« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月の記事

2006/03/31

シンビジューム

天気は、晴れていますが、今日も強風が吹きまくっています。わが家のジンビジュームが2~3日前からやっと開きはじめました。今年は、シンビの開花が大幅に遅れて開花し、明日はもう4月です。この花は切花用として、茎から切り取って来年のための準備をしたら良いでしょうか。ようやく咲いたばかりなので悩ましいところです。(2006年3月31日 撮影)

Ha060331010010simbi
.................................................................................................................

Ha060331010020simbiHa060331010030simbi
....................................................................................................................
メモ シンビジューム:ラン科シュンラン属。 多くのシンビジュームは、花粉媒介が済むと(蕊柱から花粉が取れただけでも)、唇弁の色が変化するそうです。わが家のシンビジュームの場合は、唇弁が濃い赤紫色に変わるのでしょうか?興味深々です。手で蕊柱を折り取ったらどうなるでしょうか、その場合でも唇弁に色変化が起こるのでしょうか。今しばらく、花を咲かせてみようかな~。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006/03/30

シバザクラ

一昨日の暖かいお天気で、シバザクラ(芝桜)の一番花が咲きました。しかし、昨日の強風で、今日見たら花びらが裂けていました。残念・無念です。しかし、まだ蕾が沢山あるので、後続が咲くのを待ちましょう。


Ha060330020010sibazakura
...............................................................................................................................
シバザクラ一番花(2006年3月28日 撮影)

Ha0603300090niwa1
............................................................................................................................
昨日の強風で、花びらが破れてしまった一番花(2006年3月30日 撮影)
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
メモ シバザクラ:ハナシノブ科フロックス属 常緑多年草。 原産地:北アメリカ東部。
土質を選ばず乾燥にも強いので、グランドカバーに好適。わが家では、駐車場周りに植えています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/29

ジンチョウゲ

ジンチョウゲ(沈丁花)の花が咲きました。わが家のジンチョウゲは白花で、鉢植えで育てています。今日は風が強かったので、家の中にとり込みました。お陰で、家中にジンチョウゲの香りが漂い、何か得したような気分になりました。
Ha060329010010jinchoge_
................................................................................................................................
Ha060329010020jinchoge_
..............................................................................................................................
早速、クモが活動を開始していました。花あるところに、虫が集まり、そしてその虫をクモは待ち構えているのでしょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/03/28

大杯スイセン

ラッパズイセンに続いて、今日は大杯ズイセン(アーリーブライド)が開花しました。

Ha0603280010taihaisuisen_Ha0603280020taihaisuisen_
.................................................................................................................................................

Ha0603280030taihaisuisen_Ha0603280040taihaisuisen_
................................................................................................................................................
この黄花のスイセンも「タイハイスイセン」の仲間に入るかな。

メモ:英国王立園芸協会のスイセンの区分方に従えば、1茎に1花咲き、副花冠の長さが花弁の1/3以上で、花弁よりも短いものは、「大杯スイセン」と呼ばれます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/27

スイセン

わが家のラッパズイセンが開花しました。1茎に1花咲き、副花冠の長さが花弁と等しいか、それ以上長いものを「ラッパズイセン」とする定義(英国王立園芸協会)に従えば、微妙なところですが、ラッパズイセンの部類に入るかなと思われます。


ha060325s0020lsuisen_
.....................................................................................................................................................

ha060325s0010lsuisen_ha060325s0030lsuisen_
.................................................................................................................................................

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/03/26

ヒサカキ

ヒサカキ(姫榊)の花が満開になりました。ヒサカキは関東では、花屋さんで、神棚に供える”榊”として売られています。ヒサカキはサカキと異なって、葉縁にギザギザ(据歯)があるので区別できます。
ha0603250100hisakaki_
.............................................................................................................................................

ha0603250010hisakaki_ha0603250020hisakaki_
..........................................................................................................................
2個の蕾の片方が先に咲いて、やがて残りの花も開き、2個並んで咲きます。

ha0603250040hisakaki_ha0603250050hisakaki_
...............................................................................................................................................
左;ピンクのお化粧をして、こちら側と向こう側に咲いています。  右:太い枝にも花がついています。
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
メモ: ヒサカキ:ツバキ科ヒサカキ属。 開花期:3月~4月
サカキと似ているが、全体の姿がサカキより小さいので「姫榊」と呼ぶという説と、サカキに非ずということから「非榊」となったという説かあります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/03/25

スノーフレーク

スノーフレークが今年も律儀に咲いてくれました。スノードロップに似ていますが、スノードロップは花茎の先端に1個しか花を咲かせない(単頂花序)が、スノーフレークは一つの花茎に2~8個の花を咲かせる(散形花序)ところに相違があります。(2006年3月23日 撮影)
ha060323-0000-snowflake-s
...............................................................................................................................................
上を向いて咲いたのは最初の一番花だけでした。あとは皆うつむいて咲きました。

ha060323-0010-snowflake-sha060323-0020-snowflake-s
...............................................................................................................................................
メモ: スノーフレーク:ヒガンバナ科スノーフレーク属。 耐寒性多年生植物。 別名:鈴蘭水仙、大松雪草。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/24

オキナグサ(迎春花)

「牛久自然の森」で、まだ満開には至っていませんが、オキナグサ(翁草)が咲いているのに出会いました。自然に自生しているのではなく、「自然の森」で栽培管理している栽培品です。
中国東北地方で「迎春花(インチュンホア)」と呼ばれていた花が、この「オキナグサ」であるということをブログの検索で最近知りました。昔聞いた懐かしい歌、「迎春花(インチュンホア)が咲いたなら、お嫁に行きます隣村・・・」 思わず唄がとびだしてきました。(2006年3月19日 撮影)

ha060319-0035-usiku-1
..................................................................................................................................................
オキナグサ(翁草):もうすぐ花を開きます。 手前左の小さな花は「タネツケバナ」。

ha060319-0050-usiku-0ha060319-0080-usiku-0
......................................................................................................................................................
メモ:オキナグサ:キンポウゲ科オキナグサ属。 和名:翁草。 中国名:迎春花。 英語名:Noddind anemone.
日本語の名前の由来は、花の終わったあと、実に長い毛が伸びて、これが翁の白髪のように見えることによる。 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/03/23

ユキヤナギ開花

昨日の陽気で、わが家のユキヤナギが一斉に開花しました。このほかにヒサカキ、ツゲ、ハクモクレンなども開花し、嬉しい悲鳴です。しかし、昨夜は雨が降り、今朝はどの花もびしょぬれで、少々かわいそうですが、こうして春が訪れるのでしょうね。

ha060322-30-0010-niwaha060322-30-0020-niwa
...................................................................................................................................................
左;全体の姿はこの程度です。5分咲きぐらいでしょうか。 右:この程度の姿で見たのが一番ユキヤナギらしくていいかも。

ha060322-30-0030-niwaha060322-30-0040-niwa
..............................................................................................................................................
左;蕾がバラの蕾とよく似ていませんか。これを見るとバラ科の仲間だと納得できますね。 右;これくらい拡大して見るとユキヤナギの風情はなくなってしまいますが、また面白い観察もできますね。花芯の黄色いドーナッツ状のものは「蜜腺」だそうです。また、「メシベ」が5本あることがわかります。「オシベ」は、数え切れませんが20~30本くらいあるそうです。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2006/03/22

キブシ(木五倍子)

淡黄色い小さな鈴のような花を沢山ぶらさげたキブシ(木五倍子)の花は、野原に咲く花と比べると地味ですが、まだ若葉も出ていない早春の雑木林の中では、マンサクと並んでよく目立ちます。

ha060319-0190-usiku-1
................................................................................................................................................

ha060319-0197-usiku-1
..................................................................................................................................................
むかし既婚の女性が”結婚をしましたよ”ということを示すために歯を黒く塗る風習がありました。これを「お歯黒」と呼んでいました。今では、お歯黒をした女の人は見たことがありませんが、私が子供の頃(第2次世界大戦前)にはお歯黒をした女性を見たことがあります。キブシ(木五倍子)の名は、歯を「お歯黒」に染めるのに、この木の果実を乾燥して粉にして、ヌルでの五倍子(ふし)の代用として用いたため”木の五倍子”すなわち”キブシ”と呼ばれるようになったと言われています。五倍子(ふし)とは、虫が葉につくった瘤でタンニンを多く含んでいます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/03/21

ヒュウガミズキとトサミズキ

久しぶりに「牛久自然の森」に行き、森林浴をしてきました。森には、いくつかの早春の花が咲いていました。

ha0603190005hyugamizuki_
...........................................................................................................................................................
ヒュウガミズキ(日向水木):ヒュウガミズキとトサミズキはよく似ているが、ヒュウガミズキの方が可愛らしい。

ha060319-2-0010-tosa-mizuki
.........................................................................................................................................................
トサミズキ(土佐水木):いくつかの花が房となって、垂れ下がっています。

ha060319-2-0035-tosa-mizukiha060319-2-0043-tosa-mizuki
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
トサミズキ:いろいろおもしろい格好をした花が咲いていました。

ha060319-2-0020-tosa-mizuki
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
ちょっと御免なさい。横を向けて、花の中を覗かせていただきました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/03/20

ハクモクレンの蕾

ハクモクレンもちらほらと咲き出したようでスが、わが家のハクモクレンはこの程度です。

ha060318-0036-niwa-4
................................................................................................................................................
ha060318-0075-niwa-4ha060318-0115-niwa-4
.....................................................................................................................................
少しづつ、冬の衣を脱ぎ捨てて生きます。

ha060318-0235-niwa-4ha060318-0325-niwa-4
......................................................................................................................
(2006年3月18日 撮影)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/19

シダレウメようやく開花する

もう、あちらこちらで梅の花が満開になったという声を聞きますが、我が家のシダレウメは、いたってのんびり屋で、先日来の雨と、昨日の暖かさで、ようやく開花しました。以下、今年のシダレウメの開花記録です。

ha060303-0765-niwaha060304-0110-kijibato
....................................................................................................................................
桃の節句の頃は、このような蕾でした。(2006年3月3日 撮影)
その後、開花は遅々として進まず、3月15日、一番花が咲いたが、写真の撮影位置が悪くて、写真が撮れない。小林一茶の句 「梅一輪 一輪ほどの暖かさ」 が思い出される。
........................................................................................................................

ha060318-0365-niwaha060318-0460-niwa-3
...........................................................................................................................
3月18日午前:枝のあちこちで、蕾が開き始めました。(左:2006.3.18 10:46写 右:2006.3.18 15:03写)

ha060318-0265-niwa-3ha060318-0375-niwa-2
......................................................................................................................................
左:3月18日午前中に咲いた花(葯の袋の破れが、まだ少なく、花も綺麗。 2006.3.18 15:06写) 右:3月15日に咲いたウメの花(葯の1/3程度が破れて花粉が散らばっている。 2006.3.18 11:39写)

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006/03/18

クレマチスの新芽

昨日は前線が通過して、強い風が吹きまくり、常磐線は午前中4時間運行を停止しましたが、今日はまた穏やかな天気に戻りました。クレマチスも順調に若芽を出し始めました。今朝は晴れた青空の下、気持ちそさそうでした。

ha060318-0100-niwa
..............................................................................................................................................................
ha060317-0020-clematisha060318-0015-niwa
..............................................................................................................................................................

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/16

アメリカハナミズキの花芽

わが家のアメリカハナミズキの花芽が、この2,3日の暖かさで硬いからからよっと顔を覗かせました。

to060316-0001-ottonuma
.........................................................................................................................................

to060316-0011-ottonumato060316-0095-ottonuma
.....................................................................................................................................
左;にっこり笑っているように見えませんか。 右;こちらは硬い鉄兜の隙間から、春の様子を覗っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/15

ハナキャベツ(ハボタン)

冬のわが家の庭を飾ってくれたハナキャベツ(ハボタン)が、ここにきて急に動き出しました。そろそろ”塔”を立てて花を咲かせる準備を始めたのでしょうか。これでお役目後免とせずに、いくつかは花の咲くまで残しておこうと思っています。
ha060311-0010-hanakyabetu 
.....................................................................................................................................


ha060311-0020-hanakyabetuha060311-0030-hanakyabetu 東京丸葉系
...............................................................................................................................................

名古屋チリメン系ha060311-0040-hanakyabetuha060311-0070-hanakyabetu 
..............................................................................................................................................

ha060311-0050-hanakyabetuha060311-0060-hanakyabetu 名古屋チリメン系
...........................................................................................................................................
ハナキャベツ:アブラナ科アブラナ属。 原産地:ヨーロッパ。 1年草扱いであるが条件により多年草となる。 別名:ハボタン、ハナキリン、オランダナ。 英名:Flowering cabbage 花言葉:「違和感」「物事に動じない」「慈愛」「祝福」など、いろいろある。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/03/14

カイツブリ

可愛いまん丸の目をしたカイツブリが花室川で泳いでいました。3月7日にUPしたコガモが泳いでいた場所のすぐ近くにいました。このカイツブリは夏にもここに棲みついている留鳥であるかどうかは確認していません。写真の写りがよくないので、ボツにしようかと思いましたが、夏にいなくなると出番はなくなるので記録のためUPしました。

to0603070390a-hanamuro
...............................................................................................................................................
カイツブリの若鳥(?):冬羽は頭上部と翼部が焦げ茶色で、過眼線から喉元までは黄褐色で、他は大部分が薄茶色~黄褐色となっている。口ばしは細長く尖っており、冬は黒灰色で夏になると黒色に変わる。特徴的なのは、目の光彩が黄白色(遠くからでは白色に見える)で、その真ん中に小さな黒い瞳が可愛らしくついている。そして、口ばしの付け根から目の前方まで黄白色の線が入り、遠くからでもよく目立つ。写真のカイツブリは、過眼線から喉元までの部分の黄褐色がまだらなので若鳥のように見える(2006.3.7 撮影)。

to060305-0050-torito060305-0095-tori
...................................................................................................................................
左:泳ぎ方が上手で、首の辺りの毛も”まだら”になっていないので成鳥と見られる。 右:泳ぎ方が、ジャブジャブといった感じで、あまり上手でないので、幼鳥のように見えます(下の2枚は2006.3.5 撮影)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/13

ヒマラヤユキノシタ

ヒマラヤユキノシタ(ベルゲニア)が開花しました。昨日、暖かったので蕾がぐんと膨らみました。しかし、今日は昨日よりも気温が低く、風も強くなってきたのでどうかな、と思いましたが、天気がもちこたえてくれたのでピンクの花を咲かせてくれました。


060313-03-0005-bergenia
.............................................................................................................................................................
今日のヒマラヤユキノシタ(2006.3.13 撮影)

060313-03-0010-bergenia
..............................................................................................................................................................
作日のヒマラヤユキノシタ(2006.3.12 撮影)
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
ヒマラヤユキノシタ:ユキノシタ科ベルゲニア属。 常緑多年草(宿根草)。 原産地:ヒマラヤ地方。明治初期に渡来する。開花期:12月~4月。 寒さ、暑さに強いが、湿気を嫌う。林下でも、岩場でもよく生育する。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/12

アケビの花芽

アケビ(ミツバアケビ)が薄紫色の花芽をつけました。アケビは一つの蔓に雄花と雌花を別々に咲かせる面白い咲き方をします。これを「雌雄異花」と呼んでいます。

ha060312-0010-akebi
.............................................................................................................................................
顔を覗かせているのは、雌花のようです。

ha060312-0020-akebi
.............................................................................................................................................
花芽が沢山ついていますが、葉芽の葉は、まだ出ていません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/11

クリスマスローズやっと開花

昨日10日、クリスマスローズ(ヘレボレス・オリエンタレス)が咲きました。わが家の一番花で、ココログが、前代未聞の延3日にわたる長期トラブルが発生した最中でしたので、私にとっては忘れられない日になりそうです。
それにしても、今年は寒かったのでしょうか、我が家のクリスマスローズの開花は大分遅れました。しかし、まだ後続の蕾は、大分あるようなので、あせらずにゆっくり待つつもりです(2006.3.11 撮影)。

ha060311-0010-xmasrose
.................................................................................................................................
うつむいて咲いているので、下から覗いて撮ったものです。

ha060311-0020-xmasroseha060311-0030-xmasrose
..............................................................................................................................
左:自然の状態はこんなものです。  右:蕾はこれくらいあるので、当分の間、楽しめるかも。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/03/09

ツグミ

昨日ホオジロを撮った空き地には、ツグミもいました。ツグミは渡り鳥で、夏はシベリアに棲み、秋になると日本にやってきて春になるとまたシベリアに帰ります。


to0603080275-toriツグミは、やや警戒心の強い鳥のようで、人影に気がつくと食餌行動をやめ、首をたてて、じっとこちらを見つめます。ちょっと近づくと、ピョンピョンと飛び跳ねるようにして逃げて行き、ある程度間隔をあけてから、また立ち止まり、こちらを振り向きます。
ツグミは翼がレンガ色で、首を立てたとき、目の上の眉がクリーム色(白く見える)でよく目立ち、胸からおなかにかけて斑点があるので見分けがつきます。
.........................................................................................................................
to0603080235-torito0603080265-tori
.............................................................................................................................
右の写真の手前側(右)の鳥は、ホオジロのようです。ホオジロはツグミより、”のんびり屋”のようで、人が近ずいても、あまり気にせず、一生懸命えさを探して食べていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/08

ホオジロ

庭の草花は、いま日本水仙が花盛りですが、その他の草花は目下、開花準備中でいたって静かです。庭には、ヒヨドリ君は毎日のように来ますが、お目当てのメジロさんやシジュウカラさんはご馳走の餌を用意してあげてもなかなかご来訪にあずかりません。で、今日は外に様子を見に行きました。家から1kmくらいの範囲内には、まだかなりの空き地があります。これらの空き地(宅地用に造成された土地で、現況は原野のようになっている」)は、夏は雑草が生え放題ですが、秋には草刈などをするため、草丈の短い枯れ草が疎らに生えている程度で、日当たりが良いため、小鳥たちの絶好の遊び場になっています。一番多く見られるのはスズメですが、今日はホオジロ、ツグミ、キジバトなどが見られました。下の写真はホオジロです(2006年3月8日 撮影)。

to0603080705-torito0603081095-tori
...............................................................................................................................................
左:「私の頬を見てくださいね。白いでしょ」 右」「いいもの、見~つけた」

to0603082450-torito0603083025-tori
........................................................................................................................
左:「あっ・・・目線、合っちゃった」  右:「下向いていたって、上の方も見ているよ~」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/07

コガモ

今日も天気が良かったので、昼食後、チャリンコに乗って花室川までサイクリングしてきました。花室川にはコガモ4羽が仲良く泳いでおりました。オスが2羽、メスが2羽で、夫婦2組かもしれません。(2006.3.7 撮影)
to0603070045a-hanamuroto0603070030a-hanamuro
...........................................................................................................................................
コガモのオス

to0603070130a-hanamuroto0603070235a-hanamuro
...........................................................................................................................................
左:コガモのメス  右:4羽仲良く編隊を組んで泳いでいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/06

フクジュソウ

散歩道の途中の農家の庭先の樹林の下に、フクジュソウ(福寿草)が群生して咲いていました。露地で見事に咲いていたので写真を撮らせてもらいました。

ha060305-0120-hana
............................................................................................................................
ha060305-0010-hana
.........................................................................................................................
フクジュソウ:キンポウゲ科フクジュソウ属。多年草。 フクジュソウの学名(属名)アドニス(Adonis)は、ギリシャ神話にでてくる美少年の名に由来している。のち、この少年は成長してから、女神アルテミスの怒りに触れ、狩猟中に猪の牙に突かれて死んでしまう。そして、その血からはアネモネが芽生えたという。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/05

モズ

今日は、天気が良かったので、いつもの散歩コースの方向を変えて花室(はなむろ)川のルートでサイクリングしました。
花室川には、シマアジのつがいが2組泳いでいるのが見られ、田圃にはダイサギが、なにやら餌を探しているようでした。しかしダイサギは、人影を感じると早々と飛び去ってしまいました。田圃から台地に上がる境に竹藪があります。その竹藪をふと覗くと、モズが頑張っておりました。わたしが近づいても、ちょっと小高いところに位置を変えただけで、飛び去って行こうとしません。竹藪の前面は水田になっています。どうやら、ここはモヅ君お気に入りの、絶好の餌場となっているようです。わたしは、その縄張りを侵してしまったようで、写真を撮らしてもらったら静かに退散すくことにしました。

to060305-0425-mozu
...........................................................................................................................................
to060305-0345-mozu
........................................................................................................................................
モズ:「ここは、わたしの縄張りよ」 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/03/03

ユキヤナギの花芽

今日は、桃の節句。午前中は穏やかな日差しで、ユキヤナギの花芽も暖かそうでした。しかし、午後になると、急に寒くなり、雪がちらついてきました。春の訪れは、一進一退のようです。
ha060303-0075-niwaha060303-0125-niwa
......................................................................................................................
これは、ユキヤナギの葉芽でしょうか。いや、左は花芽のようです。

ha060303-0195-niwaha060303-0485-niwa
........................................................................................................................
ユキヤナギの花芽。可愛らしく蕾が並んでいます。

ha060303-0595-niwaha060303-0660-niwa
............................................................................................................................
遠くから眺めると、このとうりです。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2006/03/02

ルリマツリの若芽

ルリマツリが若芽を出し、この程度になりました。熱帯・亜熱帯原産の半つる性花木なので、うまく冬を越せるのか心配でしたが、戸外軒下に置いて2回の越冬をクリアしたので多少、意を強くしました。かなり、耐寒性があることがわかりましたが、油断は禁物、遅霜という大敵があります。あとは、5月頃に花が咲いてくれればと願っています。

ha060221-0410-niwaha060225-0130-niwa
.........................................................................................................................................
ルリマツリ:イソマツ科ブルンバーゴ属。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/03/01

アオキの実

いつも散歩する乙戸川沿いの雑木林の陰に生えているアオキの実が赤くなり始めました。道路の近くに生えており、自然のままに放任されているためか、葉は少し汚れ、虫も付いているようです。しかし、今年も、こぼれるように沢山の実をつけてくれました。アオキは雌雄異株。写真のアオキは雌株であるから、近くに花粉を供給する雄株があるはずですが、雄株はどこにあるのかまだ確認していません。
to060222-0017-aokiアオキ(青木):ミズキ科アオキ属 
原産地:日本
雌雄異株。春3~4月にアズキ色の花を咲かせ、雌株は秋に楕円形の果実をつける。冬から翌春にかけて果実は熟し、赤くなってよく目立つ。
アオキの花は地味ですが、その生葉は古くから、やけどやはれものの民間医薬として重宝がられたそうです。その処方の概要は、採取した生の葉を金網の上に乗せ、弱火であぶると軟らかくなり黒色に変色するので、焦がさないように注意して、このやわらかくなった葉を取り出し、火傷や腫れものの患部に貼り付けて、包帯で軽く巻いてずれ落ちないようにするとよいそうです。参考資料(アオキの薬効

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »