« 蜜吸うハチ、それを捕らえるクモ | トップページ | ミケルマス・デージー »

2005/07/04

シャボンソウ

シャボンソウ(Saponaria officinalis)です。名前の由来は「葉を水につけると石鹸のように泡がでる」というので、これは面白いと思って購入し、葉を水に漬けましたが、ちっとも泡は出ませんでした。

ha01-050703-a1-shyabonso-0055 たんに葉を短時間水に漬けただけでは駄目のようです。そこで、手で揉んで、再び水に漬けました。すると1枚の葉で5~10個くらいの小さな泡が出てきました。が、しかし、石鹸代わりとして使うにはチョット無理かも知れません。昔、戦争中で物資の無い頃、ムクロジ(無患子)の種子の皮(果皮)を水につけてたたき、泡立ちさせて石鹸代わりに使ったことを覚えていますが、そのムクロジより、はるかに泡は出ませんでした。
............................................................................................

ha02-050703-3-saponalia-0060ha03-050703-a1-shyabonso-0030-2ha04-050703-a1-shyabonso-0040-2
...............................................................................................................................
わが家のシャボンソウの咲き方を見ますと、1対の花が、矢車のように花の向きを正反対にして咲き、次に咲く花は前に咲いた花の上に、これとと90度、角度を変えて、また対になって咲いているのが観察されます。右はシャボンソウの葉。これが石鹸代わりになるというのですが・・・・・。
-------------------------------------------------------
メモ シャボンソウ:ナデシコ科多年草。 別名:サポナリア、ソープワート。 1年草のドウカンソウをサポナリアの商品名で市販されていることもあるので注意が必要とのこと。

|

« 蜜吸うハチ、それを捕らえるクモ | トップページ | ミケルマス・デージー »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
シャボンソウはじめて聞きましたが
真っ白な清清しいお花ですね!
サポナリアと言われるい聞いた事あります。

投稿: のらぼん | 2005/07/05 06:22

お早うございます。
ナデシコ科の仲間ですから、清楚な感じがします。
例年はウリハムシが襲ってくるのですが、今年は不思議にまだあまり見かけません。ひょっとすると梅雨開けにどっと押し寄せるのかも知れませんが・・・・・。
これからは、虫の攻撃に油断できませんね。

投稿: ぴょんぴょん | 2005/07/06 08:11

こんにちは~^
シャボンソウ~
我が家でも、たくさん咲いています。
ついさっきまで花の名を知りませんでした。
偶然知って、検索で確かめていたら、
こちらに辿り着きました。
ほんとに泡がでるのですね^
やっと、名前がわかってうれしいです。
ありがとうございます。

投稿: yuki104 | 2005/07/14 19:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蜜吸うハチ、それを捕らえるクモ | トップページ | ミケルマス・デージー »