« シコンノボタンまだ頑張っています | トップページ | ジョウビタキのメスがやってきました »

2006/12/04

ゼラニウムのシベ(蕊)

ゼラニウムは栽培が容易で、かつ花期が長く、春から冬まで花が楽しめるので、鉢花の定番中の定番となっています。わが家も花色の違ったいつつかの種類を順番に咲かせて楽しんでいます( 2006年5月18日UP、 2006年10月26日UP )。
今朝は、お天気は晴れですが、寒さは厳しく、庭一面が霜に覆われて真っ白になっていました。先日、寒さに弱い植物は大方室内に取り込んだので、危うくセーフです。
室内に置いたゼラニュウムの花、よく見ると、シベの形が面白いですね。雌シベは先端が5つに分かれています。そして、その雌しべの周りに雄シベが囲んでいますが、葯のついているのと、ついていないのが見られました。なぜでしょう、そして種はできるのでしょうか。不思議なことがいっぱいです。
Ha06_geraniumwhite_2_044_061203Ha07_geraniumwhite_2_054_061203
-------------------------------------------------------
白花ぜラニウムのシベ 左:先端が5裂している雌シベ  右:雄シベの葯
 
Ha09_geranium_2_046_061202Ha10_geranium_2_025_061202
-------------------------------------------------------
赤花ぜラニウムのシベ 左:先端が5裂している雌シベ  右:雄シベの葯

Ha02_geranium_2a_002_061202Ha03_geranium_2_006_061202
---------------------------------------------------
白とオレンジの二色花ぜラニウムのシベ 左:先端の分岐が反転した雌シベ  右:雌シベを囲む雄シベ

Ha04_geraniumwhite_2_045_061203Ha08_geranium_1_046_061202Ha01_geranium_2_002_061202
----------------------------------------------------------
左:白花ぜラニウム  中:赤花ぜラニウム  右:白とオレンジの二色花ぜラニウム

|

« シコンノボタンまだ頑張っています | トップページ | ジョウビタキのメスがやってきました »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
色とりどりのゼラニュームがきれいに咲いていますね。
霜でやられなくて良かったですね。
我が家も今朝が初霜でした。
近所の軒下で元気にゼラニュームが越冬しているのを見て、
今年は、車庫の軒下部分にゼラニュームを植えてみました。
うまく冬越ししてくれたらと思ってはいるのですが、
天気予報では明日はもっと寒くなると言っているので、
果たしてどうなりますやら…。

投稿: どてかぼちゃ | 2006/12/04 21:01

どてかぼちゃさん、お早うございます。
霜が降りると、いよいよ本格的な冬が来たなということで、気が引き締まりますね。
車庫の軒下のゼラニウム無事に冬越できるといいですね。
多分できると思います。以前、アイビー・ゼラニウムを車庫の軒下に吊して冬越しをさせましたが、無事に越すことができましたので。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/12/05 07:32

ぴょんぴょんさん
早くコメントしようと思いつつ。(^^ゞ

花によって蕊の様子が違うのは、雄しべと雌しべの活躍時期がずれる(雄性期と雌性期)からではないでしょうか。
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/theaceae/hamahisakaki/hamahisakaki.htm

投稿: waiwai | 2006/12/16 04:23

↑わっ! 違うURLを貼り付けてしまいました。(^^;
こちらを見てください。↓
http://nekobiyori.cocolog-nifty.com/days/2006/06/post_1d26.html

投稿: waiwai | 2006/12/16 04:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/12927161

この記事へのトラックバック一覧です: ゼラニウムのシベ(蕊):

« シコンノボタンまだ頑張っています | トップページ | ジョウビタキのメスがやってきました »