« ホトケノザ | トップページ | メジロ »

2008/01/08

タンポポと今年初撮りのエナガ、アカハラ

昨日のホトケノザの咲いている草地でタンポポも沢山咲いていました。よく見ると、在来種のカントウタンポポ(関東蒲公英)ではなく、セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)のようです。

Ha_01tanpopo01080107003002
↑ セイヨウタンポポ:

Ha_01_tanpopo01080108016002Ha_01tanpopo01080107007002
------------------------------------------------
↑ 左:セイヨウタンポポはガク(顎)のように見える総ほう片が開花時に反り返る。 右:セイヨウタンポポは3倍体で、受粉しなくても単独で種子ができ(単為生殖)、繁殖力が強い。

今朝は、待望のエナガの群がメジロと一緒に裏庭の柿の木と梅の木を訪ねてくれました。一群は、素早く枝から枝へと飛び移り、その動きの早いこと、カメラを構える暇もありませんでした。3~4分、忙しく動き回って、アッという間に次の場所へ移動してしまいました。そして、今日は珍しいことに、いつもは遠くにいて写真が撮れなかったアカハラが近くの垣根まできてくれました。

Ha_01_enaga01080108005004
↑ 今年、初撮りのエナガ:裏庭の梅の木で遊んでくれました。

Ha_01_akahara010801080030b2
↑ 今年、初撮りのアカハラ:裏庭のマサキの垣根まできて、葉っぱをほっつき廻っていました。

|

« ホトケノザ | トップページ | メジロ »

」カテゴリの記事

野草」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
西洋タンポポは丈夫で陽だまりでは真冬でも咲いていますね。
エナガもアカハラも初めてです。
沢山の種類の小鳥が見られて良いですね。

投稿: mico | 2008/01/08 20:48

mico さん、今日は!
昨日、ニポンタンポポが咲き出したとのニュースが流れていました、セイヨウタンポポと先陣争いをしているようですね。
野鳥たちの行動も、餌を求めて活発になったようで、山野から人里に出てきて人目につくようになりました。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/01/09 12:22

おはようございます。
ホトケノザ、西洋タンポポが真冬にも咲くんですね。
これも温暖化の影響でしょうか?
まー、昔からすると、当地方も、
霜や霜柱の回数が激減していますし、
雪もほとんど降らなくなりましたから、
越冬できる暖地の植物も増えました。
逆に、夏越しが難しくなったことも確かです。

投稿: どてかぼちゃ | 2008/01/10 06:17

どてかぼちゃ さん今晩は!
ホトケノザやタンポポが、だんだんと早く咲くようになったのかなと思いますが、これが全国的な傾向かどうかは判りません。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/01/10 19:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/17622103

この記事へのトラックバック一覧です: タンポポと今年初撮りのエナガ、アカハラ:

« ホトケノザ | トップページ | メジロ »