« ストケシア(ラベンダーブルー)も開花しました | トップページ | モンシロチョウ »

2005/06/27

コエビソウ

コエビソウ(小海老草)が咲き始めました。 花の形が面白く、夏の花の少ない時期に、秋まで咲いてくれるのと、冬場をうまく越すことができれば、あとは比較的世話無しなので、わが家の定番客になっています。 花の咲き始めの頃は、花色(実は苞の色)の赤味は薄く淡いが、次第に赤味を増して濃い赤褐色になっていきます。 去年のコエビソウは、こちらで見られます。
hana-050626-koebiso-0010hana-050626-koebiso-0020
....................................................................................................................................
メモ コエビソウ:キツネノマゴ科。 原産地:メキシコ。 開花期:5~11月。 別名:ベロペロネ(Beloperone)。英語名:Shrimp plant。
  コエビソウの名は、黄褐色~赤褐色の花のように見える「苞」が、「小海老」のように見えるのに由来する。 実際の花は、白く見える唇花で、突き出した上唇のところにオシベがあり、黒い目玉のように見える。

|

« ストケシア(ラベンダーブルー)も開花しました | トップページ | モンシロチョウ »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/4732106

この記事へのトラックバック一覧です: コエビソウ:

» ベロペロネ(コエビソウ) [自然と遊ぶ..日記@父ちゃん]
 ベロペロネ 鉢植えのベロペロネの花がたくさん咲いています。常緑の多年草で花の形から 「コエビソウ」 とも言います。赤い部分は苞が変化したもので、その先からでている白い部分が花の本体です。日当たりのよい環境を好み次々に花を咲かせ長い間楽しませてくれます...... [続きを読む]

受信: 2005/06/30 15:06

« ストケシア(ラベンダーブルー)も開花しました | トップページ | モンシロチョウ »