« ベニバナトチノキ | トップページ | ドクターラッペル »

2006/05/12

シラン(紫蘭)

今年もわが家のシラン(紫蘭)が咲き始めました。わが家の庭のシランの居所は、ジャーマンアイリスの隣、三方をそれぞれ山茶花、カエデ、ばらに囲まれた1坪ほどの空間で、ここを台湾ホトトギスと勢力を分け合っています。そして、この二大勢力に負けまいとして、ホオズキが両者の空間に侵入して頑張っています。私は、一方的な勢力拡大により、他が絶滅することが無いように、間引いたり、植え替えたりしてこの三者が仲良く共存できるように、世話をしているつもりですが、さあ、この子達はどう思っているのでしょうか。(2006.5.10 撮影)

Ha060510010010siran
................................................................................................................................
わが家のシラン:今年の一番花。

Ha060510010030siranHa060510010040siran
..................................................................................................................................
草丈約30~50cm、数個の赤紫色の花をつけ、下から順次咲いて行きます。側花弁の長さは約3cm。

Ha060510010020siran
.................................................................................................................................
唇弁は、卵形で、先端に5本くらいの「隆条」があり、縁に細かい「襞(ひだ)」ができています。
-------------------------------------------------------
メモ シラン;ラン科ラン属。 落葉多年草(宿根草)。 原産地:日本・台湾・中国。 
学名; Bletilla striata. 花期:4~6月。 半日陰から日向までの幅広い日照環境で適応し、土の乾燥、湿潤にもかなりの程度で耐えるので栽培し易いが、野生のものは減少しつつあり、準絶滅危惧種であるという。根(偽球根あるいは偽鱗根ともいう)は、止血や痛み止めなどに薬効のある「白及(はくきゅう)」とよばれる漢方薬として利用されるという。 

|

« ベニバナトチノキ | トップページ | ドクターラッペル »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
シランの開花嬉しいですね。
家もようやく咲き出しました。
真っ白い花もあるとか
一度見てみたいと思っています。

投稿: mico | 2006/05/12 12:59

おはようございます。
シランきれいに咲きましたね。
我が家はあと一息ってところです。
シランとホオヅキとホトトギスとはうまい組み合わせですね。
今年、シランにはヤマアジサイやシュウカイドウのある場所に引っ越してみました。
宿根草は、毎年咲いてくれるのでとても経済的ですが、
花期が短いので、うまく花期をずらした花を隣近所に植えないと、
ずっと葉っぱばかりになってしまうのが難しいですね。

投稿: どてかぼちゃ | 2006/05/13 07:09

micoさん、お早うございます。
シランは野生味があって、これもまたいいですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/05/13 09:56

どてかぼちゃ さん、お早うございます。
< 宿根草は、毎年咲いてくれるのでとても経済的ですが、花期が短いので、うまく花期をずらした花を隣近所に植えないと、ずっと葉っぱばかりになってしまうのが難しいですね。

そうです。ですから、鉢植えと地植えでバランスを考えながらの庭造りです。自己流ですが、これもまた楽し、ですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/05/13 10:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/10029303

この記事へのトラックバック一覧です: シラン(紫蘭):

« ベニバナトチノキ | トップページ | ドクターラッペル »