« マルハナバチ | トップページ | ホオズキ »

2005/07/29

アブチロン(チロリアンランプ)が咲きました

7月25日につぼみだったアブチロン(チロリアンランプが)、山小屋に灯火が点ったように咲きました。台風7号の強風にゆすられて、赤いランタンにちょと擦り傷ができてしまいましたが、無事に咲いてくれました。

hana-00-050729-1-abutilon-0010

hana-02-050729-2-abutilon-0050
...............................................................................................................................................
メモ アブチロン:アオイ科半耐寒性木本(つる性)。 開花期:周年。 
わが家のアブチロンは通称「チロリアンランプ」と呼ばれている園芸種です。ホオズキ形をした赤い部分がガク(萼)で、その下に黄色い花びら(花弁)がでてきます。 さらに花びらの真ん中から海老茶色のシベ(蘂)が垂れ下がります。

|

« マルハナバチ | トップページ | ホオズキ »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

ぴょんぴょんさん、はじめまして
クレマチスにコメント(情報)いただきありがとうございました。

詳しいことご存知なんですね。
“なるほど、そうなんだ”とうなづいてしまいました。
育て方などもっと勉強しなきゃいけないと思っています。
次回はもっと元気のいい花をたくさん咲かせたいので。

いろんなお花を拝見しました。
“アブチロン”、可愛いお花ですね!
蕾もまたかわいい!
何回か目にしているのですが、名前は知りませんでした。
ひとつ賢くなれた気がします。
また、お邪魔させてください。

投稿: ケイ | 2005/07/29 17:29

ぴょんぴょんさん、おはようございます~。
アブチロン、可愛いですね~♪
ご近所にもあるものの、あまりじっくりと
花を見たことがありませんでした。
花がたくさんあると、なんだかうれしくなりますね~。
冬季はやはり暖かい場所に移動が
良いのかな?

投稿: ぴよ | 2005/07/30 08:37

ケイさんこんにちは!
アブチロン、台風の強い風にこすられて、傷だらけだったのですが、今は風に揺れて気持ちよさそうにしています。
また、遊びに来てください。

投稿: ぴょんぴょん | 2005/07/30 14:22

ぴよさん、こんにちは!
アブチロン、よく見ると、なかなか面白いですね。
冬は、軒下の暖かいところに置いたのがかろうじて冬を越しました。近くの、ベテランの方に聞きますと、鉢ごと地面に埋めてもよいそうです。しかし、私はちょっと心配なので、今年は家の中に取り込もうと思っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2005/07/30 14:45

はじめまして
野の花ともうします。

>山小屋に灯火が点ったように咲きました。台風7号の強風にゆすられて、赤いランタンにちょと擦り傷ができてしまいましたが、無事に咲いてくれました。

素敵な書き出しですね
うっとりしてしまいました。

チロリアンランプ可愛いですよね・・・。

TBさせていただきました
よろしく お付き合いくださいませ。

投稿: 野の花 | 2005/10/21 16:56

野の花さま、はじめまして。
つたない文章に、過分なるお言葉を頂き、恐縮です。有難うございます。
チロリアンランプは風情のある花ですね。この花を見ると”山小屋の灯火”の歌が自然と口ずさんで出てきます。こちらこそ、よろしくお願いします。

投稿: ぴょんぴょん | 2005/10/21 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/5216546

この記事へのトラックバック一覧です: アブチロン(チロリアンランプ)が咲きました:

» 秋霖(しゅうりん)の朝にて:灯りとチロリアンランプ [野の花:Stepping Out]
朝の目覚めは 早く まだお日様昇らぬうちに。このところのしのつく雨続き・・・秋 [続きを読む]

受信: 2005/10/21 16:52

« マルハナバチ | トップページ | ホオズキ »