« コブシ(辛夷)とベルゲニア(ヒマラヤ雪ノ下)、スノーフレーク(鈴蘭水仙)、枝垂れ梅 | トップページ | ラッパズイセンとカルガモ »

2007/03/17

シメとスズメ

シメは大きくて頑丈な嘴を持っているので、硬い木の実など簡単に割って食べられるであろうことは容易に想像できます。図鑑にも、「落葉広葉樹林を好み、ムクノキ、エノキ、ヤマハゼ、カエデなどの種子を主食とする」とあり、納得できます。が、最初にわが家の裏庭つづきの柿畑にシメが来た時は、ここにそのような木の実が無いことを承知で、やって来たのでしょうか。柿畑の短い下草の生えた林床に降りて、地上で餌を探しまわっていました。
時々、シジュウカラ用の落花生のリースにも来ますが、地上での餌探しも熱心で、あちこち歩き廻っています。

To_sime_010010070314
↑ 裏庭の生垣の下にやってきたシメ:頭の毛が逆立っているのは、風が後ろから吹いてきたためで、普段は逆立っていません。

To_sime_010080070314 To_sime_010100070314
↑ 左:「ヒメオドリコソウの葉も美味しいよ」 右:「オオイヌノフクリの花も食べちゃうんだから」
硬い木の実ばかりでなく”お野菜”も食べるようですね。

To_sime_010120070314 To_sime_010140070314
↑ 左:「何さがしているの?」 右:「何だ スズメさんか。 ビックリしたよ。あまり近くに寄らないで!」
スズメは好奇心が強い鳥ですね。そしてシメは、スズメくらいの鳥に対しては邪険に追い払ったり、あるいは反対に逃げ去ったりしないで、鷹揚に構えています。

|

« コブシ(辛夷)とベルゲニア(ヒマラヤ雪ノ下)、スノーフレーク(鈴蘭水仙)、枝垂れ梅 | トップページ | ラッパズイセンとカルガモ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
シメ初めて聞く名前見るのも勿論初めてです。
しっかりしたクチバシですね。
スズメとの会話楽しく読みました(笑う

投稿: mico | 2007/03/17 14:27

ヒヨドリ、スズメ、ツグミ、シジュウカラが毎日やってくる常連さんですが、このシメも最近毎日やって来て常連さんになりました。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/03/17 17:05

へぇ~シメも、お野菜食べるんですネ♪
そして、スズメは誰とでもお友達になってしまうんですねぇ~
うちの庭でも、だんだんスズメが多くなって来ましたが、お友達連れて来てくれるといいんだけどなぁ~
先日近くの雑木林でシメを見かけました~
写真はピンボケになってしまいましたが、近所にも来ていると確認できただけでも嬉しかったです。

投稿: orenge | 2007/03/18 01:15

orenge さん、お早うございます。
シメは、雄同士では、嘴を噛みあっての大バトルを演じるようですが、スズメに対したは、余裕綽綽、鷹揚に構えていますね。
シメ、近くにいるようなので、やがてorenge さんの庭にも訪れてくれると思いますよ。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/03/18 07:12

あらあら、大食漢のシメですね。
葉っぱも、花までも食べちゃうんですね。食べている様子が良く撮れてますね。
昨日は、埼玉の公園でシメの2・30羽くらいの群れをつくって採餌していました。そろそろ移動する準備なのでしょうか。ぴょんぴょんさんんの写真を見ていると、この子達も雑草を食べていたのかもしれませんね。

投稿: ジュリジュリ | 2007/03/19 13:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/14287605

この記事へのトラックバック一覧です: シメとスズメ:

« コブシ(辛夷)とベルゲニア(ヒマラヤ雪ノ下)、スノーフレーク(鈴蘭水仙)、枝垂れ梅 | トップページ | ラッパズイセンとカルガモ »