« シャボンソウ | トップページ | ヤハズカミキリ »

2005/07/05

ミケルマス・デージー

鉢植えのミケルマス・デージー(Michaelmas daisy)が咲きました。発音が難しく、ミカエルマス・デージーと書く人もいます。9月29日の大天使聖ミカエルの日の頃に開花するので、こう呼ばれたそうですが、我が家では6月末で、大分早く開花しました。鉢植えのせいでしょうか。なぞです。
ha00-050625-m-daisy-0020ミケルマス・デージーは、ユウゼンギク(Aster nobi-belgii )とネバリノギク(Aster novae-angliae )の交配によって作出された園芸種だそうです。両親とも、原産地は北アメリカで、大正時代に渡来したそうです。比較的最近日本に来た帰化植物ですが、日本の風土に合ったのでしょうか、野生化したものが、あちらこちらに見られま。(写真は6月25日撮影)
..................................................................................................................................
ha01-050624-m-daisy-0010-2ha01-050625-m-daisy-0090-2ha02-050625-m-daisy-0030
...............................................................................................................................................
左:6月24日撮影 中:ラベル 右:6月25日撮影
-------------------------------------------------------------
メモ ミケルマス・デージーはクジャク・アスターあるいは宿根アスターと呼ばれることもあります。

|

« シャボンソウ | トップページ | ヤハズカミキリ »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/4836679

この記事へのトラックバック一覧です: ミケルマス・デージー:

« シャボンソウ | トップページ | ヤハズカミキリ »