« モンシロチョウ | トップページ | ラズベリーとヒヨドリ »

2005/06/28

ギボウシ

ギボウシが、淡い紫色の花を咲かせました。 近くで見ると、ユリ科の仲間ですから当然のことですが、ユリの花に似ています。 日本語名の「ギボウシ(擬宝珠)」は、つぼみの形が、タマネギをさかさまにしたような仏具「宝珠」に似ていることに由来しているそうです。斑入り葉のギボウシは、江戸時代、シーボルトがヨーロッパに紹介してから、欧米人、特にイギリス人の間で人気を博したそうです。江戸時代からの伝統的な愛好家は、花よりも葉の美しさを愛でるそうです。私は未だそこまでの境地には達していませんが、斑入りの葉も美しいものです。
ha01-050628-gibousi-0010
...............................................................................................................................................................
ギボウシの花:ユリの花に似ており、小型ユリの花という感じ。つぼみの形が「宝珠」に似ているので「擬宝珠」と呼んだ。
ha01-050628-gibousi-0020ha01-050628-gibousi-0030
.....................................................................................................................................................................
左:ギボウシのつぼみ。
右:わが家の葉の「斑」の入り方は、いかがでしょうか。鑑賞に堪えられるでしょうか。
-----------------------------------------------------------------------
メモ ギボウシ:ユリ科宿根草。 原産地:東アジア(中国・日本ほか)。花色は白から紫で1日花である。

|

« モンシロチョウ | トップページ | ラズベリーとヒヨドリ »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/4744846

この記事へのトラックバック一覧です: ギボウシ:

« モンシロチョウ | トップページ | ラズベリーとヒヨドリ »