« 笠間の「藤」と「つつじ」と「城址」 | トップページ | ハンショウヅル »

2007/05/14

コエビソウ(小海老草)

コエビソウ(小海老草)が開花しました。コエビソウは寒さには少し弱いので我が家では家に取り込んでいますが、一部は軒下に出しているのもあります。花が咲いたのは、冬の間、家の中に取り込んでいたものです。コエビソウは冬の温度管理の仕方で、開花の時期は大幅に変動します。2004年の冬は寒い部屋に置いたので、2005年の花芽の形成は大幅に遅れ、開花は6月末になりました(写真は2005/06/27UP)。今年は暖かかったせいか、この1鉢が早く咲きました。

Ha_koebisou10a0010070509
↑ コエビソウ(小海老草):キツネノマゴ科ジャスティシア属(コエビソウ属)。 原産地:メキシコ 半耐寒性常緑低木。 自然開花期:5月~11月。 別名:ベロペロネ。 つい最近まで、”キツネノゴマ”と早合点していましたが”キツネノマゴ”なのですね。そして、このコエビソウは草ではなくて”木”だというから驚きですね。(2007/06/09 撮影)

Ha_koebisou10a0030070509 Ha_koebisou10a0020070509
コエビソウの花は白い唇状花で、その外側を赤色の苞が重なり合って取り囲んでいます。その花穂の先が海老のように曲がって垂れ下がっている様が海老に似ているのでコエビソウと名付けられたという。

Ha_koebisou10a0040070509 Ha_koebisou10a0050070509
↑ コエビソウの白い花と赤い苞。 花言葉は「友情」


|

« 笠間の「藤」と「つつじ」と「城址」 | トップページ | ハンショウヅル »

ガーデニング」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

初めて見ましたが、
見れば見るほど不思議で魅力的な植物ですね!
葉色の変化と重なりがなにより美しいです。
さらに、中から白い花が出てくるなんて!!
高さはどれくらいでしょう。
お店で見たら、ぜったい持ち帰りそうです。

投稿: minigarden | 2007/05/14 18:05

コエビソウ赤い苞から顔を出している白い花が可愛いですね。

投稿: mico | 2007/05/14 21:07

コエビソウ私も始めて見ました。
葉のグラデーションが美しいですね。
そして小さな白いお花が 愛嬌のある顔に見えてクスッ(笑)

投稿: zucca | 2007/05/15 09:27

minigarden さん、今日は。
ちょっと、花の形が面白いですね。
私も始めて見たとき、こんな面白い花があるのだな~
とビックリしました。
高さですが、写真のコエビソウは30cmくらいです。
これから夏になって成長しますので、最大で50~60cmくらいまでは伸びるかと思います。伸びすぎたら適当な長さに剪定しても大丈夫です。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/05/15 18:26

mico さん、今日は。
コエビソウ、花の形が面白いので、見ていて飽きませんね。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/05/15 18:31

zucca さん、今日は!
コエビソウ、寒さに少し弱いですが、寒さにあわせないようにして冬越しをクリアすれば、5月から11月頃まで、元気旺盛で、次々と花を咲かせてくれるので、花の夏枯れ時でも花を楽しむことが出来ます。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/05/15 18:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/15067894

この記事へのトラックバック一覧です: コエビソウ(小海老草):

« 笠間の「藤」と「つつじ」と「城址」 | トップページ | ハンショウヅル »