« ニラ | トップページ | クリ(栗)の「いが」が開き始めました。 »

2007/08/29

ヤブカラシ

わが家の菜園の脇の柿、杏、柘榴が生えている一角が藪になっており、そこにヘクソカズラなどの野草とともにヤブカラシ(藪枯らし)がいま花を咲かせています。ここは、車道から隠れたちょっとした秘境で、ときどきキジも訪れてきます。

Ha0110_20070825_1238ヤブカラシ:ブドウ科ヤブカラシ属。
多年草。
花期:6月~8月。
学名: Cayratia japonica.
別名:ビンボウカズラ 
英名:Bushkiller
花は小さな淡い緑色の4弁花なので、花びらが目立ちません。その代わり、花の中央部の盛り上がった「花盤」がきれいなオレンジ色をしていて、おいしそうなお菓子のように見えて、遠くからでもよく目立ちます。

Ha0120_20070825_1239 Ha0130_20070825_1236
生育は旺盛ですね。他の草に負けじとばかりに上へ上へと生い茂り、巻きひげを絡ませて傍の樹木によじ登ります。子供のころ、習字の墨を硯をつかって摺るとき、この巻きひげを一緒混ぜて摺ると墨の色が濃くなると友達に教えてもらい、このヤブカラシの巻きひげを捜しに出かけたことを思い出します。


|

« ニラ | トップページ | クリ(栗)の「いが」が開き始めました。 »

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ヤブガラシほんとに藪を枯らせる勢いですね。
花はアップで見るときれいです。
巻きひげを一緒に摺ると墨色が濃くなる!!
初めて知りました。

投稿: mico | 2007/08/29 13:39

こんばんは。
巻きひげのことは初めて知りました。
ヤブガラシは、蝶が好む花のひとつなので、
蝶を呼ぶには誠にいいのですが、
さすがにこれを庭に植えるのは勇気がいりますね(笑)。
でも、この手の野草もアップでよくよく見るときれいですね。

投稿: どてかぼちゃ | 2007/08/29 17:06

mico さん、今日は!
今でも、小学校で習字の時間はあるのでしょうか。習字の時間に、硯で墨を摺るのは、結構力が要り疲れるものですね。そこで短い時間に墨を摺ろうと言うことで、仲間達とヤブカラシの”巻きひげ”探しが、授業前の休み時間に始まります。これを入れて墨を摺ると、墨に粘り気が出て、紙に字を書いたとき、かすれずに濃い墨で書いたように見えます。それが、わが子の小学校の時代には、できあえの墨汁を使うようになり、硯は不用になってしまいました。今では習字の授業なくなってしまったのでしょうか、硯も筆もまったく見なくなりましたね。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/08/29 17:11

どてかぼちゃさん、お早うございます。
ヤブカラシ、庭に侵入されると、他の植物が迷惑するので、お断りさせてもらっていますが、いたって頑強で、空き地を見つけてそこで元気に頑張っています。誰も見向きもしませんが、花はよく見ると、それなりに綺麗ですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/08/30 10:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/16273438

この記事へのトラックバック一覧です: ヤブカラシ:

« ニラ | トップページ | クリ(栗)の「いが」が開き始めました。 »