« ゴーヤの収穫が終わり、ジジュウカラが訪れるようになりました。 | トップページ | アサギリソウの花 »

2007/09/17

ミセバヤがようやく咲き出しました

ミセバヤがようやく咲き出しました。ミセバヤも色々あるようですが、我が家のはヒダカミセバヤ(日高みせばや)です。ツボミが確認できたのがおよそ1月前(2007/08/14 UP)でしたので、いつ、花の咲く姿をみせてくれるのか、心待ちにしていました。そして、涼しくなって昨日、やっと咲いてくれました。

Ko01_070916_07_19_hidakamisebaya114
↑ ヒダカミセバヤ:卵円形の緑色の葉に、紅紫色の球形の小さな花を咲かせます。これに対して、ミセバヤは卵状の葉が3輪生でつき、その先端に桃色の小さな球状の花が重なり合って咲きます。

Ko01_070916_07_18_hidakamisebaya113
↑ ようやく咲き出したヒダカミセバヤ:ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属。 原産地:日本(本州北部、北海道、サハリン)。多年草。花期:8月~9月。

Ko01_070916_10_39_hidakamisebaya1_2Ko01_070916_07_23_hidakamisebaya1_4
---------------
↑ 左:拡大して眺めたヒダカミセバヤ。 右:今年の台風で、鉢からちぎれて飛んだ小枝が活着して花を咲かせました。結構、逞しいんですね。小さなスミレ(薄黄緑色の葉)と共存しています。弱者同士、相い助け合うの図です。

|

« ゴーヤの収穫が終わり、ジジュウカラが訪れるようになりました。 | トップページ | アサギリソウの花 »

ガーデニング」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ミセバヤ欲しい花の一つです。
丈夫で育てやすそうですね。

投稿: mico | 2007/09/18 08:20

色合いがいいです。
地植えでも冬を越しそうですね。
花期は長いのでしょうか。

投稿: のら | 2007/09/18 16:58

mico さん、お早うございます。
ミセバヤは、自生地が岩場や砂礫地のような過酷な条件のところですので、家庭で鉢植えで育てた時、1~2日水遣りを忘れても平気です。ただ、ヒダカミセバヤは、北国が原産地なので、日本の関西以西の地域では、夏の暑さに弱ってしまうかもしれません。それを、クリアすれば、綺麗な花を毎年咲かせてくれると思います。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/09/19 05:20

のら さん、お早うございます。
花色が、赤にちょっと紫がかった色が混じって、綺麗です。
花は、一ヶ月くらい咲いています。咲き終わっても、花柄は草見苦しくないので、ドライフラワーのようにして、冬まで楽しめます。そのままにしておくと種子が沢山できます。種子を播いて増やすこともできますが、花が咲くには2~3年かかります。早く花を咲かせたいときは挿し芽の方が早いでしょう。花柄を、早く摘んだ方が、来年の開花にはよいかも知れませんが、正確な因果関係についてはわかりません。私の経験では、花の咲き方(花数の多寡)が年により大きく変動します。しかし、枯渇することはないので、その丈夫さに感心しています。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/09/19 05:51

おはようございます。
ミセバヤ、いっぱい咲き出しましたネ
つぼみの時も早いな~って思っていたのですが、気候や種類によっても咲く時期が違うのでしょうか?
うちのは、やっとつぼみを確認しました。
咲くのは、来月でしょうか?
今年は、植替えして虫さんにも好かれてしまいましたが、つぼみができたので楽しみです♪

投稿: orenge | 2007/09/19 08:58

orenge さん、今晩は!
我が家のミセバヤ、毎年咲いてくれるのですが、
早く咲く年もあり、遅く咲く年もあって、ちょっと不安定です。
これが、気候の影響うなのか、管理の仕方の違いによるのか、よく分かりません。今のところは、管理のしかたの違いが影響しているのではないかと考えているのですが、今年はどうして早く咲いたのかは謎です。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/09/19 19:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/16472087

この記事へのトラックバック一覧です: ミセバヤがようやく咲き出しました:

« ゴーヤの収穫が終わり、ジジュウカラが訪れるようになりました。 | トップページ | アサギリソウの花 »