« アオジ | トップページ | クリスマスローズ »

2007/02/04

ホオジロ

「川辺の散歩道」の野鳥たち(2):川沿いの散歩道は、一見、あたりが枯れ野原で、味気なく見えましたが、思いのほか多くの野鳥に出会うことが出来ました。昨日UPしたアオジのほかにホオジロとマヒワらしき野鳥にも出会うことが出来ました。

To_hoojiro1s0010070203_1
------------------------------------------------------
↑ ホオジロの♂のようです。
さえずりは、「ツィッ・チョッチョッチョー・ジュクジュクチー」と聞こえるようですが、この時期、聞くことは出来ませんでした。このほかに、よく知られている言い換えとして、「一筆啓上仕り候」とか「源平ツツジ、白ツツジ」などがありますね。

To_hoojiro1s0020070203To_hoojiro1s0030070203
------------------------------------------------------
左:真正面から見るとちょっと怖いですね。 右:シジュウカラの方が頬が白いのが目立ちますから、最初はこれがホオジロかと、目を疑いました。
............................................................................................................................
メモ:ホオジロ(♂)の特徴
①身体の上面は、茶褐色で、黒い縦斑がある。
②眉線と頬線が白い。
③過眼線、耳羽およびアゴ(顎)線は黒い。
④ノド(喉)は白色、首は灰色である。
⑤胸からワキ(脇)腹は、淡い茶色をしている。
以上は、♂の特徴であるが♀は、全体的に♂より淡色である。♂の耳羽およびアゴ(顎)線は黒色であるのに対して、♀は白色である。また、♀の胸には縦斑が見られる。
..........................................................................................................................
昨年の今日のブログの画像<マツバギク
..........................................................................................................................

|

« アオジ | トップページ | クリスマスローズ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

私も一度でいいから小鳥を撮ってみたいです。
いつも上手く撮られていて感心しています。
小鳥のことにお詳しいですね。

投稿: mico | 2007/02/04 20:33

お早うございます。
小鳥といっても、野鳥なので警戒心が強く、人影に気がつくとスッと逃げてしまいます。
この写真は、たまたま橋の袂で水面を眺めていたら、ホオジロの方からやってきて、土手の枯れ草に止まってくれるという幸運にめぐまれました。
撮りたいと追い掛け回してもなかなか撮れないことが多いのですが、この偶然のチャンスを与えてくれたのは、神様が与えてくれたものと天に感謝しました。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/02/05 06:02

ホオジロにも会われたのですね!
ここは素敵な場所ですね。
私もホオジロにはよく出会うのですが、なかなか近寄れなくて・・・高い木の上などに逃げられてしまうのです。
こんなふうにかわいい表情を撮れたらいいですね。

投稿: misao | 2007/02/05 09:25

misao お早うございます。
ホオジロさん、お会いしても大抵は怖がられて、逃げられてしまいますね。私の場合もそうです。この写真を撮ったときは、逃げられた後、ぼんやりしていたら、どういう訳か、ホオジロの方で戻ってきてくれました。後で考えて見ると、そばにオオマツヨイグサがあったのでその種子を食べに戻ってきたのではないかと推測しています。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/02/11 06:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/13781224

この記事へのトラックバック一覧です: ホオジロ:

« アオジ | トップページ | クリスマスローズ »