« アサガオとオオマツヨイグサ | トップページ | サルビア・ガラニチカ(メドウ・セージ) »

2007/08/03

キジの親子出現! 

梅雨が明けたとたんに、キジの親子がわが家の菜園の脇の草叢に現れました。どうやら今年、わが家の菜園脇の草叢の巣で生れた雛とその母親のようです。雛はもう大分大きくなっており、幼鳥と呼んだ方がよさそうですね。周りに、犬や猫がうろうろしているのに、よく、ここまで大きく育ったなあと、嬉しさがこみ上げてきました(今年菜園脇の草叢につくったキジ巣と雛の写真は→こちら)。

To_01_kijioyakao01s0010070802
↑ キジの親子1(2007/08/02 撮影)

To_01_kijioyakao01s0050070802  To_01_kijioyakao01s0070070802
↑ キジの親子2(2007/08/02 撮影)

|

« アサガオとオオマツヨイグサ | トップページ | サルビア・ガラニチカ(メドウ・セージ) »

ガーデニング」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ぴょんぴょんさん、こんにちは!
よかったですねぇ~
自然界の掟とはいえ、私も、自宅で巣立った子たちには皆生き延びて欲しいと思ってしまいますし、無事育っているのを見るとうれしいです。

昨日今日と乙戸沼公園に行ってきました。
コブハクチョウ、バン、バリケン、カルガモ(混血?)、チュウサギ(多分)の幼鳥を見ることができました。
13羽の雛を連れたバリケンかあさんは見ものですよ^^

投稿: kyara-mama | 2007/08/03 18:14

kyara-mama さん、今日は。
キジの親子、その後どうなったかと、気がかりでしたが、何とか育ってくれたようで、ほっとしました。
 11羽孵ったと思うのですが、今回の写真では、雛(幼鳥)は1羽しか確認できませんでした。
 しかし、この同じ日に5~6羽引き連れて歩いているところを見たという人がいましたので、5~6羽くらいの数の雛が成長しているのではないかな~と思っています。次回は、いつ会えるかが楽しみです。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/08/04 16:19

遅いコメントすいません。
気になっていましたが、再び、キジの親子に会えてよかったですね。
ちゃんと成長して、しかも、近くでうろうろしていたのですね。
先日、主人が秋田出張のときに、キジの親子に出会ったそうです。はじめ、キジとウズラがたくさんいると思ったとか。確かに、子供は、ウズラみたいに見えますね。まだまだ、親と同じ大きさになるには時間がかかりそう。また、出会えるかもしれませんね。

投稿: ジュリジュリ | 2007/08/07 16:46

ジュリジュリ さん、今日は。
コメントありがとうございます。
そういえば鶉と雉の幼鳥、ちょっと似ていますね。
孵った雛、どうしたのかと心配していましたが、大きく育ったので安心しました。雉の親子は一箇所の長く留まっていないようで、おそらくある一定の縄張り内を移動しているように見えます。しかし、体が大きいので、餌を探すのは大変のように見えます。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/08/10 16:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/15991710

この記事へのトラックバック一覧です: キジの親子出現! :

« アサガオとオオマツヨイグサ | トップページ | サルビア・ガラニチカ(メドウ・セージ) »