« シンビジウムとシラサギ(コサギ) | トップページ | アオサギの営巣 »

2007/03/23

沈丁花とウソ

昨夜、お湿り程度の雨が降りましたが、それがわが家の庭の草花に効果があったのでしょうか、蕾のままでいつ咲き出すのかと気をもんでいた白花のジンチョウゲ(沈丁花)が今朝、花を開き始めました。シンビジウムは花は豪華ですが、香りはあまりありません。これにたいして、沈丁花は、ご存知のように強い芳香を放つので、遠くからでも花の存在が感知できます。わが家では臙脂色の沈丁花が先に咲き(3月9日UP)  、この白花の沈丁花の開花がやや遅れました。しかし、この白花の沈丁花の昨年の開花は3月29日にUPしているので、我が家のスタンダードとしては、平年よりやや早い開花となります。

Ha_sinbi_01s0010070322
↑ 咲き始めた白花のシンビジウム。( 200y7/03/23 撮影)

Ha_sinbi_01s0050070322 Ha_sinbi_02s0010070322
↑ 左:花の咲きはじめた白花沈丁花(挿し芽で育てて5年経ったものです)。 右:満開になった臙脂花の沈丁花(3月9日にUPしたものが、これくらいになりました)。( 2007/03/23 撮影)
-----------------------------------------------------------------
つくば市「高崎自然の森」のウソ

つくば市「高崎自然の森」でウソに出会いました。ウソは私にとっては初見の野鳥で、いつかお会いしたいなと思っていたのですが、こんなに早く合えるとは思いもよりませんでした。
昨日は、天気が良かったので、Nさんと一緒にサイクリングがてら、すこし遠出の買い物に出かけました。途中につくば市が管理している「高崎自然の森」があることを思い出し、この森によってみることにしました。はじめて訪れるところなので、ちょっと迷いましたが無事につきました。庭園や花壇の花はこれからでしたが、里山の原風景が残された静かな森で、色々な鳥が飛び交い、野鳥たちの天国となっているように見えました。今回は時間の余裕がなく、1時間ほどしか居られませんでしたが、また来たいと思っています。

To_uso_01s0010070322
↑ ウソ ( 2007・03・22 撮影 つくば市「高崎自然の森」)

To_uso_01s0020070322 To_uso_01s0030070322
↑ 地上に降りて、盛んに餌(草の若芽? 木の実?)をついばんでいました。
メモ ウソ:スズメ目アトリ科。 雄(♂)は、①嘴が太くて短い ②頭と顔が黒くい ③喉が赤い ④肩羽は灰色で、尾羽は黒い ⑤身体の下面は、薄い灰色という特徴を有している。

|

« シンビジウムとシラサギ(コサギ) | トップページ | アオサギの営巣 »

ガーデニング」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
沈丁花 満開ですね、このお花の香り 大好きです。
うちのほうで春先に見かけた変種の沈丁花、その後行ってみましたが、鼻がどこにあったのかさっぱり分からなくなって・・・報告できません。

ウソに合われたのですね、胸のピンク 優しい色合いでしょ~♪
最近は全然見かけませんでしたが、そちらのほうにはまだいるのですね。

ぴょんぴょんさん、良かったですね!

投稿: zucca | 2007/03/23 13:50

素敵な森を見つけられたのですね。
時間を忘れてゆっくり歩きたい場所ですね~
ウソ、家のほうでもぜんぜん見かけなくなりました。
どこへ行ったのかと思っていたら、高崎自然の森に行ったのか~!(な~んて、そんなわけないです)

沈丁花、散歩の途中で香りをかぐと思わず深く吸い込んでしまいます。
残念ながらうちの庭にはありませんけれど、大好きな香りです。

投稿: misao | 2007/03/23 16:49

サイクリングで素敵な森へいけるなんていいな。また、いろいろな鳥に出会えそうですね。まずは、初見のウソ君に会えたし、鳥見フィールドが増えましたね。
街中でも、いい香りがして、振り返ると、沈丁花。 今日は、白い沈丁花ばかり見ました。

投稿: ジュリジュリ | 2007/03/23 20:22

ぴょんぴょんさん、こんばんは
私もこの冬初めて行ってみました。
事務所のすぐ近くで、ミヤマホウジロとアトリを見ることが出来ました。
冬鳥がいるうちに、わたしもまた行きたいと思っています。

投稿: kyara-mama | 2007/03/24 00:42

zucca さん、お早うございます。
白花の沈丁花、大きくなると移植は難しいと本には書いてありましたが、うまく根付いたようで一安心です。
念願の野鳥ウソに会えて大感激でした。このウソの写真を撮っただけで昨日は満足して帰りました。また、ゆっくりした時間が取れたら行ってみたいと思っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/03/24 09:39

misao さん、お早うございます。
沈丁花は開花が遅れても、シンビジュウムのように花を切らずにすむので気が楽です。当分は芳香を楽しむことが出来そうです。
「高崎自然の森」は、魅力的な野鳥の集まる常総の自然の里山を残した素敵な森で、また、訪ねて行きたい森の一つとなりました。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/03/24 10:09

ジュリジュリ さん、お早うございます。
この森は、サイクリングで行くのに丁度よい距離にあることが分かり、一つ楽しみが増えました。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/03/24 10:25

kyara-mama さん、お早うございます。
< ミヤマホウジロとアトリを見ることが出来ました。
昨日は、時間がなくてゆっくり出来なかったのですが、そうですか、ミヤマホウジロとアトリは未だお会いしていません。お会いしたいですね。今行っても、あえるでしょうかね~

投稿: ぴょんぴょん | 2007/03/24 10:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/14358707

この記事へのトラックバック一覧です: 沈丁花とウソ:

« シンビジウムとシラサギ(コサギ) | トップページ | アオサギの営巣 »