« ユキヤナギ(雪柳) | トップページ | モズと白花タンポポ »

2007/03/13

ハクモクレン(白木蓮)と野鳥

ハクモクレン(白木蓮)が咲き出しました。ハクモクレンも旧宅に残してきてしまったので、今年は近くの小学校のハクモクレンの花を楽しみました。わが家(旧宅)のハクモクレンは、一昨年(2005年)は4月3日に開花しました。昨年(2006年)は3月20日にUPしたときは未だ つぼみ の状態で、3月23日に開花したが、3月29日の強風で、殆どの花が痛めつけられて、見ごろの期間は1週間足らずで終わってしまいました( 強風後のハクモクレン:4月3日 UP )。”花の命は短し”、今年は、強風が吹き荒れないようにと祈っています。

Ha_hakumokuren_01s0010070312
↑ ハクモクレン:2日前に咲いたばかりですが、花が痛みやすいですね。(2007/03/12 撮影 つくば市K小学校門前)

 Ha_hakumokuren_01s0030070312 Ha_hakumokuren_01s0050070312
↑ ハクモクレン:花は、3枚のガク(顎)と6枚の花弁で構成されるが、両者の形状や色は殆ど違いが見られないので、9枚の花弁をもった一つの花のように見える。なぜ、このようになったのか。ふじぎだな~
------------------------------------------------------------
キジ(雉)、カワウ(川鵜)、カルガモ(軽鴨)に出会いました。
昨日(3月12日)、いつもの「川辺の散歩道」を散策中に、キジ、カワウとカルガモに出会いました。これらの写真も、撮影技術が非力なため画像がボケボケですが、この「川辺の散歩道」では、初見の野鳥なので、UPさせていただくことにしました。

To_kiji_01s0010070312 To_kawau_01s0010070312
↑ 左:キジ(カケスがいたところた同じところにいました)  右:カワウ(水中に潜ったあと、陸上に上がり、羽を広げて乾かしていました。繁殖中に見られる腰の白い羽が確認できます)

To_karugamo_01s0080070312 To_karugamo_01s0050070312
↑ カルガモ(群れで来ていました)

|

« ユキヤナギ(雪柳) | トップページ | モズと白花タンポポ »

」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
ハクモクレンの開花、今年は早いですね。
キジ子供の頃に見かけたまま、懐かしく感じました。
カワウが羽を広げて気持ち良さそうですね。
カルガモの親子連れが見られるのはもう少し先でしょうか。

投稿: mico | 2007/03/13 20:16

ハクモクレン、綺麗ですねぇ~
私も富士山の見える場所の近くで、写真撮ったのですが、夕方だったのでまったく冴えない写真になってしまいました。
似たお花のコブシは、もうちょっと後でしょうか?
いろいろな初見の鳥に出会えていいですねぇ~
エナガ、ちょこちょこ動きが早い鳥さんだけどかわいいですよねぇ~♪
ガーデニングと富士見散歩で、鳥さんにはなかなか出会えません(^^ゞ

投稿: orenge | 2007/03/14 01:57

mico さん、お早うございます。
ハクモクレンも早く咲き出しましたが、去年のように、強風が吹かないよう、祈っています。
カルガモ親子の引越しが、こちらでも見られるといいがな、と思っているのですが、無理でしょうね。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/03/14 09:29

orenge さん、お早うございます。
ハクモクレンの花が終わると、コブシ、桜の花が咲き出しますね。
ハクモクレンが卒業式の花だとすると、桜は入学式の花なのですね。
それぞれの思い出があるかと思います。
富士山が見える富士見散歩いいですね。こちらでは、筑波山は真近に見えますが、富士山は、高いところで見る以外は、とても無理です。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/03/14 09:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/14249426

この記事へのトラックバック一覧です: ハクモクレン(白木蓮)と野鳥:

« ユキヤナギ(雪柳) | トップページ | モズと白花タンポポ »