« コックテールと油蝉の脱皮(動画その2) | トップページ | ダツラとセミの羽化(その4) »

2007/08/19

セミの羽化(その3)とミケルマス・デージー

アブラゼミの羽化(その3)です。1時間くらいかけて脱皮が終わり、今度は前足2本、中脚2本の合計4本の脚を抜け殻の背中にかけ、後足2本はだらりと下げて、まるで”懸垂”のようにしてぶらさがりました。よく頑張っているな~と感心しました。やがて背中の方からわづかに茶色く色づきはじめました。


↑アブラゼミの脱皮・羽化(その3):撮影時刻 ①開始 21:34(経過時間 1:31) ②終了 21:37(経過時間 1:34)


ミケルマスデージーが咲きだしました。9月25日の大天使聖ミカエルの日のころに花を咲かせるので、このように名付けられたそうですが、わが家では、これより少し早く咲く傾向があります。
Ha_01_michaelmasdaisy010020070807
↑ この花は、友禅菊とネバリノギクの交配によってつくられた園芸品種で、寒暑によく耐え頑強です。

|

« コックテールと油蝉の脱皮(動画その2) | トップページ | ダツラとセミの羽化(その4) »

ガーデニング」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
蝉の羽化に感動しました、
珍しい動画を有り難うございます。
ミケルマスデージー初めてです、
素敵な花ですね。

投稿: mico | 2007/08/19 06:56

アブラゼミの羽化、続けて見せていただきました。
とても神秘的ですね。何よりも、羽根の色が美しくてびっくりしました。
小さな体で頑張りましたね。

うちの近所の散歩道でも、抜け殻はたくさん見かけるのですよ。
でも、朝寝坊の私は蝉の羽化を見る機会がありません。

投稿: misao | 2007/08/19 14:00

こんにちは。
セミの羽化 連続写真も面白かったけれど、動画はさらに神秘的。
羽化したての羽の色 まだ身体の一部のような乳白色しているのですね。

今年はほんとにセミが多いような気がします。
昨日も網戸に1匹とまっていました。

ぴょんぴょんさん また素敵な動画 見せてくださいね。
楽しみにしています。

投稿: zucca | 2007/08/19 14:22

動画にすると、いっそう変化がよくわかって楽しめますね。
殻からでたばかりのせみって繊細なのに、あんな風にしっかりとしていくんですね。面白かったです。

ミケルマスデージーっていうんですか。色が素敵!
大天使の名をつけられているなんて、高貴なお花ですね。

投稿: minigarden | 2007/08/19 21:34

こんばんは
またせみの幼虫が見つかり、私も撮ってみました。
動画は初心者なので、まったくわかりません。
綺麗には撮れませんでしたが、私もぴょんぴょんさんのように載せてみました。
今年は、わが庭から誕生のせみの幼虫が水周りで良く見つかります。

TBさせていただきますネ

投稿: orenge | 2007/08/20 02:50

mico さん、お早うございます。
ご訪問、ありがとうございます。いま、ご旅行中かと思うのですが、
どこから見ていたのですか?
20日には帰ってこられるのですね。お土産の写真、楽しみにしています。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/08/20 10:00

misao さん、お早うございます。
セミの羽化、動画風スライドショーにして楽しんでいます。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/08/20 10:05

zuccaさん、お早うございます。
夕食の時間中に、セミの脱皮が始まり、脱皮し始めは写真を撮りそこないましたが、あとはカメラをセットして、写真を撮ったので比較的楽でした。しかしとうとう23時ころまでつきあってしまいました。
zuccaさんのおうちの網戸に、また、セミがやってきたのですか。今年はセミの当り年のようですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/08/20 10:15

minigarden さん、お早うございます。
動画が簡単にブログに乗せられるようになったので、私も練習のつもりで載せて見ました。静止画とは違った感覚で面白く楽しめそうですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/08/20 10:20

orenge さん、お早うございます。
セミの羽化の動画、動きがあるとまた楽しいですね。動きすぎて落ちちゃったのですか。茶目なセミさんもいるんですね。
TBありがとうございました。こちらもTBさせていただきます。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/08/20 10:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/16163456

この記事へのトラックバック一覧です: セミの羽化(その3)とミケルマス・デージー:

» せみの羽化 2007 [Orenge]
せみの幼虫が、バケツの中でもがいていました。 また、トクサの苔玉に保護しました。 [続きを読む]

受信: 2007/08/20 02:51

« コックテールと油蝉の脱皮(動画その2) | トップページ | ダツラとセミの羽化(その4) »