« コゲラ | トップページ | ドバト »

2008/01/24

ヒマラヤユキノシタとツグミたち

ヒマラヤの高地が生まれ故郷と云われているヒマラヤユキノシタ、雪のちらつく寒さにもめげず青々と葉を伸ばしています。赤い花芽がちょびっと顔を覗かせたので、今年も花を咲かせてくれるでしょう。

Ha_01himarayayukinosita010801240020
↑ ヒマラヤユキノシタ:ユキノシタ科ベルゲニア属。 耐寒性常緑多年草。 原産地:ヒマラヤ山脈周辺。
花期:12月~5月。 別名:ベルゲニア。 花言葉:秘めた感情。

ツグミの訪問:人見知りをして、いつもは遠くの方で一人で遊んでいたツグミさん、今日は、スズメさんやメジロさんのお食事に魅せられたのでしょうか、珍しくすぐ近くまでやってきました。


|

« コゲラ | トップページ | ドバト »

ガーデニング」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

雪にもめげないユキノシタの秘めた感情とは何だろう?
ツグミはスズメやシメが食べ散らかしたピーナッツを食べているのですか。
首をかしげたり、身構えたり、動画も楽しいです。
前のコゲラさん、頭の赤いマークが分かりますね。こんな写真が撮れるとちょっと得をした気になりますね。いいもの見ちゃったという感じで・・・

投稿: ジュリジュリ | 2008/01/24 22:31

ヒマラヤユキノシタの開花が楽しみですね。
ツグミもご馳走の魅力には勝てなかった様ですね。
メジロにスズメ、たくさんの小鳥の訪問、
羨ましいです。

投稿: mico | 2008/01/25 09:05

ジュリジュリ さん、今日は!
ユキノシタ、この寒さにも拘わらず、しっかりした青葉を広げているのにびっくりです。じっと耐えて、春を待ちわびているようですね。
ビデオ機器も最近安く手に入るようになったので、動画も楽しんでいます。

< ツグミはスズメやシメが食べ散らかしたピーナッツを食べているのですか。

そうです。よく観察されていますね。ツグミは地面に落ちた食べ散らかしのピーナッツのかけらを探して食べているようです。

スズメも、シメが食べているとき、落ちてくるピーナッツのかけらを下で待っています。たまに、シメが取りこぼしたピーナッツが、落ちてくると大急ぎで横取りして口にくわえ、木の陰に逃げ込みます。やるな~と感心して見ています。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/01/25 13:09

mico さん、今日は!
ヒマラヤユキノシタのにように寒さに耐え、花が咲きだす春が来るのを待ちわびていま~す。
ツグミさんも、シメやシジュウカラのご相伴に預かったようです。
庭を訪れる野鳥たちの種類は多くありませんが、毎日のように来る野鳥たちのしぐさを見るのは楽しいですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/01/25 13:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/17821528

この記事へのトラックバック一覧です: ヒマラヤユキノシタとツグミたち:

« コゲラ | トップページ | ドバト »