« ハナミズキの紅葉 | トップページ | ルリマツリ2番花が開花 »

2006/10/17

ミツバチの野生集団

Hachi_001a_0610161 16日の午前9時頃、我が家の庭の、お隣の梅の木の周辺で、なにか虫の大群がぶんぶん飛んでいる音が聞こえてくるのに気がつきました。最初は、ユスリカの群かと思ったのですが、よく見るとミツバチのようです。何で、このようなミツバチの大群がとんでいるのだろうと、いぶかしく思いながら、そのまま気にしないでおりました。
1時間ほどたって、隣の果樹畑にチョウチョウが飛んで来たので、デジカメを持って、何気なく梅の木の幹を見ると、その幹におおきなこぶができていて、気味悪くうごめいているのが目につきました。何だろうと思って、目をこらしてよく見ると、虫の集団が蠢いているのではありませんか。最初は、何の虫か見当がつかなかったのですが、体の縞模様から、ようやくニホンミツバチであろうと判断が付きました。
調べた結果、これは、どうやら「巣別れ」した女王蜂が、新しい巣を造るために、働き蜂の大集団を引き連れて、この梅の木にやってきたのだろうと推測することができました。ちょっと、怖い気もしましたが、この時期のミツバチは、こちらの方で挑発しなければ、無闇に人を刺すこともなく、おとなしいということを知りました。

Hachi_005_0610162sHana_010_061001b
------------------------------------------------------------------------
左:ニホンミツバチの集団(拡大図) 右:ニホンミツバチが集団をつくった梅の木


|

« ハナミズキの紅葉 | トップページ | ルリマツリ2番花が開花 »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
ミツバチの集団初めてです、
これだけ集まると圧倒されますね、

投稿: mico | 2006/10/17 14:21

mico さん、お早うございます。
昨日は、午後、ちょっと遠くまで買い物に出かけ、疲れたので早く寝てしまいました。で、今朝書いています。遅延多謝。
ミツバチの集団、私も初めてでした。どうしたらよいか分からず、とりあえず隣のおじさん(農家出身の大工さん)に相談したら、「蜂の巣退治」にはなれているようで、あっさりと”蜂の集団”の処理をひき受けてくれました。
その、方法は、夜に蜂たちが集まって寝静まった頃に、袋をかぶせてガムテープで密封してしまうのだそうです。翌日見たら、蜂の集団(巣?)は、スッポリ袋に包まれて、静かになっていました。
「コレデ、一安心」とおもって、昨日、見たら、ビックリ!!
大変なことが、おこっていました。今日(19日)は予定をかえて、その報告をします。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/10/19 07:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/12313417

この記事へのトラックバック一覧です: ミツバチの野生集団:

« ハナミズキの紅葉 | トップページ | ルリマツリ2番花が開花 »