« マヒワと里山の花 | トップページ | 庭の芝桜とキジ、今度は夫婦でお目みえ! »

2007/04/23

アジュガ、アマドコロとキジの出現にビックリ

昨日は「山崎自然の森」の「ジュウニヒトエ(十二単:学名 Ajuga nipponensis)」をUPしましたが、今日はわが家の旧宅の庭に咲いた「アジュガ(西洋十二単:学名 Ajuga reptans)」をUPします。

To_01a_ajyuga1a0020070421両者ともシソ科キランソウ(Ajuga)属に属しますが、前者のジュウ二ヒトエの花色は日本の自生種で”白に近い薄い紫色”です。これに対して、後者のアジュガは、ヨーロッパ原産の園芸品種で、花色は鮮やかな紫色です。アジュガは鮮やかな花色に加えて、葉の色も艶々として美しいので、花壇などの園芸用に人気があり、園芸店では「西洋十二単」、「西洋キランソウ」などと呼ばれて売られていることもありますね。
-------------------------------------------------------------

To_01a_ajyuga1a0040070421 To_01a_ajyuga1a0030070421

To_01a_amadokoro1a0020070421 アジュガとほぼ時を同じくしてアマドコロ(甘野老)も咲き出しました。アマドコロの花は、面白い花ですね。蕾のような形で、いつまで経っても変わらないので、どうしたことかと思っていたら、この壷のような形で咲いているのですね。
アマドコロは同属のナルコユリ(鳴子百合)とよく似ていますが、両者の見分け方について興味ある方は、昨年の記事にUPしてありますのでご覧ください。

To_01a_kiji1s0020070421_1
↑ 昨日の午後、車庫の回りの雑草取りをしていたら、ケーン、ケーンと近くでキジの鳴く声が聞こえてきました。その方を見ると、道路をへだてた向かい側のセンダンの大木の根元の草叢にキジの姿が見えました。
あわてて家に駆け込み、カメラを持ってきて撮った写真がこれです。もう、夕方近くで光条件もよくなかったのですが、証拠写真として掲げることにしました。

To_01a_kiji1s0030070421 To_01a_kiji1s0040070421
↑ こちらの様子を窺っているキジさん。 また、訪ねてくることを期待して、もう、これ以上近づくのをやめました。

|

« マヒワと里山の花 | トップページ | 庭の芝桜とキジ、今度は夫婦でお目みえ! »

ガーデニング」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
我が家のアシュガも今満開です。
アマドコロとナルコユリの違い、勉強になりました。
我が家のは斑入りのアマドコロでした。
身近に雉が見られる環境好いですね。

投稿: mico | 2007/04/23 14:19

mico さん、今日は。
皆さんのお庭でもアジュガが咲き出したようですね。
丈夫で元気な子ですが、放っておくとあらぬところに進出するので、監視が大変ですよね。
このところ、キジの行動が活発になってきて、あちらこちらで目撃されるようになりました。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/04/23 16:54

アマドコロは我が家でも咲いています。
キジが出てくるとは、良いところにお住まいですね!
この時季のキジは繁殖期ですので、一年で一番綺麗になっています

投稿: moto8 | 2007/04/23 18:49

十二単なんて、きれいな名前をつけたものですね。キランソウが縦に伸びた感じです。同じ仲間だったのですね。
アマドコロとナルコユリ、私も同じに見えていて、どこが違うのか不思議でした。茎の断面が違うのですね。ナルコランはアマドコロのこととは、紛らわしいです。また忘れてしまいそうです。でも、どちらも素敵な花ですね。薄緑色がさしたベル型の花が控えめで清楚な感じがいいです。
雉の色がとても素敵に撮れています。moto8さんのコメントで、今の時期が一番きれいな色をしているとのこと。雉は一年中きれいな色をしていると思っていました。微妙に変わるのでしょうね。でも、よく見つけてから、カメラを取りに行くまでここにいてくれましたね。相当すばやく取りに行かれたのでしょうか。カメラを持っていないときに限って何かいい物が出てくるのですよね。

投稿: ジュリジュリ | 2007/04/23 22:37

こんばんは。
キジが近所に現れるなんていいですね。
アマドコロ、アジュカともにきれいですね。
私も好きな花たちです。
我が家ではアジュカが咲き出していますが、
こんなに花の丈が高くないです。
アマドコロは、まだようやく芽が出てきたところです。

投稿: どてかぼちゃ | 2007/04/23 23:16

moto8 さん、お早うございます。
コメント有難うございました。

< この時季のキジは繁殖期ですので、一年で一番綺麗になっています

そうでしたか。一番綺麗なときに会えて、ラッキーでした。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/04/24 11:22

ジュリジュリさん、お早うございます。
アジュガ(十二単)とアマドコロ、和風の趣があって、この花を眺めているとなんとなく落ち着いた気分になれます。
冬の間、「川辺の散歩道」を散歩しいるとき、足元から急に飛び立たれて、しばしば驚かされたものですが、いつも急なことなので写真には収めることが出来ませんでした。
春になると、キジさんたち、民家の近くまでやってくるので、間近に見られるようになりました。
しかし、わが家のすぐ目の前の空き地に来るとは思いもよりませんでした。カメラを取りに行って帰ってくる間もいたのは、このとき姿は見なかったのですが雌のキジも居たためではないかと思っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/04/24 11:42

どてかぼちゃ さん、お早うございます。
どてかぼちゃ さんの、お庭にもアジュガ(十二単)とアマドコロが居るのですね。和風の趣があって、庭に潤いが出ますね。我が家の旧宅の庭では、アジュガがヤブラン、イヌシダと適当に勢力を分け合いながら共存しています。そして、どちらか負けそうになると弱いほうを応援してあげます。応援といって強いほうを適当に間引くだけなのですが(笑)

投稿: ぴょんぴょん | 2007/04/24 11:56

ecqxklsgn nymcwae szyawrj lbpvu npvcheaq njqv ljesvctfd

投稿: qvynufm mxscp | 2007/06/15 03:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/14819377

この記事へのトラックバック一覧です: アジュガ、アマドコロとキジの出現にビックリ:

« マヒワと里山の花 | トップページ | 庭の芝桜とキジ、今度は夫婦でお目みえ! »