« クジャク・アスター | トップページ | 柿の実とヒヨドリ »

2006/10/21

ブルーベリーの紅葉とミツバチの分封

引っ越しで一緒にやってきたブルーベリーの葉が赤く色づきはじめました。新しい土地になれて、来年もたくさん実をつけてくれるよう祈っています。

Dsc_6933l_20061019_150531

次に、先日、隣の
梅の木やってきたミツバチの集団のその後の様子を報告します。17日の夜にミツバチの集団に袋をかぶせ、一網打尽に捕らえられたかと思ったミツバチの群は、うまく脱出したらしく、18日の朝9時頃見たときには、その隣に大きな塊となって、何事も無かったような様子で梅の木の幹にぶら下がっていました。
そのようなことで、今度は、そのままそっとしておいて、様子を見ることにしました。そして、翌日18日の朝11時頃、どうなったかと梅の木をのぞいたら、またまたビックリ。あの、ミツバチの集団の塊が、忽然と消えてしまっているではありませんか。今度は、棒で突っついたり、袋をかぶせたりと言うような乱暴なことはしなかったので、「居着いてくれるのかな」、との期待は、見事にはずれてしまいました。
しかし、ミチバチたちが飛び去った跡をよく見ると、そこに淡黄色をした小さな円錐状の突起が幹から垂れ下がっているのに気がつきました。一体、これは何だろう、と思ってブログを検索して調べて見ますと。これは、どうやら「王台」と言うものらしいことがわかりました。この王台とは、「新しく生まれた(孵化した)女王蜂の幼虫を育てる育児室」のようなものだそうです。この女王蜂の幼虫を若い雌の働き蜂から分泌される「王乳」あるいは「ローヤルゼリー」と呼ばれる、通常の蜂蜜とは成分の異なる、”特別な密”を食べさせて育てるのだそうです。この、「特別な密、ローヤルゼリー」は、人間が食べても、活力を与える効果があると言うので、蜂蜜より遙かに高価な値段で売られていますね。ちなみに、今回発見した、王台(だ思うのですが)には、その「ロイヤルゼリー」は、残っていないようでした(嗚呼残念)。

Mu_010_06101809mitubatiMu_010_06101911mitubati
--------------------------------------------
左:梅の木の幹にぶら下がったミツバチの集団(10月17日9時撮影) 右:「王台」だけを残し、こつ然と姿を消したミツバチの集団(10月19日11時撮影)。

Mu_012_06101911mitubati
----------------------------------------------------------------------------
ミツバチの王台。ロ-ヤルゼリーは残っていませんでした。

|

« クジャク・アスター | トップページ | 柿の実とヒヨドリ »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

ブルーベリーの紅葉綺麗ですね、
ミツバチのその後、興味深く読みました、
不思議なことがありますね。

投稿: mico | 2006/10/21 21:17

遅ればせながら、ぴょんぴょんさん、お帰りなさい!
つくば駅近くのご新居にお引越しとのこと、おめでとうございます。
新しいお庭、楽しみですね。

ミツバチの巣、すごいですね~。
飛び交う大集団には本当に驚かされます。
去年うちの近所にも現れて、消防の方が掃除機で捕獲していきました。
ミツバチだからこそ出来るわざでしょうね~(笑)
養蜂業者に知らせるという手もあるようですよ。
王台、面白いですね。初めて見ました。

投稿: kyara-mama | 2006/10/21 22:00

ミツバチ、いなくなったのですネ
どこか住みやすい場所が見つかったのでしょうね。
ちょっと残念な感じだけど、ホッと一安心と言ったところかしら?
王台ですか?始めて知りました。
ちょっとだけでもローヤルゼリー残してくれたら嬉しいのにネ(^^ゞ

投稿: orenge | 2006/10/22 00:46

mico さん、お早うございます。
ブルーベリーは、果実からおいしいジャムが出来ますが、秋の紅葉も綺麗で、楽しめますね。
引っ越し、早々ミツバチさまの歓迎をうけ、ビックリしましたが、忘れ得ぬ思いでの一つとなることと思います。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/10/22 06:37

kyara-mama さん、お早うございます。
しばらく、ご無沙汰いたしました。ご挨拶ありがとうございます。
お近いところに来ましたようですが、今後もよろしくお願いします。
ミツバチの巣離れ(分封)ということを知りませんでしたので、はじめはビックリ、刺される、怖い、薄気味悪いという気持ちが先立ち、すぐ駆除しなければ、とあわててしまいました。1日たって、気持ちが落ち着くと、これも命ある生き物と思い直し、そのまま、そっとしておくことにしました。3日後に、飛び去って行きましたが、安住の地が得られればと案じています。「養蜂業者に知らせるという手がある」のですね。今度、出会いましたら、そのような方法を採ることにします。
いい方法を、教えて頂いて、ありがとうございました。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/10/22 07:05

orenge さん、お早うございます。
ミチバチ集団の捕獲作戦が失敗し、ミツバチたちの命が助かり、良かったと思いました。これから、花の少ない冬を迎えるが、無事冬越しが出来るのを願っています。駆除・捕獲のことばかりしか頭に浮かばなかったのですが、kyara-mama さんが示唆してくださった「養蜂業者に通報」すれば、親切に置いてくれるかも知れませんので、この方法が一番いいかも知れませんね。

<ちょっとだけでもローヤルゼリー残してくれたら嬉しいのにネ(^^ゞ

ハチに刺される危険が無くなったので、残された「王台」を念のため、またよく見ましたが、ローヤルゼリーは、残っていませんでした(^^ゞ。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/10/22 07:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/12359907

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーベリーの紅葉とミツバチの分封:

« クジャク・アスター | トップページ | 柿の実とヒヨドリ »