« ツグミの来訪 | トップページ | わが家の庭に紅葉前線通過中 »

2006/11/21

野鳥の来訪・ジョウビタキ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリ喧嘩

11月19日、この日は日曜日だというのに、朝から天気が思わしくなく、暗く雲が立ちこめていました。午後からは雨になるとの天気予報もあり、菜園づくりも中断。予定していた外出も取り止めて家で野鳥の観察をすることにしました。すると、野鳥たちが庭に次から次ぎへとたずねて来てくれ、思わずラッキーと声をあげました。
朝、真っ先に目についたのが、柿の木の梢に止まっていたツグミ(前日UP)でした。つづいて、ジョウビタキ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリなどがやってきました。
Dsc_01s_20061119_084115To_sijyukara1s061119
----------------------------------------------
左:ジョウビタキ。低位置の柿の木の横枝にとまりました(11月19日8:41撮影)。 右:シジュウカラ。これも、若い梅の木の枝に止まりました(11月19日11:15撮影)。

Dsc_hiyo_7326_20061119_1053_1やがて「ヒヨさま」がお出ましになりました。熟した柿の実一つをがっちり確保しました(19日10:53撮影)。
◎頭から背中は青味を帯びた灰色で、頬(目の後方)の褐色の班がよく目立ちます。翼は黒褐色~灰褐色で、腹はややまだらな灰褐色の毛で覆われている。ムクドリよりスマートで尾は長い。頭頂部の羽毛はやや長く、冠羽となっている。興奮したときはこの冠毛を逆立てます。
--------------------------------------------

Dsc_hiyo_7519_20061119_1339_1雨が降ってきましたが、頑張っています(19日13:39撮影)。ヒヨドリ;スズメ目ヒヨドリ科。 体長約27cm。
日本のほか、台湾や中国南部に分布し、日本では里山や都市部の公園などでよくみられる。漂鳥で寒い冬の年は、南の方に移動する。ピーヨ、ピーヨと甲高い声を出して鳴くので「ヒヨドリ」と名付けられたという。
--------------------------------------------

To_mukudori8a_002_0611192ムクドリさんは、わが庭の最大の顧客です。
しかし、お行儀がわるい。大勢で食べるので仕方がありませんが、一つの柿をめぐって喧嘩が始まりました。
食べ方も、騒々しくてうるさいです。だから、嫌われるのですよ(19日15:30撮影)。
--------------------------------------------

To_mukudori6a_032_061119一通り食べ終わり、電線に集結しました。これから宿に帰ります(19日15:48撮影)。
-------------------------------------------


|

« ツグミの来訪 | トップページ | わが家の庭に紅葉前線通過中 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
たくさんの小鳥の訪問、ラッキーでしたね。
争いはにぎやかでしょうね~

投稿: mico | 2006/11/21 13:22

こんばんは。
次から次へと様々な野鳥がやってきますね。
「一つの柿をめぐって喧嘩が始まりました。
食べ方も、騒々しくてうるさいです。
だから、嫌われるのですよ。」
確かにそうかもしれませんね。
職場の近くのけやき並木に野鳥のお宿があって、
歩道は糞だらけ、鳴き声もかなりうるさいです。
まー、野鳥もすみかを追われて…のことでしょうから、
人間としても文句は言えませんね。

投稿: どてかぼちゃ | 2006/11/21 22:11

mico さん、お早うございます。
これからは、ムクドリさんで、にぎやかになります。
今朝は、朝霧がきれいでした。
朝霧が立つと雨という諺と、晴れという反対の諺もありまが、
今日は、晴れそうな気配です。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/11/22 07:38

どてかぼちゃ さん、お早うございます。
ムクドリさん、まだ柿などの山野の食量はありそうですが、
これからは、野菜も狙われるかも知れません。
農家の方もせんせん恐々のようです。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/11/22 07:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/12765563

この記事へのトラックバック一覧です: 野鳥の来訪・ジョウビタキ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリ喧嘩:

« ツグミの来訪 | トップページ | わが家の庭に紅葉前線通過中 »