« コエビソウ(小海老草) | トップページ | 牡丹と芍薬 »

2007/05/15

ハンショウヅル

ハンショウヅル(半鐘蔓)が咲き始めました。1昨年(2005年)は5月18日にUPしていますが、今年もほぼ同じ頃に開花しました。わが家のクレマチスの仲間のうちで、今年9番目に開花した花です。

Ha_hansyouzueu01ss0010070515
↑ ハンショウヅル:キンポウゲ科センニンソウ属。蔓性低木。 学名: Clematis japonica
ハンショウヅルは、古くから日本(本州・九州)の山野に自生しており、蔓性の植物で、クレマチスの仲間です。ハンショウヅルの名は、花の形が”半鐘”に似ていることから、そう呼ばれるようになたという。また、クレマチスの語源はギリシャ語の「つる(klema)」に由来しています。

Ha_hansyouzueu01ss0020070515 Ha_hansyouzueu01ss0030070515
↑ 花の形が半鐘に似ていますね。近頃、”半鐘泥棒”が流行っています。我が家の近所にも半鐘がありますが、泥棒に盗まれないかとヒヤヒヤしています。花色は暗紫色で、花びらは花弁ではなくて「ガク片」だそうで、外側の縁に短い白い毛が生えています。葉は「三出複葉」で葉序は「対生」です。

Ha_hansyouzueu01ss0040070515 Ha_hansyouzueu01ss0050070515
↑ 左:4枚の花弁のように見えるものは「ガク片」だそうです。ガク片の縁には短い白い毛が生えています。外側の表面にもまばらに毛が生えています(図をクリックすると拡大できます)。右:うつむいて咲いているので、失礼して下から覗かせていただきました。

|

« コエビソウ(小海老草) | トップページ | 牡丹と芍薬 »

ガーデニング」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
ハンショウヅルの真ん中はこんな感じなんですね。
見せていただいて感動しました。
有難うございます。

投稿: mico | 2007/05/15 19:25

mico さん、お早うございます。
ハンショウヅルは、鈴なりになって綺麗に咲きますが、うつむいて咲くので、他のクレマチスと違って派手ではありません。しかし、それなりに、風情があり、またいいものです。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/05/16 04:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/15081972

この記事へのトラックバック一覧です: ハンショウヅル:

« コエビソウ(小海老草) | トップページ | 牡丹と芍薬 »