« 白花のサルスベリ、ランタナとアゲハ | トップページ | オオケタデ »

2007/09/10

ウメモドキ

菜園の脇の空き地に生えていて、樹高はせいぜい2mくらいの、あまり目立たない木に、こぼれる様に沢山ついた小さな実が赤く色づき、最近急に目立つようになりました。図鑑で調べてみたらウメモドキ(梅擬)と呼ぶ、モチノキ科の落葉低木らしいことが分かりました。ウメモドキとは「葉」が梅の葉に似ているところから、そう名付けられたそうです。6月頃に小さな綺麗な花を咲かせるようですが、目立たなかったせいか、全く気がつきませんでした。
Ko01_070909_15_04_umemodoki101ウメモドキ:モチノキ科モチノキ属。 落葉低木。
雌雄異株(雌雄別株ともいう)
花期:5月~7月。 花は4枚の花弁をもつ。

Ko01_070909_15_05_umemodoki107


果期:9月~10月。秋に赤い美しい実をつけた雌株は、枝ぶりも梅に似ているので、生け花の花材としてよく使われる。
Ko01_070909_15_10_umemodoki114Ko01_070909_15_05_umemodoki111

葉は互生で、梅の葉に似ており、縁に小さな尖った鋸歯があるのが特徴。葉の表面には、わずかな毛がある。裏面は、脈上に短毛が多い。モチノキ科の植物は、常緑で葉に光沢があるのが多いが、このウメモドキは、アオハダとともに葉に光沢がなく落葉する。種子は発芽抑制物質を含んでおり、いったん小鳥たちのお腹を通過しないと発芽しない仕組みになっているそうです。
--------------------------------------------------------------
入道雲・・・・・逝く夏を惜しむ・・・・

Ko01_070909_13_43_nyudohgumo011
昨日の午後、東方の空に、もうもくと入道雲が立ち上がってきました。もう、今年の夏の入道雲も、これで見納めかも知れません。そう思って、しばしただずんで眺めてしまいました。

|

« 白花のサルスベリ、ランタナとアゲハ | トップページ | オオケタデ »

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

ウメモドキの真っ赤な実が綺麗ですね。
いろいろ勉強になりました、
今朝は涼しくて一気に秋が来た感じです、
暑かった夏も行ってしまいましたね。

投稿: mico | 2007/09/10 10:51

mico さん、お早うございます。
ウメモドキ、小鳥の好物ですね。一度、小鳥達のお腹を通らないと、芽が出ないと聞いて、一体どういうからくりでそうなっているのだろうかと驚いています。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/09/11 06:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/16400843

この記事へのトラックバック一覧です: ウメモドキ:

« 白花のサルスベリ、ランタナとアゲハ | トップページ | オオケタデ »