« ムクドリの子育て(2)巣立ち | トップページ | ストケシア »

2006/06/25

マルハナバチの仲間?

モナルダの花が満開になり、いろいろな虫がやってきます。その中でひときは目立つでかい虫がやってきました。マルハナバチの仲間だと思うのですが、そのさきの細かい分類名まではわかりません。クロマルハナバチのように見えますが、クロマルハナバチは胸部が黒く、腹部も黒いが先端のお尻の部分が黄褐色なので、これとは違うようです。
また、セイヨウオオマルハナバチは、黄褐色の帯が2本あって、お尻が白いので、これとも違うようです。どなたか、ご存知の方がおられれば、ご教示ください。

Ko060625010010kuromaruhanaKo060625010020kuromaruhana
....................................................................................................................................
モナルダの花の蜜を集めるマルハナバチの仲間?(6月25日 撮影)

Ko060625010100kuromaruhana
...................................................................................................................................
満開のモナルダ(6月21日 撮影)。

|

« ムクドリの子育て(2)巣立ち | トップページ | ストケシア »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
同じように見えるハチでも、いろいろな種類がいるんですね。
私は虫の名前はよく知りませんが、
庭に出るとハチ、蝶、トンボ、毛虫、芋虫といろいろな虫たちに遭遇するようになりました。
今年は、花や葉っぱを食害する虫が多く、
本当に困っています。

投稿: どてかぼちゃ | 2006/06/26 06:47

 おはようごさざいます、そしてはじめまして。更新ご苦労様です。いつも楽しませてもらってます。
 さて,ハチの種類は「クマバチ」だと思います。人家周辺でもよく見られるハチです。

投稿: ひろ | 2006/06/26 08:40

おはようございます。
モナルダ満開で美しいですね。
大きな蜂に驚きました。
蜂の種類も多いようですね。

投稿: mico | 2006/06/26 10:15

モナルダ満開ですネ
うちのは、やっとつぼみが見えてきました。開花はまだまだのようです・・・
この蜂良く見かけます。
クチナシに良く来て、卵を産んで坊主にしちゃいました~
あれ?違う虫かな?
蝶の種類だったかな?
うちは、今年は虫が多いです(>_<)

投稿: orenge | 2006/06/26 11:01

どてかぼちゃ さん、今日は。
この蜂のほかにmこれより小さい、トラマルハナバチ、ミツバチなどが集まってきていました。ミツバチなどの類は良いと思いますが、食害を与える虫たちは困りものですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/06/26 17:21

ひろ さん、今日は。
< ハチの種類は「クマバチ」だと思います。人家周辺でもよく見られるハチです。
確かにそうですね。有難うございます。スズメバチ(スズメバチ科)と違って、それほど危険な蜂ではなさそうですね。でも、身体が大きいので、ちょっと怖い感じですね(雄は針がないので刺さないが、メスは針があるので刺すそうですね)。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/06/26 17:29

mico さん、今日は。
ムシが一雨ごとに多くなるような感じですね。
カマキリもいつの間にか孵化して、あちらこちらに見かけるようになりました。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/06/26 17:33

orenge さん、今日は。
善玉の虫なら大歓迎ですけれど、お邪魔虫など
いろいろな虫が来るようになって、戸惑ってしまいますね。モナルダの開花、お待ちしております。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/06/26 17:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/10674106

この記事へのトラックバック一覧です: マルハナバチの仲間?:

» モナルダ [Orenge]
雨の中満開になったモナルダ 午前中の小雨の時に写真撮って良かった~ 今は、どしゃ [続きを読む]

受信: 2006/07/05 16:25

« ムクドリの子育て(2)巣立ち | トップページ | ストケシア »