« キンシバイの実 | トップページ | クリスマスローズの花芽  »

2006/01/06

オモト

昨年6月に花が咲いたオモト(万年青)の実が、赤く色づきました。江戸時代には大変人気のあった観葉植物だったようで、現在も熱心に栽培されている人も多いようです。しかし、我が家ではあまり人気が無く、庭の隅に押しやられてひっそりとしております。

ha060106-0020-omoto
...............................................................................................................................................................

ha060106-0120-omotoha060106-0210-omoto
....................................................................................................................................................................
メモ オモト(万年青):ユリ科オモト属常緑多年草・観葉植物 原産地:中国・日本。
オモトの名は、「大きな株」に由来し、万年青は葉がいつも青々とした緑色をしているところから名付けられたという。赤い実や根茎は、食べると中毒をおこす有毒植物。しかし、「毒転じて薬となす」との譬えのとうり、強心・利尿に効用がある漢方薬となるそうです。

|

« キンシバイの実 | トップページ | クリスマスローズの花芽  »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

ぴょんぴょんさん、こんにちは。
あいかわらず寒い日が続きますね。
そんな中で元気な植物たちを見せていただくと、こちらも元気が出るようです。

オモトはうちにも一株ありますが、実つきが悪いんですよ。
栄養が足りていないのかな?
オモトやリュウノヒゲの実って、地味ながらとってもかわいいですよね。

投稿: misao | 2006/01/06 18:14

ぴょんぴょんさん、
綺麗に実がついていますね~。
我が家にもオモトがあることはあるのですが、一度も花が咲かず実もならないのです。あっても意味がありません・・(^^;)
寒いですが、赤い実を見ると力をもらえますね。

投稿: ミントのみん | 2006/01/06 21:54

misaoさん、お早うございます。
冬の花が何もなくなった時期に、赤い実がよく目立つので、江戸時代の愛好家に珍重されたのかも知れませんね。環境のよいところと思って日向に植えると日焼けしてかえって生育が思わしくありません。我が家では、何株か垣根の木の根元で、放任主義で育てています。そのため葉っぱが虫に食われて台無しです(笑)。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/01/07 09:41

ミントのみんさん、おはようございます。
ヤブランと同じように、オモトも実付きがあまりよくない植物のようですね。受粉率が良くないせいでしょうか。
ナメクジが受粉に関係しているという説もあります。しかしナメクジは葉っぱを齧って美観を損ねます。いたし痒しですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/01/07 09:52

こんばんは~
オモトの花も見せていただきました。
あれが花なんですか?
我家も赤い実がなってやっと気がつく、そんな存在です。
引っ越す時、「まず始めにオモトから!」と、母が鉢植えで持ってきました。何故だか知りませんが・・・

投稿: orenge | 2006/01/07 23:29

おはようございます。
オモトは葉の変化もいろいろと楽しめますね。
母がオモトが好きで、
以前は何鉢かありましたが、
よく増えるので、
今は数株が庭植えされています。

投稿: どてかぼちゃ | 2006/01/08 06:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/8030911

この記事へのトラックバック一覧です: オモト:

« キンシバイの実 | トップページ | クリスマスローズの花芽  »