿根草。開花期:4月上旬~5月上旬。原産地:地中海沿岸地方。明治の末年頃、ヨーロッパより渡来した帰化植物。和名の「オオアマナ」の由来は、日本在来種の「あまな(甘菜)」に似ているが、これより大きいのでオオアマナと名付けられたという。別名:オオニソガラム、ベツレヘムの星。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/04/28

シラユキゲシ

一見、ひ弱そうに見えますが、意外としぶとく、冬の寒さにも耐えて、毎年花を咲かせます。
日陰でもよく育ち、根茎を伸ばして、四方に広がって繁殖します。

hana-50421-a-sirayukigesi-0001

hana-50428-a-sirayukigesi-0002
(上:2005.4.21撮影 下:2005.4.28撮影)
........................................................................................................................................
メモ:ケシ科の耐寒性多年草。 原産地:中国東部。 

| | コメント (2) | トラックバック (3)

ダッチアイリス黄花が咲きました

ダッチアイリスは紫花にづいて、今日、黄花が咲きました。

hana-50428-y-d-iris-0000

hana-50428-y-d-iris-0001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャーマンアイリス紫花が咲きました

ジャーマンアイリス白花に続いて紫花が咲きました。一昨年、夜盗虫にやられましたが、今年は今のところ被害を受けていません。 3日花と言われ、短命ですが、魅力ある花です。

hana-50428-ab-niwa-0004

hana-50428-ab-niwa-0002

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/04/27

ヤエザクラ

土浦市乙戸沼のヤエザクラが満開でした。今週で見納めかも知れません。
(2005年4月25日 撮影)
hana-50425-2-ottonuma-0001hana-50425-2-ottonuma-0002

hana-50425-2-ottonuma-0003hana-50425-2-ottonuma-0035

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アマドコロ

わが家の庭に住みついて、居心地がよいのか、ほっておいても毎年咲きます。

hana-50426-1-niwa-0000
メモ:名前の由来は、トコロ(野老)に似ているが、トコロが苦いのに対して、こちらは”甘い”ので、「アマドコロ」となったという。日本の山野に自生しており、山野草の仲間とみられています。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ジャーマンアイリス

白いジャーマンアイリスの方が先に咲きました。

hana-50427-1-j-iris-0002

メモ:アヤメ科落葉多年草、根茎性アイリス。別名:ドイツアヤメ。花は白、紫のほか赤、黄、ピンクなど色彩豊か。日当たりと排水が良い土地を好み、酸性土は嫌う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/26

マツの花咲く頃

わが家にはクロマツの植木があります。杉と同じように花咲く頃となりました。昔はあまり騒がれませんでしたが、杉や松などの花粉が、いわゆる「花粉症」の原因物質と目されるようになってからは、マツの花の咲く今日この頃は気が気ではありません。
 花粉が飛び散らないうちに早く、”みどり” を摘み取ってしまった方が良いのか、もう少し待ったほうが良いのか、まさに、ハムレットのような心境です。なにかよい方法をとられている方がおられましたら、ご教示ください。
hana-50426-1-kuro-matu-0001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムラサキツユクサ

今年も元気に咲きました。見かけによらず逞しい草花です。今はしとやかですが、やがて旺盛に繁茂して花を咲かせます。

hana-50426-1as-mtuyukusa-8-0010ムラサキツユクサは朝が一番綺麗です。よく見ると、同じ株の花でも、それぞれ微妙に花の形や色が違っています。
................................................................................................
hana-50426-1as-mtuyukusa-8-0020メモ:原形質流動を観察する理科の実験材料としておなじみ。ということで、この花には愛着があります。ただし、私は理科の先生ではありません。
..................................................................................................................................................................................................

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クンシラン

気が付くと、クンシランが静に微笑をたたえていました。

hana-50424-kunsiran-0000

hana-50426-kunsiran-0020
--------------------
メモ:部屋の外に出して2週間。用心したつもりですが、ちょっと葉焼けをおこしてしまいました。もう少し、直射日光の当たらないところへと移動しました。あまり日の当たらないところでは育ちが悪くなるし、試行錯誤で最も居心地の良い場所をきめるほかは無いのでしょうか。(撮影:上:2005.4.24 下:2005.4.26 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/25

オダマキ

わが家のオダマキも開花しました。

DSC_0004a

hana-50424-p-odamaki-0020
...............................................................................................................................
メモ : 日本に自生するミヤマオダマキではなく、園芸種のオダマキとして購入したのですが、どう見てもミヤマオダマキ(深山苧環)に似ています。・・・しかし、これもひょっとしてセイヨウオダマキ? この紫色のオダマキは比較的丈夫で、こぼれ種で殖えています。(上:4月25日撮影、下:4月24日撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダッチアイリス

ダッチアイリス(紫花)が咲きました。ジャーマンアイリスは大分つぼみがふくらみましたが、未だです。

hana-50424-iris-0000 hana-50424-iris-0010
-------------------------------------------------------
左:開花したダッチアイリス。 右:もう少しで開花するジャーマンアイリス。

メモ ダッチアイリス:アヤメ科球根植物。 別名:オランダアヤメ。 原産地:地中海沿岸。
20世紀初頭、オランダの園芸家達がヨーロッパ種と北アフリカの自生種を交配して、今日のダッチアイリスと呼ばれる園芸品種を作出したという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/24

ハナニラ

すがすがしい感じのする花です。

hana-50424-hananira-0030
メモ ハナニラ(Tristagma uniforum (Lindl) Traub.)。 ユリ科多年草、南米原産。 和名:花韮 別名:セイヨウアマナ(西洋甘菜)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャガ

小さな虫が、ちょこんと付いていました。根(地下茎)を伸ばして、あちこちにひろがり、増えていきます。

hana-50424-shaga-0020
メモ アヤメ科、多年草。 漢字で「射干」(本当はヒオウギと言うそうです)。別名:胡蝶花。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/23

アジュガ

西洋十二単(セイヨウジュウニヒトエ)あるいは西洋キンランソウとも呼ばれます。


ha-50422-ajyuga-a-0010 この花も、肥料は殆ど必要とせず、手間もかからず、育てやすい子です。
                
メモ アジュガ(Ajuga reptans):欧州・中央アジアが原産地の園芸品種です。

これとよく似た日本固有種のジュウニヒトエ(Ajuga nipponensis Makino)は、準絶滅危惧種だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリムラ・ポリアンサ

ジャーマンアイリスの脇に植えています。最近、ジャーマンアイリスに押され気味ですが、それでも上手に夏を過ごし、そして冬を越して、毎年愛らしい花を咲かせてくれます。世話要らずの坊ーやたちのうちの一人です。

ha-50409-polyansa-0010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シバザクラ

昨年5月、北海道東藻琴村の雄大なるシバザクラを鑑賞して来ましたが、これと比べれば、我が家のシバザクラはまことに可愛らしいものです。しかし、毎年春になると元気に咲いてくれるので、それなりに愛着があります。

hana-50422-2-0300a 左:ツツジの根元に下草として植えたものです。

 下:花の色が気に入ったので、鉢植えにしました。hana-50422-2-0340a_edited 
..............................................................
メモ: 北米原産の常緑多年草。グランドカバー、法面緑化用兼鑑賞用として人気がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/22

ブルーベリー

h-50421-aa-blueberry-0060


hana-50422-1-0280bhana-50422-1-0240a
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
メモ: ラビットアイ系と思うのですが、購入時の説明書をどこかにしまい込んでしまったので、あやふやです。
2種類混植で、左方のブルーベリーは開花しましたが、右方ブルーベリーは未だ開花していません。ラビットアイ系は自家受粉では実がつきにくいということなので、開花の時期がちょとずれているのが心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハナミズキ

わが家のハナミズキは紅色のハナミズキ・チェロキーです。

h-50421-ss-hanamizuki-0010
.........................................................................................................................
花は、上向きに咲くので、写真を撮るときは背伸びしなければなりません。あまり大きくなると花が身近に見られなくなるので、鉢植えにしています。

h-50421-ss-hanamizuki-0020h-50421-ss-hanamizuki-0030

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/21

アケビ

毎年、多くの花数をつけて咲きますが、わが家のアケビは残念ながら1~2個くらいしか結実しません。

h-50421-aa-akebi-0010
.........................................................................................
メモ アケビ:果実が熟すと口をあけるところから”空け実”と呼んだという。雌雄同株。別名:木通、通草。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツツジ

わが家のツツジです。正確な品種名は、わかりません。(撮影 2005.4.21)

h-50421-aa-tutuji-0030

h-50421-aa-tutuji-0080h-50421-aa-tutuji-0050

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チユーリップ (おまけ)

チューリップの原産地、トルコのイスタンブールでもチューリップは満開でした。
(写真撮影日:2005年4月18日 撮影場所:トルコ・イスタンブール)

turkey-5418-a-tulip

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チユーリップ (4)

三色揃ったところです。
h-50421-ss-tulip-0090h-50421-ss-tulip-0010

| | コメント (1) | トラックバック (0)

チユーリップ (3)

黄色はこの柄です。
h-50421-ss-tulip-0060h-50421-ss-tulip-0070

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チユーリップ (2)

赤、白、黄色と並べましたが・・・・今年の赤は、ワイン色になりました。
h-50421-ss-tulip-0040h-50421-ss-tulip-0050

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チユーリップ (1)

旅に出かけ、しばらく留守にしている間に、ガーデニングも、お花でにぎやかになりましたね。
わが家の庭も、チューリップ、ハナミズキ、ツツジ、アケビ、ブルーベリー、シバザクラ、アジュガ、シャガ、ハナニラ、シラユキゲシなどが花を咲かせていました。という訳で、今年はこれらの正確な開花日の記録が取れません(~_ ~)。
h-50421-ss-tulip-0020h-50421-ss-tulip-0030

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/06

カンツバキがまた花を咲かせました

暮れに花を咲かせたカンツバキです(昨年12月12日UP)が、今年は例年になく数多くの蕾をつけて年を越しました。
そして、先週頃から花がまた一斉に咲きだしました。花びらが、暮れに咲いたときは、サザンカのように薄く、しわしわがよっていましたが、春になって咲いた寒椿は、長期にわたる栄養補給が十分取れたのでしょうか、花びらはヤブツバキのようにふっくらとしています。(2005.4.5 撮影)

hana-050405-bb-0040
------------------------------------------------------
hana-050405-cc-0065hana-050405-dd-0020
-----------------------------------------------------
メモ:カンツバキは、サザンカと(ヤブ)ツバキが掛け合わさってできた交配雑種であるといわれており、両者の中間的性質を持っているようです。わが家の”カンツバキ”は、背が高く伸びるので、「立寒椿」あるいは、花の”色・形”から、「獅子頭」と呼ばれている系統に属するかと思われます。
-----------------------------------------------------
今週末から、旅行に出かけますので、しばらくブログをお休みにします。再開は4月20日頃の予定です。それまでしばらくご無沙汰します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/05

アザレア・レッドがようやく咲きました

アザレアの赤花がようやく開花しました。これは、遅咲き種のようです。これで、わが家の3人娘は揃いました。 昔と比べて姿は悪くなってしまいましたが、見てくださいね!

azarea-050405-aa-0010
--------------------------------------------
やっと咲いた赤いアザレア(2005.4.5 開花 )

azarea-050405-aa-0030azarea-050405-aa-0020
---------------------------------------------------------------
左:ミックス・アザレア:2005.3.30開花  右:ピンク・アザレア:2005.3.25開花 
(赤、ピンク、ミックス花、いずれも、2005年4月5日撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツゲの花が咲きました

目立たない地味な花で、ひっそりと咲いています。
tuge-050405-bb-0075

tuge-050405-cc-0035
---------------------------------------------
メモ:ツゲ ツゲ科、常緑低木または小高木。葉は対生、革質で光沢がある。小枝は角ばっている。 開花期:3~4月。果実成熟期:10月。
これに対して、よく似ているイヌツゲはモチノキ科で、葉は互生しており、小枝は角ばっていないので区別できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/04

ヒヤシンス

ここの舞台に上げようか、上げまいか、ちょっと躊躇したのですが、1年に1度の晴れ舞台なので、皆様にお披露目をすることにしました。
と言いますのは、皆様が見られている沢山の花がついたふさふさとした、あのヒヤシンスとは大変違うからです。
この数年まったく花を咲かせなかったのですが、今年突然、花はたった2個ですが、古代ギリシャ時代のもっと昔の祖先の時代に咲いていたかも知れない姿で、花を咲かせてくれました。

hiyasinsu-050402-aab-0055
--------------------------------------------------------
メモ:香りが風によって運ばれることとヒヤシンスの音をかけて、和名は「風信子」、「飛信子」。よく見ると、花から糸のようなものが飛び出していました。見えるでしょうか。
4月6日の誕生花だそうです。花言葉は「初恋のひた向きさ」ほか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/03

ハクモクレン開花

今日の気象情報では、午後は下りざかの天気で、曇り勝ち、ところによっては雨が降るでしょう、と報じていましたが、予想に反して、暖かい日差しの天気となりました。お陰で、わが家のハクモクレンは一気に開花しました。

mokuren-050402-aa1-0155
--------------------------------------
咲いたいた直後のハクモクレンです。雌しべの周りの淡いピンクが純白の花弁を引き立ててくれます。

mokuren-050402-aa1-0225

mokuren-050402-aa1-0335
-------------------------------------------------------------------------
(撮影:2005.4.3 午後)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムスカリ

昨日、今日の暖かさで、わが家のムスカリも急に動き出し、花を咲かせました。
申し合わせたように、同じ頃に、花を咲かせるこの庭の仲間達。不思議ですね~。

musukari-050402-aaa-0095

musukari-050402-aab-0085

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/04/02

オオカンザクラ

3月31日、東京のサクラの開花宣言を気象庁が発表したので、庭を離れて、近所にサクラ見物に出かけました。
何箇所かで、サクラが咲いたいました。写真はそのうちの一つ、「オオカンザクラ」です。
オオカンザクラは淡紅色の清楚で上品な花です。見ていると吸い込まれそうな感じがしますが、これは私だけでしょうか。私の、お気に入りの花の一つです。

050401-ami-aaa-0047

050401-ami-aab-0045


050401-ami-acc-0095050401-ami-aee-0600
-------------------------------------------
画像をクリックすると拡大されます。(撮影:2005.4.1)
メモ: オオカンザクラ:埼玉県川口市安行で作出された品種。「アンギョウカンザクラ」と呼ばれていた品種を、桜の大家大井次三郎博士が著書「日本桜集」で「オオカンザクラ」と命名したのに始まる。「寒緋桜」と「山桜」の交配雑種と考えられているが、「大島桜」と「寒緋桜」の交配種との説もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンシュユ

サンシュユが満開です。派手に咲く、サクラのコーナーの片隅で、気品よく静かに咲いていました。

050401-ami-ddd-0015

050401-ami-ddd-0080
------------------------------
メモ: 小さな黄金色の花を咲かすので、別名「ハルコガネ」とも呼ばれる。秋には赤い実をつけ、紅葉も綺麗。(撮影:2005.4.1 撮影場所:茨城大学農学部)
ミズキ科の落葉小高木。 開花期:3月 原産地;中国・朝鮮

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅色のサクラが満開!

ヨコハマヒザクラ(横浜緋桜)というそうです。説明版(下の写真)では、”紅色の一重咲き”とありましたが、八重咲きの枝も、混じっているようです。
サトザクラのケンロクエンクマガイ(兼六園熊谷)とカンヒザクラ(寒緋桜)の交配種だそうです。

050401-ami-cca-0025
----------------------------
この枝の花は”一重咲き”ですが・・・・。

050401-ami-ccc-0015
----------------------------
この枝の花は”八重咲き”のようです。

050401-ami-ccc-0020050401-ami-cccd-0520
-----------------------------
メモ:サクラの開花があちらこちらで話題にのぼる季節になりました。3月31日、気象庁は東京のサクラの開花を宣言しました。今年は例年より3日遅い開花とのこと。開花の判定基準としたサクラは靖国神社のソメイヨシノだそうです。ヨコハマヒザクラはこれよりちょっと早い開花ですね。(撮影:2005.4.1 撮影場所;茨城大学農学部)
画像をクリックすると拡大されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/01

ヒヨドリとハクモクレン

ハクモクレンのつぼみが膨らみはじめました。この頃になると、毎日のようにヒヨドリがやってきます。

l050401-hiyo-aaa-0015
------------------------------------------
お目当ては、ハクモクレンの”白い柔らかな花びら”です。これが、おいしいご馳走なのです。ですから、毎日やってきて、ほかの鳥に取られないように、こうやって見張っているのです。あー・・・早く咲かないかな・・・と、ヒヨドリ君がつぶやいている声が、聞こえてきませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスローズ近況

わが家のクリスマスローズ。今が花盛りのようです。

l050401-xmasrose-aaa-0045
--------------------------------
最初に咲いた花は、もう種をつけています。天気の良い日は下から覗き込むと、思いがけない青空が目の前に飛び込んできてビックリします。

l050401-xmasrose-aaa-0055

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒマラヤユキノシタが咲きました

ユキノシタの仲間達のうちで、真っ先に咲いた坊や。まだ花の房は小さいです。

l050401-himaraya-aaa-0065
-----------------------------------
メモ: ヒマラヤユキノシタ:ユキノシタ科耐寒性宿根種。ベルゲニア、オオイワウチワとも呼ばれる。根がタコの足のようにくねって伸びてくる。耐寒性で、しかも夏の暑さにもよく耐えて育つので、世話いらずの坊やです。
わが家のは「モルゲンローテ」といわれる種類のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »