« 笠間の「ひまつり(陶炎祭)」 | トップページ | コエビソウ(小海老草) »

2007/05/13

笠間の「藤」と「つつじ」と「城址」

笠間の「ひまつり(陶炎祭)」や「我楽多市」で買い物をしたあと、笠間稲荷神社にお参りして、茨城県指定の天然記念物で、樹齢約400年といわれている笠間の「八重の藤」と「大藤」の見事な開花に感歎し、ついで郊外の「つじ公園」に行き、笠間つつじ祭りの”つつじの花”を鑑賞しました。そしてさらに足を伸ばし、公園のお隣の「佐白山」に登り、その頂部に築かれた「笠間城址」を訪ね、眼下に広がる笠間市街地と、遠方にそびえる筑波山を眺望し、新緑の笠間の自然を堪能してきました。

To_01ss_kasamafukitutuji01s0010070505 To_01ss_kasamafukitutuji01s0020070505
↑ 左:笠間稲荷神社本殿(昭和63年 国重要文化財指定)。日本三大稲荷の一つで、創建は西暦600年頃と伝えられている。 右:笠間稲荷神社境内の「八重の藤」(左)と「大藤」(右)( 2007/05/05 撮影)

To_01ss_kasamafukitutuji01s0040070505 To_01ss_kasamafukitutuji01s0030070505
↑ 左:「八重の藤」 つるは左巻き、花穂の長さ約30cmで種子は出来ない(昭和42年 茨城県天然記念物指定)。  右:「大藤」 一重咲きで、花穂の長さは1.5mに達する(昭和42年 茨城県天然記念物指定)。

To_01ss_kasamafukitutuji01s0050070505 To_01ss_kasamafukitutuji01s0070070505
↑ 左:「つつじ公園」入り口 右:頂上付近に立つ観世音像。近くには、この笠間に幼少のころ育ったと言う縁がある坂本九の歌碑が建っている。

To_01ss_kasamafukitutuji01s0060070505 To_01ss_kasamafukitutuji01s0080070505
↑ つつじも丁度満開でした。
Ha_kasamajyo01a00300705052
↑ 笠間城址「八幡台櫓」址から眺めた、笠間市街地と筑波山。

Ha_kasamajyo01a0010070505 Ha_kasamajyo01a0020070505_1
↑ 左;笠間城内建造物配置見取り図  右:笠間城史の概要(クリックすると拡大されます)


|

« 笠間の「ひまつり(陶炎祭)」 | トップページ | コエビソウ(小海老草) »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
藤棚・ツツジともに素晴らしいですね。
私も以前、いずれも見に行きましたが、
本当に見事なものでした。
今は、どうしても息子たち中心の
行楽になってしまうのですが、
機械があったら、
いずれまた出かけてみたいです。

投稿: どてかぼちゃ | 2007/05/14 06:42

どてかぼちゃさん、今日は。
笠間は久し振りで出かけました。今年は藤の花や、ツツジの花の開花が早かったので、GWの連休にあわせた「ひまつり(陶炎祭)」と一緒に花を楽しむことが出来ました。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/05/14 16:41

こんにちは
見事な藤とツツジの満開、楽しませていただきました。
藤の花から香りが届きそうです。
ツツジが満開で丘が赤く染まっていますね。

投稿: mico | 2007/05/14 17:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/15054482

この記事へのトラックバック一覧です: 笠間の「藤」と「つつじ」と「城址」:

« 笠間の「ひまつり(陶炎祭)」 | トップページ | コエビソウ(小海老草) »