« ヤマボウシの赤い実 | トップページ | ベッコウハゴロモがお出まし »

2005/09/29

トレニア

少し、涼しくなったのでしょう、庭のあちこちで、こぼれダネから芽を出したトレニアが花を咲かせはじめました。トレニアは、日当たりの良いところは勿論ですが、半日陰のところでも元気良く生育して、6月から11月まで、長期にわたって花を咲かせます。そして、1年草ですが、良く種子をつけ、そのこぼれ種が翌年芽生えて次々と花を咲かせるので、ガーディナーにも人気のる草花ではないでしょうか。
hana-1-050928-010-toreniahana-2-050929-0470-3-torenia

...............................................................................................................................
こぼれ種で咲いたトレニア 左:ディプ・ブルー  右:バーガンデー

hana-3-050929-0210-3-toreniahana-3-050929-0680-3-toreniahana-8-050928-030-torenia
...................................................................................................................................
スタンドの陰とか、他の草木の隙間など、思わぬ場所に芽を出して花を咲かせます。こうなりますと、雑草の仲間と一緒に無碍に、片付けるわけにはいかなくなり、それぞれ、お席を確保してあげます。

|

« ヤマボウシの赤い実 | トップページ | ベッコウハゴロモがお出まし »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

ぴょんぴょんさん、こんばんは。
こぼれ種で、立派な、綺麗な色の花が咲くのですね。
先日やった押し花でも、トレニアの花も使いました。色が綺麗に出て、よかったです。

投稿: ミントのみん | 2005/09/29 22:26

トレニアもきれいですね。
しかもこぼれ種で容易に増えるんですね。
なかなか行き届いた手入れのできない当社にはうってつけの草花かも…。

投稿: どてかぼちゃ | 2005/09/30 06:56

ぴょんぴょんさん、おはようございます。
トレニア、夏が過ぎて花の色も
良くなってきたように思います。
ほんと、あちこちにこぼれダネで思わぬ
ところで咲いていますよね。
ふと見つけて、うれしくなります。

投稿: ぴよ | 2005/09/30 07:35

ミントのみんさん、今日は!
トレニアも涼しくなると、花の色合いも良くなってきますね。
押し花をつくられているようですね、「押し花はがき」作り、私も一度、挑戦しようと思っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2005/09/30 14:57

どてかぼちゃさん、今日は!
トレニアは、毎年種を沢山つけるので、そのこぼれダネで生えてきて、花をつけてくれるので、世話なしです。
ただ、小さいときは雑草と間違えやすいので、雑草と一緒に片付けないように、注意することが肝要ですよ~。

投稿: ぴょんぴょん | 2005/09/30 15:03

ぴよさん、今日は!
夏の花の少ないときに花を咲かせ、秋になっても色あせないで可憐な花を咲かせますね。

投稿: ぴょんぴょん | 2005/09/30 15:11

ぴょんぴょんさんのおうちも、トレニア軍団で花盛りですか~♪
うちも1種類(ブルー)しか植えたこと無かったのに、白っぽいのやエンジ色など、あちらこちら花盛りになっています。
ほとんど日当りの良いところを陣取って・・・芝の中からも元気に咲いてます(^^ゞ
トレニアとわかると、名も無い草を取るようにはいきませんネ(^O^)

投稿: orenge | 2005/09/30 22:52

orenge さん、今晩は
5年ぶりに、開いてみましたらorengeさんからコメントを頂いているのに気がつきました。ご返事もせず失礼しました。
トレニアの花、まだ、こぼれ種で咲いています。
< トレニアとわかると、名も無い草を取るようにはいきませんネ(^O^)
まさに、その通りです。

投稿: ぴょんぴょん | 2010/09/28 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/6171621

この記事へのトラックバック一覧です: トレニア:

« ヤマボウシの赤い実 | トップページ | ベッコウハゴロモがお出まし »