« だんだんと近づいてくるツグミ | トップページ | ガガイモ(袋果)の鞘 »

2006/12/30

タラの冬芽

昨日の強風も止んで、今日は穏やかなお天気となりました。午後になって、久しぶりに雑木林の道沿いを散歩しました。ふと見るとタラの木が何本か立っているのが目につきました。
Ha_01_01tarafuyume0010061230茎の先端部は、防寒の準備を整えた冬芽がしっかりとついていました。寒さは、これからですが、やがて暖かい春になると、美味しい「天ぷら」や、「おひたし」にして食べられる緑の若芽が芽吹くことでしょう。
でも。痛そうなトゲですね。美味しい若芽を食べられないように、必死で身を守っているのでしょうね。
------------------------------------------------------

Ha_01_01tarafuyume0020061230タラの葉痕:葉のついた痕で、5mmくらいの多数の円形痕がV字型をして枝の半周以上を取り巻いている。
------------------------------------------------------

|

« だんだんと近づいてくるツグミ | トップページ | ガガイモ(袋果)の鞘 »

自然」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
いよいよ冬芽の登場ですね。
昨年もいろいろな冬芽を拝見させていただいて、
真冬の植物の新たな楽しみ方を教えていただきました。
今年も楽しみにしています。
私もタラの芽は大好きです。
冬芽を見ると、タラの木の思惑とは裏腹に、
早く若芽が出てくれないかナーなんて思います(笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2006/12/31 04:37

どてかぼちゃ さんお早うございます。
厳しい寒さを乗り越えて、春に美しい花を咲かせようとしている様々な冬芽に出会うと、なんだか励まされますね。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/12/31 10:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/13267477

この記事へのトラックバック一覧です: タラの冬芽:

« だんだんと近づいてくるツグミ | トップページ | ガガイモ(袋果)の鞘 »