« ムクドリの羽繕い | トップページ | シメの表情 »

2007/11/30

カリフラワー、ブロッコリーの収穫とタマネギの移植

今日で11月は終わりで、明日からは師走ですね。先日は、冬の野菜タマネギの苗の移植(11月23日)を完了し、秋の健康野菜カリフラワーブロッコリーを収穫(11月26日)しました。

Ha_01s_kariflrawer071126001001
↑ カリフラワー(スノークラウン):アブラナ科アブラナ属。 原産地:地中海沿岸。 カリフラワーは花芽が原蕾の状態で未分化のまま発育が停止しています。したがって食べたとき歯触りが滑らかである。日本では白い花蕾が一般的であるが、欧米ではオレンジ色や紫色のカリフラワーもよく見られる。
 今では、カリフラワーもブロッコリーもよく知られた野菜となってなってスーパーの店頭にならんでいますが、この野菜が日本に本格的に登場したのは第2次大戦後で、最初は駐留軍用として栽培が始まったそうです。やがて日本の八百屋さんにも出回るようになりましたが、当時子供の頃の私にはブロッコリーとカリフラワーの違いも判りませんでした。

Ha_01s_burokkori071126001001Ha_01s_tamanegiyasai071126004001
------------------------------------------

↑ 左:ブロッコリー(緑嶺)  右:ブロッコリー(ステックセニョール)。こちらは茎も一緒に食べられます。この頂花蕾は11月13日に収穫しました。
ブロッコリーもカリフラワーと同じアブラナ科の植物で、両者ともに野生キャベツから作出された。ブロッコリーは花蕾が肥厚したもので、茎の頂についたもの(頂花蕾)と側茎についた蕾(側花蕾)が食用として採取される。

昨年のタマネギ栽培成功に気をよくして、今年もタマネギ54本を植え付けました。タマネギは、連作を嫌うので、昨年植え付けたところと場所を変えました。
Ha_01s_tamanegiyasai071126001001Ha_01s_tamanegiyasai071126002001ハクサイ(理想):
9月25日に移植して、これくらいになりました。もうすぐ収穫出来そうです。



Ha_01s_tamanegiyasai071126003001キャベツ:
9月9日に移植して、これくらいになりました。
大分、モンシロチョウの幼虫に葉を食べられましたが、何とか結球しそうです。

---------------------------------------------
移植したタマネギの苗:マルチをかけましたが、穴の開け方が、ちょっと不揃いですね。まっすぐに並べてあけるのはむずかしいな~


|

« ムクドリの羽繕い | トップページ | シメの表情 »

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

カリフラワーやブロッコリーを知ったのは
大人になってから、お洒落な野菜だなと思いました。
白菜もキャベツも立派に育ちましたね。

投稿: mico | 2007/11/30 15:06

mico さん、今晩は!
カリフラワーは、トマト1株くらいの面積を占めながら、収穫まで2か月半かかって、1株に1個しか収穫出来ないので、たいへん贅沢な野菜であることが判りました。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/11/30 17:56

カリフラワー 2ヵ月半もかかるのですか、お値段張るわけですね。納得しました。
こうして栽培すると 農家の方の苦労もわかって、野菜が高いなんていえなくなります。
白菜とキャベツの切り抜き模様 芸術的ですね(^o^)丿
これからは 寒さで幼虫も活動が鈍るのでしょうか。
玉ねぎも楽しみですね~。

投稿: zucca | 2007/11/30 21:48

立派なカリフラワーにブロッコリーですネ
菜園も立派です♪
お手入れも大変でしょう
でも、これから順番に収穫できると楽しく嬉しいですネ♪
我家のブロッコリーとスティック1株づつなのですが・・・
名札を間違って挿したのか?
どうも変です(^^ゞ
スティックだと、早めに頂花蕾は取った方がいいんですよねぇ~
悩んでいます(^^ゞ

投稿: orenge | 2007/12/01 00:18

おはようございます。
立派なカリフラワーとブロッコリーですね。
野菜作りは、いろいろと
手入れが大変だと思いますが、
それだけに収穫の喜びも一入でしょうね。
おまけに、野菜は、
愛でる喜びだけでなく、
食べる喜びもありますし…。
自分で丹誠込めて作った野菜は、
さぞかしおいしいでしょうね。

投稿: どてかぼちゃ | 2007/12/01 06:08

zucca さん、お早うございます。
先日、スーパーで売られていたカリフラワー、1個250円で高いな~と思っていたのですが、トマト1株栽培するくらいの面積を領有して、2カ月半かかって収穫出来るようになるので、種苗代、肥料代、手間賃を考えると、それ位してもいいかな~と、私も納得しました。カリフラワーは2株しかつくりませんでしたが、虫にやられて悲鳴を上げたりして、楽しく無農薬で育て、良い勉強になりました。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/12/01 07:42

orenge さん、お早うございます。
orenge さんも、ブロッコリーとスティックを栽培されたのですか。スティックは、我が家では、9月13日に直径5cmくらいになった頂花蕾(教科書では3cmくらいで採った方がよいとありましたが、少し遅くなりました)を採りました。早めに採ると、側花蕾が早く成長して良いそうです。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/12/01 07:52

どてかぼちゃ さん、お早うございます。
冬の野菜づくりと植え付けはこれで一段落しました。冬は寒いので外で仕事をするのは、ちょっとつらいですが、害虫も発生せず、雑草も殆ど生えないので、雑草取り作業が簡単で助かりますね。
あとは、菜園の見回りと、鳥見と、これからの収穫が楽しみになりました。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/12/01 08:06

わ~、立派なカリフラワー!
ブロッコリーもお店に並んでいるのよりおいしそうです。
お店で、カリフラワーはブロッコリーの倍程のお値段です。
理由が良く分かりました。
どちらも大好きな野菜です。ブロッコリーはほぼ常備野菜になっているほど~
ビニールシートの穴あけは自分でしなければいけないのですね。専用の穴あけ機があるのですか?準備も大変ですね。

投稿: ジュリジュリ | 2007/12/01 10:21

ジュリジュリ さん、お早うございます。
カリフラワーとブロッコリーは小さい菜園で、かなりの面積を占領してしまい、他の作物に支障が出るのではないかと、最初は躊躇したのですが、栽培してみるとモンシロチョウの青虫にたかられる以外は手間なしで、収穫にこぎつけました。青虫は、すべて捕殺してしまうのは忍びないので、古い葉にたかったものはそのままにして、新葉についたのを捕まえて、虫篭の中に入れて飼育してみました。そしたら、かなりの数が天敵のハチに卵を産み付けられていました。3割くらいがサナギになったので、春に羽化するのを楽しみにしています。

投稿: ぴょんぴょん | 2007/12/02 06:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/17230180

この記事へのトラックバック一覧です: カリフラワー、ブロッコリーの収穫とタマネギの移植:

« ムクドリの羽繕い | トップページ | シメの表情 »