« ビオラとウソ(今度はうまく撮れました!?) | トップページ | ハゴロモジャスミンとヤマガラ »

2007/03/30

アトリ、アオジとタチツボスミレ、アカカタバミ

つくば市「高崎自然の森」の鳥見のつづきです。ウソ(アカウソ)が群れていたすぐ傍に、アトリの群れが地上に降りて餌を一生懸命ついばんでいました。アトリは私の初見の野鳥で、しばらく見とれてしまいました。勿論、このブログ初登場の野鳥です。アトリたち野鳥は今の時期はお腹が空くのでしょうか、人が来たときは木の上や藪の中に逃げ込みますが、人が去るとすぐに出てきてまた盛んに餌をついばみはじめます。そして、この群れの中に、いつもは人の気配を察するとすばやく繁みの中に身を隠してしまうアオジも仲間入りしていました。1羽でいるより、大勢いる時の方がきっと心強いのでしょうね、鳥たちは人に見られても、すぐに逃げ隠れせず、かなり大胆に行動していました。

To_atori_01s0030070328
↑ 餌をついばむアトリの群れ( 2007/03/28 撮影 つくば市「高崎自然の森」)

To_atori_01s0010070328 To_atori_01s0020070328
↑ 左:アトリの雌(♀)  右:アトリの雄(♂)

Ha_aoji_01s0010070328 Ha_aoji_01s0020070328
↑ 左:アトリの群れと一緒にいたアオジ  右:正面を向いたアオジ(正面を向いた顔はかなり厳ついですね)
-------------------------------------------------------------
野にも山にも春が来た:明るい雑木林の林床にはタチツボスミレが淡い紫色の花を咲かせていました。一方、乾いた路傍の砂礫に挟まれてアカカタバミが強い陽射しを浴びながら黄色い花を咲かせていました。

Ha_tatitubosumire_01a0010070328 Ha_akakatabami_01a0010070328
↑ 左:林の中の下草と一緒に奥床しく咲いていたタチツボスミレ  右:乾いた路傍で陽射しを一杯に浴びて花を開いていたアカカタバミ。

|

« ビオラとウソ(今度はうまく撮れました!?) | トップページ | ハゴロモジャスミンとヤマガラ »

ガーデニング」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

じっとしていない小鳥、いつも上手く撮られていて
感心しています、
小鳥の名前よくご存知ですね。
野山も春爛漫、野の花は可憐で健気で大好きです。

投稿: mico | 2007/03/30 13:26

こんにちは。
アトリとの初遭遇、良かったですね!
鳥たちも暖かくなり、食欲旺盛なのでしょうか?(^-^)
野の花たちも、とても可愛らしい。
今日は気温も上がって、きっとこんな可愛らしい花たちが
ちこちに・・・ですね。

投稿: ぴよ | 2007/03/30 15:57

またまた、初見の鳥さんですネ♪
初めて見る鳥は、嬉しいですねぇ~
鳥見にも、お花見にもいい季節になりましたネ
お弁当持って出かけたくなります♪

投稿: orenge | 2007/03/30 15:57

初見のアトリを撮ることができておめでとうございます。
オスは、もう立派な夏羽なんですね。今年は暖かいから、渡りも早いのでしょうか、まもなく移動してしまいますね。
アカカタバミは、はびこると大変なのですぐ抜いてしまいますが、写真で、改めてみると、かわいい花ですね。真ん中が少し赤くなるのは気がつきませんでした。かわいそうなことをしてきちゃったかな。

投稿: ジュリジュリ | 2007/03/30 16:22

mico さん、お早うございます。
鳥は、花とは違って動きまわりますので、撮るのがちょっと難しくなり、失敗ばかりですよ~
満足の行くようなものは未だあまりありません~
だんだん、暖かくなると、花が咲き出すので外に出るのが楽しくなりますね。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/03/31 09:57

ぴよさん、お早うございます。
念願のアトリに会えてうれしかったで~す。
野山の野草も綺麗に咲いて、とても気分のよい鳥見散歩でした。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/03/31 10:02

orengeさん、お早うございます。
アトリ、今年は会えるのかな~と
危ぶんでいたのですが、渡ってしまわないうちに会えてラッキーでした。冬鳥の鳥見もそろそろ終わりですね。
オオハクチョウ、コハクチョウはもう姿が完全に見られなくなりましたね。
今は、春のおなじみの花の再開を楽しんでいます。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/03/31 10:13

ジュリジュリ さん、お早うございます。
念願のアトリを撮ることができて感激です。
オスは夏羽なんですね。換羽は短い日数ですんでしまうのでしょうか、意外と早く夏羽になるんですね。
この森にはミヤマホオジロが見られたそうですが、このところ見かけなくなったと、鳥見の常連さんが言っていました。
遠目ではカタバミかなと思ったのですが、花の真ん中に赤味があったのでアカカタバミと分かりました。お日様が大好きで、日が翳ると花が閉じてしまいますね。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/03/31 10:30

遅ればせながら、カタバミは、いろいろな種類があるのですね。改めて、手持ち図鑑で調べてみました。

★カタバミ・・・・・・緑の葉に、黄色い花。
★ウスアカカタバミ・・赤い葉に、黄色い花。
★アカカタバミ・・・・赤い葉に、中央に赤みのある黄色い花。

こんな感じの分け方でいいでしょうか。ただ、赤い葉をアカカタバミと呼んでいると思っていました。

春は、冬羽、夏羽がいろいろ混じるようです。ミヤマホオジロも見れるといいですね。来年に期待しちゃいましょう。

投稿: ジュリジュリ | 2007/04/01 17:01

ジュリジュリさん今日は。
その後、またご丁寧にお調べいただきましてありがとうございます。

< ★カタバミ・・・・・・緑の葉に、黄色い花。
< ★ウスアカカタバミ・・赤い葉に、黄色い花。
< ★アカカタバミ・・・・赤い葉に、中央に赤みのある黄色い花。

これでよろしいようですね。ウスアカカタバミとアカカタバミは、ちょっと、紛らわしいですね。
写真のカタバミは、葉が赤くて、花は黄色ですが、中央にほんのり赤味があるので「アカカタバミ」としてよいと思います。
ご返事、気がつくのが遅くなりまして、ごめんなさい。ありがとうございました。ミヤマホウジロは来年を期待したいと思います。


投稿: ぴょんぴょん | 2007/04/05 18:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/14455561

この記事へのトラックバック一覧です: アトリ、アオジとタチツボスミレ、アカカタバミ:

« ビオラとウソ(今度はうまく撮れました!?) | トップページ | ハゴロモジャスミンとヤマガラ »