« 藤の花が咲きました | トップページ | チゴユリ »

2006/04/27

アマドコロ

庭のアマドコロ(甘野老)が鈴のような蕾をつらねて大きくなりました。わが家には、”斑入りの品種”と斑の入らない ”普通の品種”があります。ナルコユリ(鳴子百合)と似ていますが、ナルコユリの茎の”断面が丸い”のに対して、アマドコロの茎は「稜」があるため、”断面が角ばって”います(写真参照)。

H30604232a0070amadokoro
..........................................................................................................................
斑入りのアマドコロ:たくさん咲きだしたので、一輪挿しにして窓辺に飾りました。

H30604232a0010amadokoroH30604232a0020amadokoro
......................................................................................................................
庭のアマドコロ 左:斑入り種(花は2個づつ並んでいます)。 右:斑の入らない普通種(花は1個づつ並んでいます)。

H30604232a0030amadokoroH30604232a0040amadokoro
........................................................................................................................
アマドコロの特徴: 左:茎の断面が角張っている。写真の茎の断面は6稜ありますが、同じ茎でも部位により必ずしも6稜とは限りません。 右:花被の大部分は合着して筒状になっており、蕾のときは花被の先端に”白い毛”のようなものが見えます。

H30604232a0050amadokoro
........................................................................................................................
つぼみの縦断面:中を覗かせていただきました。中央にメシべ(雌蕊)が1本あり、花筒の中ほどからはオシベ(雄蕊)が数本伸びて、メシベを取り囲んでいます。メシベの基部の膨らんだところは子房で、先端には”白い毛”のようなものがついており、花被の頂部の口が開いたところに接しています。これが、外から見えるのです。
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
メモ  アマドコロ:ユリ科アマドコロ属。 耐寒性多年草。 別名:ナルコラン(ナルコユリではない)。 アマドコロ(甘野老)の名は、地下茎が節くれだって、老人のように見える「野老(トコロ)」に似ているが、野老が噛んでみると苦いのに対して、これは甘いので「甘野老」と名付けられたという。

|

« 藤の花が咲きました | トップページ | チゴユリ »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

ぴょんぴょんさん、
貴重なものを見せていただいた感じです。特に蕾の断面はすごいし、茎にも特徴があるのがよくわかります。これだけの写真を揃えるのも大変だったと思います。
斑入りと一色の葉では、全体の雰囲気がだいぶちがいますね。

投稿: ミントのみん | 2006/04/27 08:48

こんにちは
アマドコロとナルコユリの見分け方が
良く分かりました、有り難うございました。

投稿: mico | 2006/04/27 14:57

アマドコロ咲き出しましたネ
白い小さな花が、風にゆれてかわいいですネ♪
ナルコユリと聞いて1株頂いたものですが、鉢から地下茎の根が伸びて、今では地にいっぱい増えています。
私も去年気になって調べてみました。
見かけるご近所のも皆アマドコロばかりのようです。
「ナルコユリ」の名前の方が有名のようですネ

投稿: orenge | 2006/04/27 16:16

ミントのみんさん今晩は。
花と親しくなると、少しづつ、いろいろなことが、判ってきますね。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/04/27 22:08

mico さん、今晩は。
アマドコロとナルコユリも、最初のうちは区別がつきませんでしたが、これも毎年付き合って、いろいろいじっているうちにいるうちに、違いがあることに気がつきました。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/04/27 22:13

orengeさん、こんばんは。
orengeさんのお家では、ナルコユリですか。
ナルコユリも地下茎で増えるのですね。我が家のアマドコロも群生しますが、冬には枯れてしまうので、あまり邪魔にはならず、下草として重宝しています。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/04/27 22:27

おはようございます。
アマドコロとナルコユリの見分け方がとてもよく分かりました。
またひとつ勉強になりました。
本当にありがとうございます。


投稿: どてかぼちゃ | 2006/04/28 04:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/9782415

この記事へのトラックバック一覧です: アマドコロ:

« 藤の花が咲きました | トップページ | チゴユリ »