« エンドウとヒヨドリ | トップページ | 初雪 »

2008/01/16

バケツラン

日本では、めったに咲くことがないバケツランが、つくば植物園(筑波実験植物園)で咲いたというTV報道を見て、見学に出かけました。バケツランは熱帯アメリカに自生するランで、花弁の1枚がバケツの形になっているため、バケツランと命名されたそうです。バケツランは、受粉を成功させる為に、花を訪れた昆虫(シタバチ)を巧みに誘導する巧妙な仕掛け をもっていることで知られています。

Ha_01a_syokubutuen01080116138002
↑ バケツラン(コリアンテス・マクランタ)の花。 液体の溜まったバケツに、花に誘われた昆虫(シタバチ)が落ちる。あわてて這い上がったルートは、昆虫の背中に花粉がつくように仕掛けられた脱出口。背中に花粉をつけた昆虫が、他の花で、再びバケツに落ちて、花から脱出するとき、背中の花粉をその花の雌蘂につけて受粉を成功させる。

Ha_01c_syokubutuen01080116137002
↑ バケツランの全体像


|

« エンドウとヒヨドリ | トップページ | 初雪 »

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

初めての蘭です。
面白い仕掛けになってるんですね。
珍しい花を有り難うございます。

投稿: mico | 2008/01/17 08:51

mico さん、今日は!
このバケツラン、花の寿命が短いそうで、見に行った16日は、花が少し萎れており、見どころぎりぎりセーフといったたころでした(1月3日から咲き出したようです)。
来年は、咲いてくれるかわかりませんが、今度はもっと早く見に行こうと思っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/01/17 19:14

きれいな色をしていますね。
これは食虫植物 ではないんですか?
下に落ちて這い上がって飛んでってくれないと困るわけですよね。
初めての蘭です、珍しいお花を見せていただき有難うございました。

投稿: zucca | 2008/01/18 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/17718265

この記事へのトラックバック一覧です: バケツラン:

« エンドウとヒヨドリ | トップページ | 初雪 »