« ホオズキの花 | トップページ | キンシバイ(金糸梅) »

2006/06/16

ムクドリの子育て(1)

5月29日の観察で、ムクドリが巣つくりをはじめたことを確認し、その後の様子を見ていたら、6月6日頃に、親鳥が巣に入る時、小さな声でピヨピヨと鳴く声が聞こえたので、卵から雛が孵ったなと確信しました。その後、雛の姿は見えないけれど、親鳥が餌を口にくわえて巣の中に入り、糞や残り物のゴミをくわえて外に出たりする姿が目撃されました。雛を育てている親は母鳥、父鳥共同でおこなっているようで2羽が巣に出入りしていました。
今日は、朝から雨降りです。庭の仕事はできそうにないので、2階からムクドリの子育てを観察することにしました。雨の日でも、親鳥は雛たちのためにずぶぬれになりながら餌を運んでいました。雛は1羽以上いるようで、親鳥が来るたびに大きな声で鳴き声をあげています。雛たちは、依然として姿は見えないが、だんだん大きくなり、食欲が旺盛になってきているようで、鳴き声も力強くなっています。観察すると、9時40分から10時10分までの30間で12回の餌やりがありました。父母2羽の親鳥により平気2.5分ごとに餌が与えられていることになります。
To0606120230mukudoriTo0606120410mukudori
.................................................................................................................................
餌を運ぶ親鳥:周りの安全を確かめてから(左)、巣に向かいます(右)。このときの餌は”青虫”のようです。[6月12日 撮影]

To0606140020mukudoriTo0606140060mukudori
..........................................................................................................................
巣の中の残渣物を運び出す親鳥:左は食べ残しの”ケムシ”のようです。右は”雛の糞”のようです。[6月14日 撮影]


To0606160090mukudoriTo0606160110mukudori
.............................................................................................................
雨でずぶ濡れになりながら餌を運ぶ親鳥: 黄色い虫の餌をくわえて(左)、巣の中に入りました(右)。[6月16日 撮影]


To0606160130mukudoriTo0606160150mukudori
...............................................................................................................
雨でずぶ濡れになりながら餌を運ぶ親鳥:巣に入っ餌を渡すと(左)、すぐに出て、また餌を探しに出かけます(右)。[6月16日 撮影]

|

« ホオズキの花 | トップページ | キンシバイ(金糸梅) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
親鳥のひたむきさに感動しました。
子を思う親の気持ちは人間小鳥も
同じですね。

投稿: mico | 2006/06/16 15:43

mico さん、今日は。
雨で、お休みかと思ったら、びしょ濡れで餌を運んでおり、鳥も子を思う気持ちは変わらないのだなあと、感動して眺めていました。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/06/16 17:47

こんばんは。
ぴょんぴょんさんの解説付きで、親鳥の行動の様子が
とても詳しく分かりました!
ぴょんぴょんさんの観察力はすごいですね!!
子育てする親鳥も必死なんですね。

投稿: minigarden | 2006/06/16 19:07

わぁ~良く写真撮れましたねぇ~
観察もご苦労さまです。
ムクドリは、戸袋が大好きなのでしょうか?
ご近所のお宅も、ムクドリが毎年戸袋から巣立ちます。
何羽雛がかえったのでしょうネ
また、観察記録期待しています♪

投稿: orenge | 2006/06/16 23:36

おはようございます。
ムクドリの子育て順調なようですね。
うまく巣立ってくれるといいですね。
我が家のツバメの雛は、一昨日、カラスに食べられてしまいました。
親鳥が雛のいなくなった巣のまわりを行ったり来たりしている姿がとてもいじらしかったです。

投稿: どてかぼちゃ | 2006/06/17 05:58

minigarden さん、お早うございます。
ムクドリは、秋に集団で集まったとき、はじめて気がつくことが多かったのですが、今回は、偶然にも、営巣をするのを見かけたので観察を続けることにしました。しかし、雛が巣立つ姿に出会えるかどうかは未だ分かりません。もし、出会えたら嬉しいですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/06/17 06:36

orenge さん、お早うございます。
orenge さんの近くでも、戸袋を利用して巣をつくるのですか。人間の目から見ると、どうしてここに?ということになりますが、ムクドリの目から見ると、巣つくりに格好の場所と映ったのでしょうか。卵から孵って、何日ぐらいで巣立つのか、orengeさん、ご存知ですか。それが分かると、その前後のあたりを集中して観察したいと思っているのです。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/06/17 06:49

どてかぼちゃ さん、お早うございます。
秋になると集団となってかしましいムクドリも、今のところは子育てで忙しいようですね。
ムクドリの敵は、いまのところ蛇とカラスのようです。が、蛇は多分出てこないと思うのですが、カラスが時々徘徊してきます。しかし、カラスもまだ巣のあることに気がつかないようです。
どてかぼちゃ さんのところのツバメの雛
< 我が家のツバメの雛は、一昨日、カラスに食べられてしまいました。
本当に、かわいそうですね。増えすぎたカラス、何とかならないでしょうかね。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/06/17 07:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/10547316

この記事へのトラックバック一覧です: ムクドリの子育て(1):

« ホオズキの花 | トップページ | キンシバイ(金糸梅) »