« クレマチス・モンタナルーベンス開花 | トップページ | アジュガ、アマドコロとキジの出現にビックリ »

2007/04/22

マヒワと里山の花

しばらくぐずついたお天気が、ようやく回復したので、自転車で遠出の買い物にでかけた帰路、「高崎自然の森」に寄ってみました。11日ぶりの訪問ですが、里山の春は大分進み、ソメイヨシノや枝垂れ桜はもう散ってしまい、若葉が出ていましたが、八重桜は丁度満開でした。前に来た時は、小さな蕾だったシロヤマブキ(4月10日UP)が、綺麗な花を咲かせていました。林床にはスミレやオオイヌノフグリに混じってジュニヒトエ(十二単)がたくさん花を咲かせており、テンナンショウ(天南星)の花(?)も見られました。
野鳥たちは、ウソやルリビタキはもう旅立ってしまったようですが、マヒワの群れがまだ残っており、タンポポの咲いている草原に降りて、一生懸命食餌していました。

To_01_mahiwa_takasaki1s0060070421
↑ マヒワ:頭の頂が黒いので雄(♂)のようです。 ちょっと警戒して頭を上げました。

To_01_mahiwa_takasaki1s0110070421 To_01_mahiwa_takasaki1s0050070421
↑ 左:三三五五群れでやって来て仲良くタンポポの花(種子)を啄ばんでいました。 右:こっちを向いたところをパチリ。タンポポの種子をくわえています。

To_01a_yaezakura_takasaki1a0010070421 To_01a_yaezakura_takasaki1a0020070421
↑ 八重桜が満開でした。

To_01a_siroyamabuki_takasaki1a0010070421 To_01a_siroyamabuki_takasaki1a0020070421
↑シロヤマブキ:前に来た時(4月10日)は、種子とつぼみ だけでしたが、今回来た時(4月21日)は、白花が綺麗に咲いていました。ヤマブキが5弁花であるのに対してシロヤマブキは4弁花です。

To_01a_jyunihitoe_takasaki1a0010070421 To_01a_jyunihitoe_takasaki1a0020070421
↑ ジュウニヒトエ(十二単):花色はアジュガ(セイヨウキランソウまたはセイヨウジュウニヒトエともいう)と比べるとやや淡く、白に近い薄紫色の花を咲かせるが、春山の林の中ではこの花色がよく合います。

To_01a_tennansyou_takasaki1a0010070421 To_01a_tennansyou_takasaki1a0020070421
↑ テンナンショウの花が、ニョッキリ地中から顔を出していました。テンナンショウ(天南星)は、ウラシマソウ(浦島草)や、その仲間の総称名だそうです。上の写真は釣り糸状の糸状部が見えるので、「ウラシマソウ」と思われます。

|

« クレマチス・モンタナルーベンス開花 | トップページ | アジュガ、アマドコロとキジの出現にビックリ »

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
今日はありがとうございました!
今、アイリスの訂正を書きましたので
よかったら見てくださいね!
おかげさまで、正しいことがわかりました。

それから、アジュガと十二単の違いが
今こちらで記事を読ませていただいて
なるほど~とよくわかりました。
アジュガが大好きで、家でも好んで植えています。
数日前によそで十二単だと書いている記事を見て、
違いがぜんぜんわからずにいました。
あらためて、これからもどうぞよろしくお願いします。m--m

投稿: minigarden | 2007/04/22 18:19

こんばんは
タイミングよくこちらを向いてくれてラッキーでしたね。
八重桜が綺麗です。
西洋十二単との差がよく分かりました。
ウラシマソウ一度見たことがありますが
奇妙な感じですね。

投稿: mico | 2007/04/22 20:41

minigarden さん、今晩は。
アイリス、お手数をかけさせまして恐縮です。岡目八目で、
私も自分のミスにはなかなか気がつきません。これからもよろしく。
十二単とか浦島草とか、こちらの里山には未だ古典的な響きのある植物が残っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/04/22 22:05

マヒワ、首を伸ばして警戒している姿もまたかわいいですね。
タンポポなどのまわりの植物の色にとてもよく似ています。

シロヤマブキ、今回はきれいに咲いていましたね。
私も今日じっくり観察してきました。
花弁も4枚で葉もやはりヤマブキによく似ていましたので、間違いないと思います。
そのお宅にはかなり以前から植わっていたらしく、けっこう太い幹でした。

投稿: misao | 2007/04/22 22:07

mico さん今晩は。
マヒワはカムフラージュの仕方を知っているのでしょうか、
タンポポの花と身体の色柄が溶け合って、ちょっと見ただけではどこにいるのか分かりませんでした。
アジュガは西洋十二単とも言いますね。補筆訂正しました。
ウラシマソウ、花もいろいろあるんですね~

投稿: ぴょんぴょん | 2007/04/22 22:15

misao さん、お早うございます。
マヒワは冬の間はこの森にいますが、もうそろそろお別れです。
ここのマヒワは夏はどこへいくのでしょうかね。北海道では繁殖しているという報告もあるので、北海道へ行っているのでしょうか?
それとも、もっと遠い大陸の方へわたっているのでしょうか?
冬鳥が去るとちょっと寂しくなりますが、代わって里山の色々な草木が花を咲かせて、私たちをもてなしてくれますね。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/04/23 10:43

ぴょんぴょんさん、おはようございます。
マヒワのこと教えていただき有難うございました。
私からもTBさせていただいたのですが、届いてませんね~。
何度か送ってみますので、もしダブってたら お手数ですが削除下さい。
マヒワは シベリアからやってくるようですよ。最初は亜高山で木の実をついばみ、だんだん低い山へ下りてくるようです。
今年も もうやってきてるでしょうね。
会えると良いですね!

投稿: zucca | 2007/11/29 10:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/14805817

この記事へのトラックバック一覧です: マヒワと里山の花:

» マヒワでしょうか? [備忘録 ]
写真の整理をしていたら 名前の分からない野鳥の写真が出てきました。 写真は200 [続きを読む]

受信: 2007/11/29 10:08

« クレマチス・モンタナルーベンス開花 | トップページ | アジュガ、アマドコロとキジの出現にビックリ »