« 花から花へ・・・庭の訪問者たち(2) | トップページ | 花から花へ・・・庭の訪問者たち(3) »

2005/10/27

クレマチスの種子

この、白く曲がりくねって見えるものは、「仙人の髭」?、それとも「魔法の箒木」?
いいえ、「クレマチスの種子です」。 「仙人のひげのようにモジャモジャですが、木枯らしが吹く季節になると、私たちは、離ればなれになって遠い国へと旅立つのですよ」。
「いまは、その旅立ちの準備をしているところです」
「木枯らしが吹くと、種についている綿毛(冠毛)の髭が、小さな小さな”魔法のほうき”となって、ひらり、ひらりと風に乗り、胸のときめくような未知の土地へと運んでくれるのですよ」
ha05-10-051024-0265-clema
クレマチス・ルージュカーディナルの種子

........................................................................................................
ha05-10-051024-0305-clema
クレマチス・ドクターラッペルの二番花の種子
「これから、髭は立派に生えます。でも、旅立に間に合うのかな~」
...........................................................................................................

|

« 花から花へ・・・庭の訪問者たち(2) | トップページ | 花から花へ・・・庭の訪問者たち(3) »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

ぴょんぴょんさん、こんにちは。
クレマチスのタネ、不思議な形ですね~。
羽毛のような、ちょっとやわらかい羽とともに
どこに行くのかな・・・。
落ち着いた先で、またきれいな花を
咲かせるといいですね~♪

投稿: ぴよ | 2005/10/27 12:43

クレマチスに種が出来るなんて
知りませんでした。
変わった形ですね。

投稿: mico | 2005/10/27 21:50

ぴよさん、お早うございます。
クレマチスのタネは、今年は旅立たないうちに、わが家にとどめて、わが家で種を播こうと思っているのですが。
はたして、うまく芽を出してくれるのか、ちょっと心配です。

投稿: ぴょんぴょん | 2005/10/28 06:57

micoさん、お早うございます。
クレマチスは、その出自は東洋です。
やはり、その風貌は東洋的で、
仙人の髭が似合いますね。

投稿: ぴょんぴょん | 2005/10/28 07:01

こんばんは、
クレマチスのタネもこのように接写すると、
とても幻想的ですね。

投稿: どてかぼちゃ | 2005/10/28 19:29

ぴょんぴょんさん、こんにちは。

この前 コメント書いたのが消えてますよ~泣
クレチマスの種 飛ばしてみましたよ~♪

投稿: きら | 2005/10/29 15:31

どてかぼちゃさん、今晩は。
そうですね。まんじ巴の、どこからこの形を思い浮かべたのだろうかと思うほど、幻想的な姿形になっています。

投稿: ぴょんぴょん | 2005/10/29 20:32

きらさん、今晩は。
コメントありがとうございます。
ごめんなさい。折角のコメント、魔法の箒が掃いてしまったのでしょうか。
クレマチスの種、うまく飛んで、旅立ったのですね。
これに懲りずに、また遊びに来てください。

投稿: ぴょんぴょん | 2005/10/29 20:43

はじめまして!
クレマチスの大好きなakoyaと申します。
クレマチスの種の検索からたどり着きました。

クレマチスの果球、ウチでも楽しんでいるところです。
・・・そろそろ採取してあげないと風に吹かれてなくなってしまいそうだと思いつつ、寒さにめげ放置しているというのが本当のところかもしれませんけど^^

花も色とりどりで美しいのですが果球の様子もそれぞれでとても見ごたえがありますね。

では・・・また遊びに来させてくださいませ。

投稿: akoya | 2005/11/27 07:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/6660384

この記事へのトラックバック一覧です: クレマチスの種子:

» クレチマス 光 [AQUA-WIN]
ひかりがさしこむ 咲いたあとはフワフワに [続きを読む]

受信: 2005/10/29 23:01

« 花から花へ・・・庭の訪問者たち(2) | トップページ | 花から花へ・・・庭の訪問者たち(3) »