« サルスベリ | トップページ | 白花の四人娘 »

2005/07/22

ノコギリソウ

ノコギリソウが咲き始めました。日本に自生していたノコギリソウは白花だそうですから、わが家の赤花のノコギリソウは、外来の園芸種「セイヨウノコギリソウ」と呼んだ方が良いかもしれません。
ランタナがあっという間に開花し、時々刻々と花色を変化させて、花がしぼんだと思ったら、いつの間にか実を結んでしまうのと違って、このノコギリソウは、半日陰にいるせいでしょうか、のんびりと花を咲かせています。
han-01-050720-nokogiriso-2
撮影日:2005年
7月20日

...............................................................................................................

han-02-050722-nokogiriso-2 
撮影日:2005年
7月22日

---------------------------------------------------------
メモ ノコギリソウ(鋸草):キク科多年草。 花色は、白のほか紅、赤、桃(ピンク)、黄などがある。
別名:ハゴロモソウ(羽衣草)、アキレア(学名)。 英語名:ヤロウ(yarrow)。 この,yarrowの語の由来は定かではありませんが、ギリシャ語の「神聖な」を意味する「hieros」に由来するという説があります。ノコギリソウは古くから、止血などの薬用効果があることが知られており、その薬用効果が尊ばれたので、こう呼ばれたのかも知れません。なお、アキレアは、ノコギリソウの学名ですが、ギリシャ神話にでてくるトロイ戦争で名を馳せた英雄アキレス(アキレウス)に由来します。彼は、トロイの戦いで、傷ついた戦士を、このノコギリソウから作った血止薬を用いて治療したという。

|

« サルスベリ | トップページ | 白花の四人娘 »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

ぴょんぴょんさん、こんばんは~。
ピンクのノコギリソウ、可愛いですね!
白花や黄色のものはよく見るのですが
この色は、まだ知らなかったなぁ(^-^)
ノコギリソウは丈夫ですよね、空き地を
見ると、ああ、こんなところに・・・と
思うこともあります。

投稿: ぴよ | 2005/07/22 18:55

ぴょんぴょんさん、こんばんは。
コメントをありがとうございました!
使われている壁紙のデザインが私のと一緒なので、なんだかよそにおじゃました気がしないです~。
ぴょんぴょんさんのお庭には、本当にたくさんのお花がありますね。
ノコギリソウは、背が高いので我が家には無理と諦めていた花です。
こうやってアップで見ると、とっても可愛いですね。
それから、後日うちのブログにこちらをリンクしたいので、どうぞよろしく!

投稿: minigarden | 2005/07/23 01:32

ぴよさんこんにちは!
ノコギリソウは背が高くなるので管理が大変ですが、丈夫ですから、あまり世話をしなくても毎年花を咲かせてくれます。赤花もいいですよ。この花を見ていると、北国の女の子のリンゴの頬っぺたを思い浮かべます。

投稿: ぴょんぴょん | 2005/07/23 12:48

minigardenさん今日は!
コメント有難うございます。わが家も狭い庭なので、露地植えと、鉢植えをやりくりして場所の確保におおわらわです。この、ノコギリソウは、夏椿の根元に植えてありますので、半日陰ですが、それでも元気に咲いてくれます。

投稿: ぴょんぴょん | 2005/07/23 12:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/5091810

この記事へのトラックバック一覧です: ノコギリソウ:

« サルスベリ | トップページ | 白花の四人娘 »