« セスジスズメガの幼虫 | トップページ | ゼフィランサス(タマスダレ) »

2007/08/24

オオスカシバの幼虫

昨日の黒いイモムシにつついて、今日は緑色のイモムシです。いもむし、けむし嫌いの人にはご免なさいです。
わが家の表庭のクチナシが植えてある地面にかなり大型の虫の糞が沢山散らばっていました。さては、例のムシにやられたかと思ってよく調べてみると、いました、いました、体長6~7cmはあろうかと思われる、大きなオオスカシバの亜終齢幼虫が2匹、枝にへばり付いており、猛烈な勢いでクチナシの葉を食べていました。

Ko_01_ohsukasibaga01s0010070821
↑ オオスカシバの亜終齢幼虫(その1:2007/08/21 撮影)

Ko_01_ohsukasibaga01s0030070821
↑  オオスカシバの亜終齢幼虫(その2:2007/08/21 撮影)

Ko_01_ohsukasibaga01s0070070821 Ko_01_ohsukasibaga01s0060070821
↑ 左:オオスカシバの幼虫に食い荒らされた葉 右:オオスカシバの幼虫が撒き散らした糞。

メモ:オオスカシバ:鱗翅目スズメガ科
 緑色型と茶褐色型があるが、緑色型の方が多く見られる。写真は、緑色型の幼虫で、東部は緑色円形。胴部は黄緑色で、背面は青白色を帯びている。中胸節から尾角基部まで白色の側線がはしり、その下に白紋に赤点のついた気門が9個並ぶ。食草はクチナシ。
 羽化した直後の成虫の翅には、鱗粉がついているが、飛んでいるうちにすぐ落ちてしまい、翅が筋だけ残して透明になる。このため、翅が”透かして見える”ので”スカシバ(透かし翅)”となった。


|

« セスジスズメガの幼虫 | トップページ | ゼフィランサス(タマスダレ) »

ガーデニング」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

いもむし、毛虫は苦手ですが
ブログのためなら平気で撮りますよ(笑)
糞ははじめて見ましたw(゚o゚)w !

子供が小さい頃にカイコを飼ったことがありますが
クワの葉っぱを凄い早さで食べていたことを
思い出しました。

投稿: みどり | 2007/08/24 13:59

こんにちは
オオスカシバはホバリングしながら蜜を吸う蛾ですね。
初めて見たときの感動を思い出しました。
幼虫は初めてです。
すごい食欲のようですね。

投稿: mico | 2007/08/24 15:10

そうそう!この虫、食欲旺盛ですよねぇ~
そして、大きくなりますネ
うちでも、以前クチナシが丸裸になってしまいました。
今年は大丈夫かしら?
また、見てこないと・・・

投稿: orenge | 2007/08/25 01:16

みどりさん、今晩は!
オオスカシバの成虫が、飛び回っていたので、きっと卵を産みつけたに
違い無いとおもっていたのですが、卵が見つからず、そうこうしているうちに、あっち言う間に大きくなってしまいました。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/08/25 22:00

mico さん、今晩は!
成虫は、鶯色(本当はメジロの色)をして、綺麗ですね。
その綺麗な成虫が、このように大食漢ですと、ちょっと困りものですね。適当なころを見計らって、お引取り願っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/08/25 22:09

orenge さん、今晩は!
そういえば、去年、オオスカシバの幼虫によって大被害を受けたと言っていたことを思い出しました。今年はどうでしょうか、あまり大きな被害が無ければいいですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/08/25 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/16219943

この記事へのトラックバック一覧です: オオスカシバの幼虫:

« セスジスズメガの幼虫 | トップページ | ゼフィランサス(タマスダレ) »