« ラズベリー | トップページ | キャッツテールの変身? »

2005/06/18

セイヨウトラノオ

梅雨の晴れ間のそよ風に吹かれて、セイヨウトラノオが藤に似た青色の花を咲かせました。伊吹山のルリトラノオ(瑠璃虎の尾)が有名ですが、わが家の花は、形・姿からベロニカ・ロンギフォリアのようです。
ha01-050616-1-niwa0227ha02-050616-1-niwa0245
.....................................................................................................................................................................
メモ ベロニカ・ロンギフォリア(Veronica longifolia):ゴマノハグサ科耐寒性多年草。 開花期:6~9月。 原産地:北ヨーロッパ・ロシア・東アジア。 別名:セイヨウトラノオ。 ロンギフォリアのほかに、流通名「ヒメトラノオ」の名で販売されているペロニカ・スピカタという園芸品種や、サントリーさんが作出したベロニカ「ゆめむらさき」という園芸品種もあります。だんだん改良されて花色も多彩となり、夏越しも上手になったようです。

|

« ラズベリー | トップページ | キャッツテールの変身? »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。三太郎です。
このベロニカも涼しげな色ですね。
野草のような姿も草原の涼しさを連想させてよいですね。

投稿: 三太郎 | 2005/06/18 07:21

コメント有難うございます。
青い花は気分を落ち着かせてくれますね。

投稿: ぴょんぴょん | 2005/06/20 06:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/4600921

この記事へのトラックバック一覧です: セイヨウトラノオ:

« ラズベリー | トップページ | キャッツテールの変身? »