« 沈丁花とウソ | トップページ | アザレアとシジュウカラ »

2007/03/24

アオサギの営巣

昨日も天気が良くて暖たかったので”ママチャリ”に乗って、サイクリングをしてきました。つくば市民にはよく知られている洞峰公園から公園通りを南に下って赤塚公園を経て土浦市の乙戸沼公園まで行きました。わが家から、往復15kmの道程です。
乙戸沼近くの松林では、アオサギが営巣を始めていました。この松林は昨年はシラサキも営巣していたのですが、今年は1羽も見かけません。どこかに営巣の場所を移したのかも知れません。一般に、サギが営巣するところは、糞に含まれるリンが過剰に蓄積されることによって、樹木の生長が衰退したり、枯死したりし、また糞が放つ異臭によって、巣が近くにある住宅地域では、あまり歓迎されていません。サギが安心して営巣できるような土地がだんだんとなくなりつつあります。どうすればよいか、よい考えはないでしょうか。

To_aosagi_01s0010070323
↑ マツの木の梢に営巣したアオサギ( 2007/03/23 撮影 土浦市大角豆) 

To_aosagi_01s0020070323 To_aosagi_01s0030070323

↑ 左:一夫一妻、雄(♂)がガードしています。嘴は婚姻色でピンク色になっている。 右:こちらは未だ独身のようです。

メモ: 洞峰公園の池(洞峰沼)には、マガモ、ヒドリガモ、オナガガモが泳いでおり、子供ずれの人たちでにぎわっていました。陸上にはバリケン、ホオジロ、シジュウカラが見られ、帰りには白サギが池の中にいました。赤塚公園付近は野鳥の観測場所としてよく知られているところですが、この日はコジュケイが鳴いていました。ルリビタキも見られるそうですが、私はまだお会いしていません。
乙戸沼には、マガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、バリケン、バン、オオバン、カワウ、シラサギ、コブハクチョウ、アヒル、ツグミ、ジョウビタキなどが目につきました。コハクチョウやオオハクチョウは見かけませんでした。もう北へ帰ったかも知れません。

|

« 沈丁花とウソ | トップページ | アザレアとシジュウカラ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

アオサギの婚姻色、初めて見ました。というより、気がついたことがなかったです。嘴と足が赤くなるようですね。またひとつ知ることができました。アオサギの巣も見たことがないです。イメージとしては、地面に巣を作りそうな気がするのですが、高いところに大きな巣を作るのですね。
安心して巣作りができるようにアオサギ公園でも作って、営巣場所を提供してあげられるといいかな。

投稿: ジュリジュリ | 2007/03/24 21:14

ジュリジュリさん、今日は。
青サギさんも、だんだんと生活がしづらくなってきたようです。
安心してお産ができるアオサギ・シラサギ公園が出来るといいですね。
霞ヶ浦の真ん中あたりに造れないでしょうかね~

投稿: ぴょんぴょん | 2007/03/25 15:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/14367544

この記事へのトラックバック一覧です: アオサギの営巣:

« 沈丁花とウソ | トップページ | アザレアとシジュウカラ »