« モンシロチョウ | トップページ | モッコクの実と野鳥たち »

2007/10/05

コムラサキとシジュウカラ

菜園の脇の空き地に植えられたコムラサキが色づき始めました。ムラサキシキブとよく似ていますが、ムラサキシキブより、実は小さいが、実付きがよく、見栄えがする。このため、園芸店では、コムラサキを”ムラサキシキブ”と呼んで売っていたりする。

Ha_komurasaki_071004_004001
↑コムラサキ:クマツヅラ科ムラサキシキブ属。 落葉低木。 原産地:日本~中国。 
花期:7~9月。 葉は楕円形~倒卵形(長さ3~7cm)で、鋸歯が葉身の半分より先端にある(ムラサキシキブは細かい鋸歯が全周にある)。

Ha_komurasaki_071004_001001
↑ 10月に入り夜間の気温が下がると黄葉が始まり、下枝の方から落葉して、紫色になった果実が目立つようになる。

Ha_komurasaki_071004_012001
↑ コムラサキは、葉の付け根から少し上の離れたところから柄を出しその先端に沢山の実をつける(紫シキブは葉のすぐ付け根から柄を出す)。

To_sijyukara_071003_0040640
↑ シジュウカラご夫妻の訪問です。先日はダンナ様をUPしたので、今日は奥様をUPします(2007/10/05 撮影)。

To_sijyukara_071003_0050640
↑ 未だ、いじわるヒヨドリさんは姿を見せていないので、ゆっくり食べられます。

|

« モンシロチョウ | トップページ | モッコクの実と野鳥たち »

植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
コムラサキシキブ、きれいですね。
秋の林でも、目立っています。
鳥たちはこの実も食べるのでしょうか(^^)
シジュウカラ、ヒヨドリ出現前のゆっくり
お食事タイムですね。

投稿: ぴよ | 2007/10/05 07:35

ぴよ さん、お早うございます。
コムラサキ、花は目立だちませんが、紫の実はよく目立ちますね。近くにウメモドキの木があるのですが、この赤い実と一緒に、冬は小鳥たちの餌場になっています。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/10/05 09:55

我が家のコムラサキも色づき始めました。
シジュウカラゆっくりお食事ですね。

投稿: mico | 2007/10/05 11:20

mico さん、お早うございます。
mico さんのお家のコムラサキもこれからが楽しみですね。
この、シジュウカラご夫妻、庭にもなれたようで、お友達になれそうです。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/10/06 07:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/16664552

この記事へのトラックバック一覧です: コムラサキとシジュウカラ:

« モンシロチョウ | トップページ | モッコクの実と野鳥たち »