« アイビーゼラニウムとセミの脱皮(動画) | トップページ | セミの羽化(その3)とミケルマス・デージー »

2007/08/18

コックテールと油蝉の脱皮(動画その2)

つる薔薇のコックテールが咲き出しました。このコックテールは近所で枝を分けて頂き、挿し木をして育て、3年経ったものです。しかし花を見ると、この子の花弁の色は親株の鮮やかな赤色とはちょっと違って淡く、ピンク色です。この、ピンクがかった花色でもいいのですが、予想した花色と違うので、ちょっとがっかり。生育環境が違って、このような花色になったのか、栽培管理の仕方が違って、このようになったのか、それとも、挿し木をしたことで、先祖がえり?をしてしまったのであろうか、今のところその原因はなぞです。

Ha_01_baracocktail01s0010070818
↑ つる薔薇コックテール:最初、「コックテール」と聞いて「おんどりの尻尾」のことかなと思いました。しかし、ちょっと変です。調べてみると、これはお酒の「カクテル」なのですね。んで・・・花の「花弁が赤で、シベの黄色」をお酒のカクテルに見立てたようですね。この、コックテールはフランスのメイアンという人が作出し、1959年に発表された品種だそうです。


↑ アブラゼミの脱皮(羽化)その2:縮まった翅が次第に伸びて大きくなりました。翅脈の緑と膜の乳白色がとても奇麗です。
撮影時刻: 開始①殻から抜け出し成功 21:20(経過時間 1:17)。 終了②翅が完全に伸びました 21:30(経過時間 1:27)。 

|

« アイビーゼラニウムとセミの脱皮(動画) | トップページ | セミの羽化(その3)とミケルマス・デージー »

ガーデニング」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/16155589

この記事へのトラックバック一覧です: コックテールと油蝉の脱皮(動画その2):

« アイビーゼラニウムとセミの脱皮(動画) | トップページ | セミの羽化(その3)とミケルマス・デージー »