« メランポジウムとコリウス | トップページ | クレマチスの種子 »

2007/07/26

オシロイバナ

オシロイバナが花を咲かせ始めました。でも、夕方咲いて、朝方にはしぼんでしまうので、花は昼間の間は咲いているところが見られません。
夕方、咲き出すので、別名が「夕化粧」、英語名も、そのままづばりで「four o'clock」。中国名は、夕方お風呂に入る時間の頃に咲き出すので「洗澡花」と言うのだそうですね。

Ha_01_osiroibana01s0010070726オシロイバナ:オシロイバナ科オシロイバナ属。 多年草。
草丈60~80cmのやや大型の植物で、花は芳香があり、夕方に開花し、朝方にはしぼんでしまう1日花。

Ha_01_osiroibana01s0020070726

長いロート状の花弁に見えるものは、植物学的には花弁ではなく、「ガク(顎)」だそうです。

Ha_01_osiroibana01s0040070726 花は咲きそうですが、昼間の日が照っているうちは、つぼんだままです。
花期は、7~10月。
花色は、赤、桃、黄色など多彩。

Ha_01_osiroibana01s0050070726


Ha_01_osiroibana01s0130070726 夕方に咲いて、朝方太陽が昇り始めると萎んでしまいます。早起きでないと、花の咲いているところは見られません。
原産地:熱帯アメリカ。

Ha_01_osiroibana01s0140070726

江戸時代の初期に渡来した帰化植物。性質はいたって頑強で、一部野生化しているところもあるそうです。


|

« メランポジウムとコリウス | トップページ | クレマチスの種子 »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

夕方から咲きだすようですね、
朝の散歩では萎んだままで写真を撮る機会を
逃しています(苦笑

投稿: mico | 2007/07/26 09:44

こんにちは、お久しぶりです。
オシロイバナ 早起きでないと見られないとすると、私は見られない(^^ゞ でも、夕方でも大丈夫なんですね。

国によって 名前の付け方がいろいろで楽しいですね。

投稿: zucca | 2007/07/26 14:18

mico さん、今日は。
そういえば、子供のころは線香花火をしながらこの花の咲いているのを見ていたのですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/07/28 17:31

zucca さん今日は。
オシロイバナ、子供の頃、本当にオシロイになるのかと思って種を割って白い粉を顔につけましたが、ちっとも肌に付かず、がっかりしたことが思い出されます。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/07/28 17:38

オシロイバナは懐かしい香です。
夕方この香がしてくると、つい探してしまいます。そして、小学校時代へ・・・
よく、種を取ったり、花を落下傘に見立てたりして遊びました。

投稿: ジュリジュリ | 2007/07/30 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/15903889

この記事へのトラックバック一覧です: オシロイバナ:

« メランポジウムとコリウス | トップページ | クレマチスの種子 »