« ナナカマドとホオジロ | トップページ | カツラ(桂)の雌花 »

2007/04/07

ムラサキケマンとシジュウカラ、シメ、スズメ

「川辺の散歩道」も、急に春の草花が咲き出してきて、道端がにぎやかになりました。その一つ、「ムラサキケマン」は人目をひきます。ムラサキケマンの花色や、その姿・形は、私にはとても魅力的で、どうして雑草扱いにされているのか不思議儀に思っています。

Ha_01_murasakikeman_01s0020070406
↑ 真上から眺めたムラサキケマン:

Ha_01_murasakikeman_01s0010070406 Ha_01_murasakikeman_01s0030070406
↑ 左:咲き始めのムラサキケマン  右:横から眺めたムラサキケマン

---------------------------------------------------------------------- 
「裏庭の訪問客たち」:シユウカラ、シメ、スズメ
白鳥たちは、すでに北国に帰り、その他の冬鳥たちも次々と帰っているようですが、まだわが家の裏庭にはシジュウカラ、シメなどが毎日のようにやってきます。きょうは、シメの「お食事」ぶりを、ご披露します。

To_01_sijyukara_02s0010070407_1 先着のシジュウカラさんは、シメさんに席を譲ります。

To_01_sime_01s0020070407_1 悠々とやってきたシメさん、あんぐり、落花生の殻をくわえます。

To_01_sime_01s0030070407_1 ようやく、落花生の実をゲットしました。

To_01_sime_01s0040070407_1 口の周りが、落花生のツブだらけです。

To_01_suzume_01s00100704071_1 下では、スズメさんが、おこぼれを待っています。

To_01_suzume_01s00200704071_1 うまく、おこぼれにありつけました。


|

« ナナカマドとホオジロ | トップページ | カツラ(桂)の雌花 »

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ムラサキケマンの色 きれいですよね、私も好きです。
お花を一まとめにしたら蓮華草のようになりそうです。

シジュウからの中では順番があるみたいですが、
シジュウからはいつもシメに譲るのですか?
落花生リース 今でも人気ありますね。
シメの顔 気難しそうに見えますが、なんかユーモラスで憎めません。
シメとすずめのクチバシ 似てますね。

投稿: zucca | 2007/04/07 21:43

おはようございます。
すっかりご無沙汰しております。
ムラサキケマン、我が家でも雑草化しています。
でも、この花は好きなので、
根絶やしにはしないようにしています。

投稿: どてかぼちゃ | 2007/04/08 06:48

ムラサキケマン我が家の狭い庭にも我が物顔で
蔓延っていますが花は可愛いですね。
シメのくちばしの大きさに驚きました。
木の実を砕きやすそうですね。
ピーナツのご馳走にたくさんの小鳥が集まってきますね。

投稿: mico | 2007/04/08 11:38

zucca さん、お早うございます。
ムラサキケマン、綺麗に咲いていました。ケマンソウ(鯛釣草)と名前が似ているので、よく間違えられるそうですね。
ジジュウカラ、シメ、スズメ、それぞれ個性があって面白いですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/04/08 11:41

どてかぼちゃ さん、ご無沙汰いたしました。
どてかぼちゃ さんのお庭にもムラサキケマンが咲いているのですね。
意外と丈夫な植物ですね。

ブログ、しばらくお休みでしたので心配しましたが、
パソコンの調子が悪かったのですか。また、よろしくお願いします。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/04/08 11:50

mico さん、お早うございます。
mico のお庭にもムラサキケマンがおられるのですか。
赤紫色の花があると、庭に落ち着きが出ますね。
裏庭の鳥たちは、未だ当分はやって来そうです。ヒヨドリは他に美味しいご馳走のある場所を見つけたのでしょう、追っかけまわしたりして、あまり意地悪はしなくなりました。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/04/08 12:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/14589183

この記事へのトラックバック一覧です: ムラサキケマンとシジュウカラ、シメ、スズメ:

« ナナカマドとホオジロ | トップページ | カツラ(桂)の雌花 »