« イチリンソウ | トップページ | ハナイカダ »

2005/05/09

カランコエ

カランコエはわが家でガーデニングを始めた頃に育てた最も古い草花の一つですが、その後、新しい草花が次々と仲間に入り、今では脇役となってしまいました。しかし、わが家の花の歴史の最初を飾った思い出の花として、今でも愛着があります。
han1-50509-1-karankoe-0030
...........................................................................
これは、最もポピュラーな「紅弁慶」と呼ばれている種類です。
han2-50503-1-niwa-0190a han3-50509-1-karankoe-0020
.........................................................................................
左:2005.5.3撮影  右:2005.5.9撮影
han4-50503-1-niwa-0240b han5-50509-1-karankoe-0010
......................................................................................
黄花のカランコエです。 紅弁慶よりやや送れて開花しました。左:2005.5.3撮影  右:2005.5.9撮影
-------------------------------------
メモ:ベンケイソウ科非耐寒性多肉植物(多年草)。開花期:3~5月(自然開花)。短日処理で、花を早く咲かせることができますが、写真のカランコエは、処理をしない”自然開花”です。短日処理をしたものは、10~3月(秋~冬)に開花する。注意:非耐寒性なので、冬季は摂氏5度以上で管理すること。


|

« イチリンソウ | トップページ | ハナイカダ »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/4050797

この記事へのトラックバック一覧です: カランコエ:

« イチリンソウ | トップページ | ハナイカダ »