« 春の草花:クロッカス・タンポポ・蕗の塔 | トップページ | アカバナマンサク開花 »

2007/02/16

コハクチョウ

一昨日(2月14日)は、「バレンタイン・デー」でしたが、「春一番」が吹き荒れました。幸い、わが家の周辺では大きな被害もおこらず、わが家の庭でも2~3の植木鉢がひっくり返る程度の軽い被害で済みました。昨日は、冷たい風がかなり吹きましたが、天気が良かったので、かかりつけの歯医者さんへはサイクリングがてら自転車に乗って出かけました。途中、久し振りに乙戸沼に立ち寄ると、昨年と同じように、沢山の水鳥たちが水辺で泳いでいたり、岸辺で休んだりしていました。この乙戸沼は、冬になると、いろいろな種類の水鳥たちが集まってくるので、これらの鳥たちと会えるのが楽しみです。しかし、最近、鳥インフレエンザなどの問題があり、悪い方向に進まなければよいがと少々危惧しています。(2007/02/15 撮影 土浦市乙戸沼)。昨年のコハクチョウは2月15日にUPしています。

To_kohakuchou1s0010070215
-------------------------------------------------------------
↑ コハクチョウの成鳥(手前)と幼鳥(奥):ひょっとすると親子かも・・・

To_kohakuchou1s0020070215 To_kohakuchou1s0030070215
--------------------------------------------------
左:コハクチョウの成鳥  右:コハクチョウの幼鳥(首の周りが灰色を帯びた色になっている)

|

« 春の草花:クロッカス・タンポポ・蕗の塔 | トップページ | アカバナマンサク開花 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

昨日はひどい風でしたね。
>植木鉢がひっくり返る程度・・・
あちこちで被害があったようですが
何事も無くて何よりでしたね。
コハクチョウ身近に見られて羨ましいです。
幼鳥の首の周りの灰色に童話「みにくいアヒルの子」
を思い出しました。

投稿: mico | 2007/02/16 16:08

いつ見ても、ぱきっとしていて、鮮やかな写真ですね。
すごいです。
自転車で行かれるようなところに、素敵なフィールドがいっぱいあって、本当に羨ましい限りです。
私も、みにくいアヒルの子を思い出しました。このお話は、事実に基づいて作られていたのですね。確かに、雛鳥から親鳥の色が想像できないですよね。

投稿: ジュリジュリ | 2007/02/16 20:04

mico さんお早うございます。
コハクチョウ、毎年来てくれますが、この日は一部はどこかに遊びに行ったのか10数羽しかいませんでした。強風の前にはたくさんいたと、毎日来ている鳥見さんが話してくれました。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/02/17 10:12

ジュリジュリ さんお早うございます。
コハクチョウつぶらな目が愛らしいですね。
優雅に泳ぐ、この白鳥の泳ぎを見ていると、ゆったりした気分になります。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/02/17 10:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/13928492

この記事へのトラックバック一覧です: コハクチョウ:

« 春の草花:クロッカス・タンポポ・蕗の塔 | トップページ | アカバナマンサク開花 »