« アブチロン(チロリアン・ランプ) | トップページ | イチモンジチョウ? »

2006/07/20

セイヨウノコギリソウ

ようやく晴れ間が見えてきました。例年だと7月20日くらいが梅雨明けだが、今年はいまだ天気がぐずついており、梅雨明けはずっと先に伸びそうだ。昨日の雨で、西日本の各地で、浸水・土砂崩れ・土石流などによる被害が発生したとニュースは報じております。被災地の皆様、何とか頑張って下さるよう、お祈りします。
わが家の庭も何とか無事に長雨をきりぬけて、セイヨウノコギリソウ(西洋鋸草)の赤い花が、目立つツようにようになってきました。日本に自生するノコギリソウは白花で、セイヨウノコギリソウも本来は白花が基本のようですが、わが家のは赤花の園芸種です。

Ha06071618s0020nokogiriso
......................................................................................................................................................
咲き始めたセイヨウノコギリソウ(2006年7月16日 撮影)

Ha06071618s0010nokogiriso
.....................................................................................................................................................
咲き始めたセイヨウノコギリソウ(2006年7月16日 撮影)


Ha06072008502nokogiriso
.............................................................................................................................................
赤味を増したセイヨウノコギリソウ(2006年7月20日 撮影)

セイヨウノコギリソウ:キク科ノコギリソウ属。 多年草。 原産地:ヨーロッパ。 開花期:7月~9月。
学名: Achillea millefolium. 英名:ヤロウ(Yarrow). 地下茎によって個体を増やし、性質は頑健。

|

« アブチロン(チロリアン・ランプ) | トップページ | イチモンジチョウ? »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
梅雨が長引いて各地に被害が出ていますね。
梅雨前線はやく退散して欲しいですね。
西洋ノコギリソウ小花がかたまって咲き可愛いですね。

投稿: mico | 2006/07/20 13:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/11023200

この記事へのトラックバック一覧です: セイヨウノコギリソウ:

« アブチロン(チロリアン・ランプ) | トップページ | イチモンジチョウ? »