« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の記事

2006/10/31

タイワンホトトギス

今日は、雲はちょっとありましたが穏やかな秋晴れの天気だったので、久しぶりに旧宅に行きました。早速、庭を見たら、タイワンホトトギス、ツワブキ、セイヨウフジバカマなど懐かしい顔ぶれが、あるじが居ない間に元気に花を咲かせていました。
タイワンホトトギスは昨年は10月2日にUPしましたが、今年も綺麗に咲いてくれて、花は満開、見頃になっていました。そして、雌しべは、日の光を受けてキラキラ宝石をちりばめたように輝いていました。思わず、留守して面倒をみれず、ごめんねとつぶやいてしまいました。
この、雌しべの光るものは、テキストによると密腺から分泌した密で、花粉を媒介する昆虫を誘うことと、粘りがあるので受粉効率をよくする働きがあるようです。

P12303702_1 花びらは、白地に赤紫色の鮮やかな斑点があり、よく目立つ。その模様が野鳥のホトトギスの胸の模様に似ているところからホトトギスと呼ばれるようになった。
雌しべの先端は深く三つに分かれ、さらにその先はそれぞれが二つに裂けている。
この雌しべの表面に分布する密腺から粘っこい密が分泌しており、花粉を媒介する昆虫を誘っている。
---------------------------

P12303761_1つぼみと花と果実:
長い壺形をした「つぼみ」が「花」を咲かせ、あっという間に黄緑色の若い「果実」ができ、次ぎ次ぎと花を咲かせます。
---------------------------


P1230383ll_1
自家不和合性:ホトトギスの仲間の花は、「自家不和合性」という性質を持っているそうです。タイワンホトトギスは雌しべ先熟で、雌しべが成熟しているとき、同じ花の雄しべは未成熟でヤク(葯)は破れておらず、自家受粉できん。

---------------------------

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/10/30

「蘭展」に行って来ました。

筑波実験植物園で 「蘭展」  が開催されたので、見に行って来ました。つくば洋蘭会と水戸植物公園蘭科協会の皆様が、丹精をこめて育てられたランを出品されております。そのうちのいくつかをここに紹介します(ただし、写真は、全くのランダムですので、ご了承ください)。また、写真展(「東京に残る野生ラン)も開かれています。
会期:平成18年10月29日(日)~11月5日(日) 入園料:大人300円

Ha_ran1_010_061030_1Ha_ran1_012_061030
------------------------------------------------------------

左:カトレア・ラビアタ(斉藤正博さん出展) 右:カトレア・パーシバリアナ(平島忠重さん出展)

Ha_ran1_031_061030Ha_ran1_073_061030
--------------------------------------------
左:カトレア・ボーリンギアナ・ブリリアンシーNO.1(端 節子さん出展) 右:フラグミペディウム・ロージイチャーム(柴 日出夫さん出展) 


Ha_ran1_079_061030Ha_ran1_103_061030
------------------------------------------
左:ファレノプシス・ビオラセア(小池直美さん出展) 右:ブラッソレリオカトレア・スマートレディ’サンカルロス’(会田豊重さん出展)


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/10/29

シンビジウム(シンビジューム)の花芽

シンビジウムは、基本的には「直射日光を好む植物」のようですが、夏の直射日光は葉焼けを起こすので、半日陰に置きました。暑い夏をクリアし、10月に入り涼しくなると、シャコバサボテンやアザレアなど同じように、シンビジウムも花芽を形成し、勢よいよく花茎を伸ばしはじめました。

Ha_sinbi1_001_061029Ha_sinbi1_002_061029
------------------------------------------
左:シンビジウム(エンジ色、ローズマリー系)の”花芽”。 右:シンビジウム(白花、系統不詳)の”葉芽”。

Ha_sinbi1_004_061029
-----------------------------------------------
シンビジウム:最初は2鉢だけでしたが、現在は株分けして5鉢になりました。奥に並んでいるのはクレマチスの鉢。

シンビジウムを室内に取り込む時期は、「モミジが色づいて、散りはじめる頃(朝の気温が摂氏8度くらいになった頃)」が目安とのこと、もう少し戸外におけそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/10/28

アザレア

アザレアのつぼみが大きくなりました。アザレアは東洋(日本~中国)を原産地とするサツキツツジとタイワンヤマツツジがヨーロッパに渡り、主にベルギーとオランダで、これらが交配育種されてつくられた園芸種で、このため、セイヨウツツジとも呼ばれていますね。
 
Ha02_039_20061028_095340_1-------------------- アザレアは、日本在来のツツジやサツキに比べて、やや暑さに弱いので、真夏は直射日光を避け、半日陰に置くように努力したのですが、今年はハダニにやられてしまい、ちょっと葉が見苦しくなってしまいました。

Ha03_028_20061028_094821_1-------------------- しかし、アザレアは夜間の最低気温が摂氏5度くらいといわれているので、シャコバサボテンよりは耐寒性が強いですね。室内への取り入れも、シャコバより後で良いのでのんびりです。

Ha04_032_20061028_095047_1-------------------- アザレア:ツツジ科ツツジ属。 常緑低木。 開花期:3~5月。 別名:セイヨウツツジ(西洋躑躅)。 

学名:Rhododendron x Simsii ( R. Bergien Azalea Hybrids).


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/10/27

シャコバサボテン(クリスマスカカクタス)の花芽

秋に入り、日もだんだん短くなってきました。夏の夕方6時頃は、太陽がカンカンと照って外は、まだ明るかったのに、今の時期は、午後6時には、もう陽が落ちてしまって、あたりはたちまち真っ暗になります。ですから、買い物も急いですませなければなりません。
そして、この頃になると、シャコバサボテンの葉先に丸い小さな花芽が一斉に出はじめます。今年も無事、かわいい花芽が出来ました。思わず顔がほころんで「クリスマスの頃に咲いてくれるといいな~」とつぶやいてしまいました。栽培のテキストには、「夜間の最低気温が摂氏10~13度になったら室内に入れる」とあります。しかし、シャコバサボテンは、「つぼみが小さいときほど、環境の変化に敏感」なので、もう少しつぼみが大きくなってから室内に入れようと思っています。いつ、室内に入れるか、そのタイミングをつかむために、これからちょっと目が離せませんね。

Ha_013_0610261a--------------
シャコバサボテンは茎節の両端にトゲ状の突起があります。この形態的特徴がジゴカクタス(Zygocactus)の学名に採用された。すなわち、Zygsは「対をなす」、cactusは「サボテン」を意味し、葉が「対になった刺状突起」を持つことに由来しています。

Ha_027_0610192b--------------
和名のシャコバサボテン(蝦蛄葉サボテン)は葉がシャコ(蝦蛄)に似ていることに由来する。
蝦蛄の写真は、こちら

Ha_027_0610193a--------------
シャコバサボテン:サボテン科ジゴカクタス属。 原産地:ブラジル(森林地帯の樹木に着生して生育している)。 別名:クリスマス・カクタス
学名:Zygocactus truncatus (分類は2説あって、Schlumbergera trucataとする研究者もいる)


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/10/26

ゼラニウム

10月に入って、またゼラニウムが咲き出しました。乾燥に強く、鉢植えにしたとき、水やりが楽で育てやすいので、我が家の定番の花となって、庭を飾ってくれています。夏も冷涼な気候のヨーロッパでは、一般の民家や、商業ビルなどの窓辺に綺麗に飾ってあるのをよく見かけます。どうして、こんなに人気があるのか不思議に思ったのですが、これを窓辺に飾ると「家を災厄から守ってくれる」という信仰が古くからあって、広く普及したと聞きました。

Hageranium_001_061010-----------------------------------
「アメリカーナ」と呼ばれている園芸品種です。春に真っ赤な花を咲かせ、夏越しも上手にクリアし、冬も室内に取り込めば暖房なしで冬を越し、我が家の優等生です。

Hageranium_002_061010-----------------------------------
オレンジ色の絣模様のゼラニウム。上の赤花より、やや弱いが、これも長年我が家に住みついています。

Hageranium_003_061010-----------------
白花一重咲きのゼラニューム。白い花びらに、小さなオレンジ色のシベが印象的です。

ゼラニウム:フウロソウ科ペラルゴニウム属。 非耐寒性常緑多年草。 原産地:南アフリカ。
和名:天竺葵。日本には江戸時代にに渡来した。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/10/23

マンサクの紅葉と花芽

春になると、真っ先に花を咲かせるというので「先ず咲く」がら、「マンサク」と呼ばれるようになったというマンサクの葉が赤く色づきはじめました。我が家の住んでいる土地の気候条件ではなかなか気に入るような紅葉にならないのですが、今年の紅葉は台風の強風にも痛められずまあまあの紅葉になりました。
花芽もふっくらと丸く膨らんできて、目立つようになりました。しかし、実は3番目の写真に見られるように8月3日の時点では確かについていたのですが、引っ越し後の10月10日に見たときは無くなっていました。引っ越しで運ぶとき落ちてしまったのかもしてません。

Ha01_082_20061010_1026mansaku
-------------------------------------------------------------------
紅葉したマンサクの葉(10月10日 撮影):今年の紅葉は、まずまずというところ。

Ha02_088_20061010_1030mansaku
------------------------------------------------------------------
春に備えて、花芽と葉芽の冬の準備がととのいました。

Ha03_060803mansaku1
-------------------------------------------------------------
マンサクの実(2006年8月3日撮影)、ことしは、いつの間にか落ちてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/22

柿の実とヒヨドリ

ミツバチが集団をつくったお隣の梅の木の、そのまたお隣りは、柿畑になっています。8本ほど植えてありましたが、1本切られたので現在7本が健在です。先日の強風で、葉がすっかり落ち、赤い柿の実が急に目立つようになりました。しかし、地主さんは、もう柿の栽培はやめてしまったようで、赤い実はいつまでも枝に残ったまま、放ったらかしになっています。そこで、これはご馳走とばかり、毎日いろいろな野鳥が、せっせと通って来ます。その中で、一番熱心なのが、ヒヨドリです。今日もまた、夫婦らしきヒヨドリ2羽がやってきました。

Hakaki061020s
--------------------------------------------------------------

Tohiyo061020s
--------------------------------------------------------------


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/10/21

ブルーベリーの紅葉とミツバチの分封

引っ越しで一緒にやってきたブルーベリーの葉が赤く色づきはじめました。新しい土地になれて、来年もたくさん実をつけてくれるよう祈っています。

Dsc_6933l_20061019_150531

次に、先日、隣の
梅の木やってきたミツバチの集団のその後の様子を報告します。17日の夜にミツバチの集団に袋をかぶせ、一網打尽に捕らえられたかと思ったミツバチの群は、うまく脱出したらしく、18日の朝9時頃見たときには、その隣に大きな塊となって、何事も無かったような様子で梅の木の幹にぶら下がっていました。
そのようなことで、今度は、そのままそっとしておいて、様子を見ることにしました。そして、翌日18日の朝11時頃、どうなったかと梅の木をのぞいたら、またまたビックリ。あの、ミツバチの集団の塊が、忽然と消えてしまっているではありませんか。今度は、棒で突っついたり、袋をかぶせたりと言うような乱暴なことはしなかったので、「居着いてくれるのかな」、との期待は、見事にはずれてしまいました。
しかし、ミチバチたちが飛び去った跡をよく見ると、そこに淡黄色をした小さな円錐状の突起が幹から垂れ下がっているのに気がつきました。一体、これは何だろう、と思ってブログを検索して調べて見ますと。これは、どうやら「王台」と言うものらしいことがわかりました。この王台とは、「新しく生まれた(孵化した)女王蜂の幼虫を育てる育児室」のようなものだそうです。この女王蜂の幼虫を若い雌の働き蜂から分泌される「王乳」あるいは「ローヤルゼリー」と呼ばれる、通常の蜂蜜とは成分の異なる、”特別な密”を食べさせて育てるのだそうです。この、「特別な密、ローヤルゼリー」は、人間が食べても、活力を与える効果があると言うので、蜂蜜より遙かに高価な値段で売られていますね。ちなみに、今回発見した、王台(だ思うのですが)には、その「ロイヤルゼリー」は、残っていないようでした(嗚呼残念)。

Mu_010_06101809mitubatiMu_010_06101911mitubati
--------------------------------------------
左:梅の木の幹にぶら下がったミツバチの集団(10月17日9時撮影) 右:「王台」だけを残し、こつ然と姿を消したミツバチの集団(10月19日11時撮影)。

Mu_012_06101911mitubati
----------------------------------------------------------------------------
ミツバチの王台。ロ-ヤルゼリーは残っていませんでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/10/20

クジャク・アスター

クジャク・アスターが咲きました。昨年は10月9日にUPしましたが、今年の開花はやや遅れ気味。かつ転居をしたので、花のUPは10日ほど遅れました。花をちょっと虫に食われてしまい、丈夫だと思って油断したためか、うどん粉病らしきものにもかかってしまい、今年の花はあまりよくありません。来年は、気を抜かないでがんばろう。

Ha_004_061018kujyakusou
---------------------------------------------------------------
クジャクアスター:孔雀アスター(単にクジャクソウとも呼ばれる)。白孔雀(シロクジャク)と友禅菊(ユウゼンギク)の交配種で、耐寒性、耐暑性ともに強く頑強に育つ。

Ha004p1220748s_1Ha007p1220730s

-------------------------------------------------------------------

左:クジャク・アスター  右:シロクジャク

地植ののシロクジャクは、古い家の庭に残してきたので、今年のシロクジャクは鉢植えのみ。孔雀が尾を広げたように群がって花が咲く光景が新しい庭では見られないのでちょっと寂しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/19

ミツバチの野生集団その後

16日の朝、新しく引っ越しをした我が家の庭の隣の果樹畑の梅の木の根本にやってきた野生ミツバチの集団を発見しました。その写真は17日の、このブログにUPして、みなさまご覧になられた方もおられるかと思います。


Hachi01_20061018_091805このミツバチの集団(巣?)のことを、地主さんに知らすべきか、あるいは市の方に通報すべきか、どういう風に処理すべきかを、ずっと長く住まわれている隣のおじさん(農家出身で今は大工さん)に相談したところ。あっさり、「私が処理しましょう」といてくれました。


Hachi02_20061018_092745
その、処理の方法は、夜暗くなると、ハチどもは、巣に集まり静かになるので、そのハチの集まった塊りにビニールの袋をかぶせて包み、ガムテープで密封すれば簡単に死んでしまうというのです。


Hachi03_20061018_0919s


 これで、一安心と、昨日18日の朝、再度確認のため、梅の木の根本をのぞいたら「ビックリ」です。なんと、袋をかぶせたハチの巣の隣に、また「新しいハチの集団の塊」ができているではないですか。女王蜂が無事脱出に成功して、古い巣の隣に、また新しい巣をつくろうとしているかも知れません。もう、死んでしまったと思ったのですが、まだ生きていてなぜかほっとした気持ちになりました。(写真は、すべて10月18日9時撮影)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/10/18

ルリマツリ2番花が開花

今年、満開となったルリマツリ(瑠璃茉莉)を、このブログに7月31日にUPしましたが、花後一休みして、また2番花を咲かせました。ルリマツリは寒さにちょっと弱いけれど、摂氏10度以上の温度があれば、周年開花するので長く花を楽しむことが出来ますね。

Ha_005a_20061018_1223a
----------------------------------------------------------------

Ha_009_20061018_1221s
---------------------------------------------------------------
ルリマツリ:イソマツ科ルリマツリ属。 非耐寒性多年草(または低木)。 原産地:南アフリカ。別名:プランバーゴ。
学名:Plumbago auriculata Lam.( 異名 P. capensis Thunb.)

属名はラテン語のPlumbum(鉛)が語源で、鉛の中毒を解毒する効果があることに由来している。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/10/17

ミツバチの野生集団

Hachi_001a_0610161 16日の午前9時頃、我が家の庭の、お隣の梅の木の周辺で、なにか虫の大群がぶんぶん飛んでいる音が聞こえてくるのに気がつきました。最初は、ユスリカの群かと思ったのですが、よく見るとミツバチのようです。何で、このようなミツバチの大群がとんでいるのだろうと、いぶかしく思いながら、そのまま気にしないでおりました。
1時間ほどたって、隣の果樹畑にチョウチョウが飛んで来たので、デジカメを持って、何気なく梅の木の幹を見ると、その幹におおきなこぶができていて、気味悪くうごめいているのが目につきました。何だろうと思って、目をこらしてよく見ると、虫の集団が蠢いているのではありませんか。最初は、何の虫か見当がつかなかったのですが、体の縞模様から、ようやくニホンミツバチであろうと判断が付きました。
調べた結果、これは、どうやら「巣別れ」した女王蜂が、新しい巣を造るために、働き蜂の大集団を引き連れて、この梅の木にやってきたのだろうと推測することができました。ちょっと、怖い気もしましたが、この時期のミツバチは、こちらの方で挑発しなければ、無闇に人を刺すこともなく、おとなしいということを知りました。

Hachi_005_0610162sHana_010_061001b
------------------------------------------------------------------------
左:ニホンミツバチの集団(拡大図) 右:ニホンミツバチが集団をつくった梅の木


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/15

ハナミズキの紅葉

4月に咲いたハナミズキ(チェロキー)の花の実が赤くなり、緑の葉が黄~赤色に色づきはじめました。

Hana_019_20061015_1653a日本の紅葉の代表的な樹木のカエデのように、目の覚めるような真っ赤な紅葉とまではいきませんが、心を静めて眺めると、結構味合いのある紅葉となっています。
葉が、ところどころ虫に食われたり、強風で葉が傷ついたりして、無傷の紅葉は極めて稀です。しかし、このような紅葉が、通常の自然の姿だなと、最近は素直に容認し、秋の黄葉・紅葉を楽しむようになりました。


Hana_016_20061015_1652aHana_003_20061015_1047a
-----------------------------------------------------------------------
赤い実は、昨年に比べて付きが悪いようです。 このハナミズキの木を、新しい庭のシンボル・ツリーとして移植しようかと考えています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/13

シコンノボタン

澄んだ秋空に、シコンノボタンが綺麗に咲き出しました。

New_home_001_061012 パソコンの突然の故障と新居への引っ越しが重なり、みなさまにご連絡する暇もなくブログを中断せざるを得なくなり、心配された方もおられたかと存じますがお許しください。
このたび、ようやく再開の目処が立ち、またブログが始められるようになりました。以前と同様、よろしくご厚誼のほど、お願い申しあげます。
新居は、旧宅とさほど離れていないところで、周辺は木々や畑地・水田が間近に見られ、野鳥も訪れてくる気に入ったところです。最寄りの駅は常磐新線つくば駅の近くになりました。引っ越しに伴い、今まで育ててきた植木や花の植物たちも、みな引き連れてゆきたかったのですが、まだ旧宅に残されたものも大分あります。新居の庭も整地をしただけで、気に入った庭園になるまでには、まだ大分時間がかかりそうです。庭は造園設計の専門家や造園業者に依頼すれば早くできるかもしれませんが、いろいろデザインをかえて自由度の高いガーデニングをしたいので、失敗してもいいから自分なりに勉強して納得のゆく庭を造ってゆきたいと思っています。幸いにして、身体の健康度は、まあまあなので、労働の時間は十分にとれそうです。急がず、焦らず、数年かけて楽しみながら、庭造り・花づくりに取り組んで行くつもりです。
 まずは、我が庭の、見取り図と現況をご紹介します。いろいろご意見をいただければ有り難いです。

New_home_002_061012New_home_003_061012
左:緑の部分が庭地で、未だ整地したばかり。Aのところにシンボル・ツリーを植えるつもり。候補の木としてはピンク花のハナミズキ。B,C,D,Eはそれぞれテーマをつけたサブ花壇にしようと思っています(計画倒れに終わってしまうかも知れませんが)。
右:門周り。まだ、なにも植わっていません。

New_home_004_061012New_home_005_061012
-------------------------------------------------------------
左:セクションA&B。まだ、A地点にはシンボル・ツリー(ハナミズキの予定)は植わっていません。この冬に植えようと思っています。
右:セクションC。Bと同様、日照条件はあまりよくありません。ごらんの通り、まだ裸地状態です。

New_home_007_061012New_home_008_061012
-------------------------------------------------------------
左:セクションD。東側(ウッドデッキ側)から西側を眺めたところ。
右:セクションD。2階から眺めたところ。まだ鉢植えの植物やスタンドが散乱しています。


New_home_009_061012New_home_011_061012s2
---------------------------------------------------------------
左:セクションE。これも未だ未整備です。
右:セクションE。門の方から眺めたところ。右は車庫のフェンス。

というわけで、これから,各セクションの花壇の整備、樹木の移植など、未だやるべきことが山積みしています。


| | コメント (21) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »